とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    存在感

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島9-3阪神>7日◇マツダスタジアム

    阪神梅野隆太郎捕手が正捕手らしく攻守で気を吐いた。2回に遠藤の低めスライダーをすくって左翼線二塁打。小幡の2点打を呼ぶ好機拡大だ。3回は1死一、二塁で低く沈む変化球をとらえ、再び左翼線へ。一時勝ち越しのタイムリーを放った。守りでも、先発岩田のワンバウンドの球を何度も止めた。

    9月18日に右腹斜筋の筋挫傷で戦線離脱したが、同30日に復帰。10月3日巨人戦以来、4試合ぶりの先発マスクで存在感が光った。




    阪神のピッチャーは相手が梅野じゃなかったら今の倍はワイルドピッチしてそうだな🤔



    #tigers 梅野ほんま人間性すごい。 マジで自分キャッチャーなら、ブチギレてるよ笑笑 構えてる意味ないもん笑 梅野は壁性能ほんま高い、こんなキャッチャーおったらほんまありがたいやろなぁ。阪神は。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    syun2



    <阪神4-7巨人>◇3日◇甲子園

    阪神高山俊外野手(27)が9回に執念を見せた。

    0-7の9回1死一、二塁で、小幡の代打で登場。カウント3-1から巨人堀岡の直球を右中間へ運んだ。

    宿敵の投手陣にここまで無得点に抑えられており、意地の一打。代打で二塁打を放った前日2日に続き存在感を出した。




    明日にもつながる代打髙山のタイムリーツーベース! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/XIuM811ysc


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人2-0阪神>◇20日◇東京ドーム

    阪神のベテラン上本博紀内野手が快打で存在感を示した。1点を追う8回1死の代打で登場。中川の145キロの外角球をコンパクトにたたき、中前にはじき返した。

    1軍復帰初戦の前日19日は先発して2安打で、矢野監督が「いい形でスタートを切れた」と評価していた。打線が深刻な貧打に苦しむ中、2日連続で快音を響かせた。糸原の離脱後、主に二塁で先発してきた植田の打撃が上向かないだけに、スタメン機会が増えそうだ。




    代打で結果を出した上本。スタメン獲得なるか。 阪神上本が代打で中前打 2日連続安打で存在感  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008200000868.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    #阪神タイガース 植田に代打するのならスタメン上本で植田は代走に回す方がマシですね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神2軍は19日、ウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に5-3で勝利した。「5番・捕手」で出場した原口文仁捕手(28)が、4打数3安打1打点と存在感を示した。

     原口は1-2で迎えた六回1死一塁から中越えの適時二塁打を放つなど3安打と大暴れ。「やろうとしていることがいい結果に現れている」。二回には谷川原の二盗を阻止し、守備でも躍動した。試合前には、和田球団本部付テクニカルアドバイザーから打撃指導を受けており「こういう機会なので、たくさんの人にいろいろな意見を聞いて、自分のモノにできるように」と力を込めた。




    久し振りに打撃も守備にも躍動している姿が見れて良かった この調子で打撃も安定しますように 阪神・原口、2軍戦で存在感3H「いい結果に現れている」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200820/tig20082005000001-n1.html  @sanspocomから



    試合前には、和田球団本部付テクニカルアドバイザーから打撃指導を受けており「こういう機会なので、たくさんの人にいろいろな意見を聞いて、自分のモノにできるように」と力を込めた。 阪神・原口、2軍戦で存在感3H「いい結果に現れている」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200820/tig20082005000001-n1.html  @sanspocomから


    続きを読む

    このページのトップヘ