とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    好リリーフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・藤浪晋太郎投手が3日の日本ハム戦(甲子園)の4回から2番手として救援登板。2イニングを2安打無失点に抑え、9―7の逆転勝利に貢献した。

     背番号19がマウンドに上がった時点のスコアは1―7。前日2日の西武戦(甲子園)でも救援登板していた右腕は連投という形で敗戦処理とも見えるマウンドに送られた。

     2015年にはキャリアハイとなる14勝をマークした藤浪。先発への強い思いを再三口にしながら、チーム事情もあり現状の起用を受け入れている右腕にとっては〝屈辱的〟ともいえるシチュエーションだったが、この日も淡々と腕を振り、勢いに乗る日本ハム打線の追撃をシャットアウト。安定した投球で、大逆転勝利への最初の布石を打った。

     試合後の矢野監督は「いい意味であそこで流れを変えてくれるのが晋太郎。そういう部分があった」と、連投ながら2イニングをまたいで投げた藤浪の力投を称賛。今はベンチからの信頼を一つずつ積み重ね、自身の思い描く未来へつなげる。




    藤浪が中継ぎの目処が立ってきてるのも収穫よ 今日の試合は大収穫祭だな



    これは大きい。😊 > 阪神が最大6点差逆転勝ち!ビッグボスに意地見せる 大山3発、藤浪が快投で流れ呼ぶ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/03/0015357787.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・及川雅貴投手(20)が4日の巨人戦(甲子園)の7回に救援登板。0回2/3を無安打2四球2三振の内容で無失点に抑える好リリーフを披露した。

     先発・ガンケルの後を受け、2―3と1点を追う7回一死一塁の場面からの登板。若林を四球で歩かせて一、二塁としたが、続く丸を空振り三振。坂本を申告敬遠で歩かせた後、代打・中島も空振り三振に切って取り窮地を脱出した。

     コーナーを鋭く突く140キロ台後半の快速球と、切れのあるツーシームとスライダーのコンビネーションに1万8024人の観衆も息をのんだ。最後の打者・中島を打ち取ると、20歳左腕はマウンド上でグラブを叩き何かを叫ぶ。珍しくマウンド上で感情を爆発させた。

     直近3試合全てで救援に失敗し、1点台をキープしていた及川の防御率は3点台後半にまで悪化していた。失地回復に燃える左腕は「今日は何としても0点で抑えるという強い気持ちで投げました。四球は出してしまいましたが0点で抑えることができてよかったです」と登板後に心境を吐露。勇気と覚悟を胸に、強力G打線をねじ伏せた。

     成長過程の選手ながら、その存在感は日に日に増している。チームは9回に大山の劇的なサヨナラ2ランで勝利。伝統の一戦の名に恥じぬ首位攻防の熱戦を陰ながら演出したのは、きゃしゃであどけなさの残る20歳の左腕だった。




    苦しい中よく抑えた🙂 影のお立ち台だよ😲 阪神・及川 復活2Kの好リリーフ「何としても0点で抑えるという強い気持ちで投げました」(東スポWeb)  https://news.yahoo.co.jp/articles/39e346231a6d4f8d1cd4df6a0dc07ddc2670277c 



    満塁を無失点で抑えた及川の貢献度もでかいわ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA12-6阪神>◇7日◇横浜

    阪神2番手の馬場皐輔投手(25)が好リリーフを見せた。

    先発チェンが逆転を許し、なおも4回1死一、二塁のピンチで登板。桑原をスプリットで三邪飛に打ち取ると、大和をカーブで空振り三振に仕留め、見事に流れを断ち切った。「イニングの途中からでしたが、しっかり抑えることができてよかったです」。5回は3番オースティンからの中軸を3者凡退。この日は他の投手陣が失点を重ねただけに、安定感が光った。




    後の奴らが打たれすぎたせいで馬場が好リリーフしたこと覚えてる人少なそう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神8-7ヤクルト」(5日、甲子園)

     阪神のジョー・ガンケル投手が、好救援で2勝目を手にした。

     同点の五回に4番手で登場。先頭の宮本を一ゴロに仕留めるなど三者凡退に抑えて攻撃のリズムを作ると、直後の攻撃で梅野が勝ち越しのソロを放った。

     イニングまたぎとなった六回も圧巻の投球を披露。代打・上田を外角のツーシームで見逃し三振、続く代打・西田は三ゴロに打ち取った。1番・山崎は内角の直球で見逃し三振。3人で料理し、試合の流れを完全に引き寄せた。

     七回1死一塁となったところで、岩貞と交代。2回1/3を無失点に抑えた助っ人は「久しぶりの中継ぎとしての登板だったんだけど、チームが任せてくれたポジションで自分ができる全力のことをやって、チームの勝利に貢献することができたのでよかった」と仕事を果たせたことに笑みを浮かべた。




    ガンケルさん2勝目㊗️🐯☺️明後日も勝つばい #ガンケルさん人柄が良い pic.twitter.com/ShTsLSeb5S



    とらほ~🐯T8―7S 梅野、勝ち越しホ―ムラン‼️😘 ガンケル、2勝目‼️😘 pic.twitter.com/FWkSgirWuQ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島-阪神」(29日、マツダスタジアム)

     阪神・岩貞祐太投手が好リリーフを見せた。1点リードの五回、藤浪が作った2死満塁という大ピンチからの登板。一打出れば逆転、四球も許してはいけないという緊迫する場面だった。

     それでも田中広を遊ゴロに抑え無失点で切り抜けた。六回には打席が回り左前打でバットでもチームに貢献。ただ得点には結びつかなかった。

     六回のマウンドでは1死から振り逃げで出塁を許す。さらに二盗を決められ1死二塁。ただ、ここから代打・磯村を147キロ直球で空振り三振。最後は堂林を遊ゴロに抑えた。




    岩貞に勝ちが付くのかな?



    このままいってくれればいいのだが・・・ 阪神・岩貞が好リリーフ 藤浪がつくった2死満塁の大ピンチ切り抜ける/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/29/0013647497.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

    このページのトップヘ