とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    始球式

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    藤川始球式


    ◆JERAセ・リーグ 阪神―広島(14日・甲子園)

     昨季限りで現役を退いた阪神OBの藤川球児氏(40)=スポーツ報知評論家=が始球式のマウンドに立った。この日は東京五輪に臨む侍ジャパンの応援機運を高めるため、6試合を「結束! 侍ジャパンナイター」として開催。日本代表のユニホームに、2008年の北京五輪で背負った28番をつけて登場すると、外角に代名詞のストレートを投げ込み、大きな拍手を浴びた。

     観客席には「あの火の玉は永遠に 伝説の守護神 藤川球児」と記されたボードが掲げられるなど、ファンからの人気は健在だ。藤川氏は自身のツイッターでブランクを心配し「多分、全く投げられない 知らん笑笑」とつぶやいていたが、きっちりと存在感を示した。




    4月14日(水)阪神甲子園球場 広島戦 藤川球児さんが始球式でした! ナイスピッチ! ってか 藤川球児「さん」に、まだ違和感が…😅 #藤川球児 #球児 #阪神タイガース pic.twitter.com/9rZGpcD4Eb



    #阪神】 東京五輪まで100日。 「結束!侍ジャパンナイター」 藤川球児さんが始球式に登板しました⚾️ #samuraijapan_pr #藤川球児 #結束侍ジャパン #始球式 #Tokyo2020 #もっと野球好き #ホムラジ #夕刊フジ pic.twitter.com/g5ShtkPAq1
    火の玉ストレート プロフェッショナルの覚悟
    藤川球児
    日本実業出版社
    2021-01-16



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     NPBエンタープライズは9日、侍ジャパンの応援機運を高めるため、東京五輪開幕100日前となる14日のセ、パ公式戦6試合を「結束! 侍ジャパンナイター」と題した冠協賛試合として開催すると発表した。

     当日は1996年アトランタ、2000年シドニー、04年アテネ、08年北京の各五輪出場者が始球式を務めるほか、先着5000人に「侍ジャパントートバッグ」を配布する。対象の試合と始球式参加者は以下の通り。

     ▽巨人-中日(東京ドーム)=高橋由伸氏▽ヤクルト-DeNA(神宮)=宮本慎也氏▽阪神-広島(甲子園)=藤川球児氏▽楽天-ロッテ(楽天生命パーク)=中畑清氏▽西武-日本ハム(メットライフ)=G・G・佐藤氏▽ソフトバンク-オリックス(ペイペイドーム)=松中信彦氏






    今日は甲子園で始球式。。 NPBさんとタイガースからのお願い 多分、全く投げられない😂😂 知らん 笑笑 #kyuji22



    @kyuji22fujikawa また火の玉ストレート期待してます!笑笑



    @kyuji22fujikawa 豪速球は健在だと思いますよ🐯💥


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-巨人」(8日、甲子園球場)

     今年から創設された阪神タイガースWomenの坂東瑞紀投手が、試合前に始球式を行った。

     背番号15の右腕はマウンドから、堂々のストライク投球を投げ込んだ。憧れの聖地でのマウンドを終え「甲子園球場で投げるというのが子どもの頃から夢だったので。マウンドに立てて本当にうれしい気持ちでいっぱいです」と満面に笑みを浮かべた。




    タイガースWomenの坂東投手 始球式に「本当にうれしい」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210408/tig21040818560009-n1.html  @sanspocomより お疲れ様でした



    2日間の阪神タイガースのお手伝い⚾︎ 貴重な体験もできて良かったです😊 これから、どんどんタイガースwomenが 拡がったらいいなぁ🤤 #阪神タイガースwomen pic.twitter.com/Ap95qaTBzO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇28日 ヤクルト―阪神(神宮)

     昨年2月に亡くなった野村克也元監督の追悼試合として行われ、かつて指揮を執ったヤクルト、阪神両チームの監督、コーチ、全選手が名将の背番号「73」のユニホームを着用してプレーした。

     半旗が掲げられた神宮球場では試合前に追悼セレモニーを実施。始球式は野村元監督の孫・野村彩也子さん(16)が務めた。彩也子さんは野村元監督が1992年のセリーグ優勝を決めた試合で実際に着用していたユニホームを着てマウンドに登場。特別な試合の大役を担った。

     登板後に「人がいっぱいで球場も広くて緊張しました。今日、石井コーチに教わって練習しました。練習ではうまく投げられるようになっていたので、ワンバウンドしたのは悔しかったです。映像を見ていると、おじいちゃんを思い出してグッときましたが、(始球式に向けて)我慢しました。おじいちゃんのように、人を愛せて、人を残せるような人になれるように頑張っていきたいです」とコメントした。

    中日スポーツ




    「おじいちゃんを思い出してグッと…」野村克也元監督の追悼試合で孫の彩也子さんが始球式 #SmartNews お孫はんすっかり大きくなったw  https://www.chunichi.co.jp/article/226195/ 



    野村彩也子さんコメント「練習ではうまく投げられるようになっていたので、ワンバウンドしたのは悔しかったです。映像を見ていると、おじいちゃんを思い出してグッときましたが(始球式へ向け)我慢しました。おじいちゃんのように人を愛せて、人を残せるような人になれるように頑張っていきたい」  https://twitter.com/hochi_kojima/status/1376035519906254852 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「西武-オリックス」(17日、メットライフドーム)

     『台湾デー』として開催。試合前には歌手・小林幸子が始球式に登場した。

     場内アナウンスで「媽祖(まそ)さまの登場です」との紹介のあと、バックスクリーンから黄色いランボルギーニのオープンカーに乗って「疫病退散」と書かれた大きな扇子を振った。

     場内マイクで「疫病退散、疫病退散」を繰り返した。

     マウンドに上がるとキンキラに輝くグラブと同じくキンキラの塗装がほどこされたボールを受け取り「みなさまが幸せになりますように。ハーッ!」とボールに気合を込めた。

     プレートに足を掛け、捕手役の台湾出身選手・呉念庭に向かって投げると思いきや、投げず。マスコットのレオにボールを託し、代役を頼んだ。

     2010年のNHK「紅白歌合戦」で披露した「メガ幸子」という巨大衣装が、台湾で海の神様として信仰されている“媽祖神”にそっくりと話題になったことから翌年から台湾観光親善大使を務めている。




    歌手の小林幸子さん(@Sachiko_5884)が始球式に登場! https://t.co/QK11Fbuf1K



    @PacificleagueTV @Sachiko_5884 ランボルギーニってヤベェ〜



    @PacificleagueTV @Sachiko_5884 ランボルギーニアヴェンタドールロードスターやんwww イカついな〜



    そして、始球式で自分が投げない人を見たのは初めてかも知れない😂😂 #小林幸子 https://t.co/VsFQpWCwCw


    続きを読む

    このページのトップヘ