とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    孤軍奮闘

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA8-1阪神」(12日、横浜スタジアム)

     阪神・近本は3安打を放ち、今季11度目の猛打賞をマークした。初回、左中間二塁打を放つと、三回は右前打、五回は中前打と広角に打ち分けた。

     チームが大敗する中、虎のリードオフマンは孤軍奮闘。試合後は「先頭ばかりだったので。とにかくチャンスを作ることが頭にありました。状態としてはあまり良くなかったんですけど、自分のイメージしたことはできたので良かったかなと思います」と話した。

     14日からはヤクルトと2連戦。神宮決戦へ向けて、「とにかく先制して、中押し、ダメ押しをしっかり。自分たちの野球ができるように、チーム全体で勝っていきたいと思います」と力を込めた。




    21/9/12 ●T1-8DB ガンケル×今永 ☆近本くん、猛打賞‼️   ★2軍、なんと18連勝‼️スゴすぎる✨ オースティン打ちすぎやし、今永くん調子良すぎやし、阪神はお疲れ気味やし…🥲 明日はみんなゆっくり休んでね😌



    ガンケルー今永 初回近本2塁打、中野送り、マルテ内野安打で先制。 大山もライトへ2塁打。 近本猛打賞。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神0-3巨人」(8日、甲子園球場)

     声を漏らしながら右腕を振り続けた。最終回もベンチの最前列で仲間を励まし、勝利を信じた阪神・秋山。先発としての役割は十分果たしたが、自身を責める。6回6安打2失点で今季初黒星。攻撃の流れを呼び込めなかったことを悔やんだ。

     「なかなかこっちにリズムを持ってくるピッチングができなかった」

     反省する投球内容。「防ぎたかった」と振り返るのは初回。いきなり重い一撃を浴びた。1死走者なしで迎えた2番・坂本。真ん中付近に甘く入った直球をバックスクリーン左へ運ばれた。今季初の被弾。悔やまれる失投で先制点を奪われた。

     初回以降も走者を背負う投球が続いた。追加点を献上したのは、1点ビハインドの四回。1死から2本の安打に失策が絡み、二、三塁のピンチ。7番・吉川は申告敬遠で歩かせて、1死満塁とした。「あそこはゴロを打たせないと、というところ」と振り返った場面。だが結果は炭谷に中堅へ犠飛を放たれ、痛い2点目を失った。

     今季初登板となった巨人戦。「ずっと負け越しているチームなので『今年は違うぞ』という姿を僕だけじゃなく、チーム全体で見せられるような戦いをしたい」と静かに闘志を燃やしてマウンドに立っていた。

     その言葉通り、投球に力強さを見せた。六回に炭谷を三振に仕留め、今季最多となる10奪三振を記録した。2017年5月16日の中日戦以来、自身4年ぶりとなる2桁奪三振。それでも「三振が多くていつもと違うピッチングだった。もっとリズムを持ってくるピッチングがしたかった」と反省ばかりが口をついた。

     好投が報われなかった秋山を、矢野監督は「先発としての投球っていうのはしっかりしてくれた」とねぎらった。状態のよさは示した右腕。次戦こそ白星をつかむ。




    自己分析もできてて、責任感じてるのも反省も伝わる。『糧』にして欲しい!次戦に期待してます! 10奪三振はお見事です✨ #秋山拓巳 投手 阪神・秋山 4年ぶり2桁奪三振も打線の援護なし 「リズムを持ってこられる投球をしたかった」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/09/kiji/20210408s00001173682000c.html 



    2021/4/8(木)【●阪神0-3巨人◯】 今季2度目の完封負け。先発の秋山は6回2失点10奪三振と役目を果たしたが、打線が全く奮わず本当にかわいそう。特に8回の攻撃は酷い。なぜ内野ゴロで中途半端な走塁をさせるのか?追いつくためにはもっと慎重に攻めるべき。本当に不可解だ。 #masakado06 pic.twitter.com/k9KAPBXsEQ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島1-0阪神>◇30日◇マツダスタジアム

    阪神ジェリー・サンズ外野手は2打数1安打、4打席で3度の出塁と孤軍奮闘した。

    森下から2四球を選び、9回は右翼へのライナー性の安打から二塁を狙ってアウト。

    神宮3連戦後に「チームに貢献できるのが最高の形」と語り、場所を広島に移しても同じ姿を見せた。打率5割を保ち、3本塁打、7打点はともにリーグトップのままだ。







    今のとこはサンズ に頼りまくり😊 阪神サンズは3度出塁で孤軍奮闘、打撃リーグトップ(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1e5d0bddcf0e090c1718ad0f218bda34e729d7fa 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日1-0阪神>◇25日◇ナゴヤドーム

    阪神先発の西勇輝投手(29)が孤軍奮闘した。7回1失点、121球の力投。援護に恵まれず悔しい2敗目となったが、胸を張れる堂々ピッチだった。

    前回3失点完投で制した中日勝野と今季2度目の投げ合い。8安打され、3回以外は毎回走者を背負ったが、持ち味の粘りを存分に発揮した。昨季10打数6安打1本塁打と苦手にした4番ビシエドを得点圏で2度打ち取るなど、6回まで0を並べた。

    無念は球数が100球を超し、打線の援護がないまま迎えた7回だった。先頭福田の安打から2死三塁のピンチ。1番井領へ投じた117球目スライダーは、深い三遊間へのゴロとなった。遊撃北條が追いつき、懸命に一塁送球したが、あと1歩及ばず適時内野安打。打ち取ったあたりだったが、この1点が決勝点となってしまった。

    「チームとしては、あそこの1点を防ぎたかったというのは、反省しないといけない部分です」

    西勇は悔やんだが、矢野監督は「十分」と高評価。試合後、取材を受ける右腕に「ナイスピッチング」と声をかけてねぎらった。

    今季はこれで先発した6試合全てでクオリティ・スタート(6回以上かつ3自責点以内)。抜群の安定感を見せている。この日も失点後、マウンドに集まる北條らに自ら声をかける姿があった。7回を投げ終えると、グラブをたたいてベンチへ。最後まで気持ちを切らさず、反撃を待った。「次の試合でしっかり投げられれば。自分の仕事はできているので、次の試合もがんばります」。悔しさを押し殺しながら、エースは前を向いた。【奥田隼人】




    一年間戦ったらトントンになる 先に負けてたら後から勝つ それを信じています 西くんごめんね😢 阪神西勇輝が孤軍奮闘 悔しさ押し殺しエース前向く  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007250000885.html?utm_source=twitter 



    2020/7/25 阪神・西勇輝 今日も無援護に泣いたエース チェンジアップが警戒されつつある中、スライダーが好調 pic.twitter.com/gSpDqt2sj5

    続きを読む

    このページのトップヘ