とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    安芸キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    阪神捕手陣で注目の若手は片山雄哉だ。誰よりも声を張り上げ、ノックも最後まで受けるなど元気さで存在感を示す。

    井上打撃コーチは「好きやな、大好き。大好物や。そういう人間が『一家に1台』じゃないけど、いるんだって。このキャンプはあいつをいじり倒すよ」と姿勢を大絶賛。

    伝え聞いた片山は「そういうふうに言ってもらえるのは、自分にとってプラス。頑張ります」とさらに意気込んだ。





    そういう井上コーチもすきよ🤗 片山くん😭😭😭👏👏 阪神片山は元気満点「いじり倒すよ」井上コーチ絶賛(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-11021102-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     中日OBで通算219勝投手のレジェンド左腕、山本昌氏(54)が1日、高知・安芸での阪神秋季キャンプで臨時コーチとして始動した。

     前夜に開かれた講演会には選手、首脳陣、球団フロントらが全員参加。約1時間熱弁を振るった山本氏の“濃~いトーク”について、球団関係者は「さすが引き出しが多い」と感心しきり。そのテーマは「ムダの大切さ」だった。

     プロ初勝利は5年目の1988年8月と長い時間を要した山本氏。一見地味な投内連携やキャッチボールを「おろそかにするな!」と説き、「それが生きるのは1年間に1試合かもしれないが、とっさのプレーに日々の積み重ねが出る。これを大事にしてほしい」と続けたという。

     近年はインターネット、特に「ユーチューブ」など動画投稿サイトの普及で、米大リーグの一流選手のプレーやトレーニング法などを容易に把握できる。実際に活用している選手も多い。

     山本氏は「そういう方法が自分に合うこともあるだろう」としながらも、知識に終わらせず、実践を重ねることの重要性を強調したという。

     「毎年試行錯誤した積み重ねがあったから、50歳までプロ野球でプレーできた。技術や引き出しは現役最終年が最も多かった」

     企業の新入社員向けの講演会では、電話番や定時前に出社して掃除することの意義を説き、「いつ、何が取引先や消費者とつながるか分からないから大切にしてほしい」と訴える山本氏。今回は若虎を相手に“応用”したといえる。

     この日のブルペンでは、今季ついに0勝に終わった藤浪晋太郎投手(25)が山本氏からアドバイスを受けた。制球難克服が課題の藤浪は、球を離す際の手首の角度について「斬新な角度から意見をもらって参考になりすごく面白かった」。山本氏も悩める右腕を「(潜在能力は)ケタ違い。強烈だね。あれを100球のうち80球投げられれば絶対に完封する」と評した。

     さらに福原、安藤両投手コーチはもちろん、矢野監督も自ら質問し「昌さんから学べることは多い。本当に来てもらってよかった」とうなずいた。講演会や野球教室、テレビ出演の合間をぬって約10日間開かれる“山本昌塾”。若虎は生かし切れるか。(山戸英州)




    毎年、シーズンが終わってから期待値をグングンあげてくる藤浪さん。 その点は日ハムの斎藤と似てきた。 pic.twitter.com/M1GK7Z39fI



    藤浪のブルペン見れた😊 pic.twitter.com/apWHe9YICY



    藤浪をなんとかしてくれ山本昌


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     レジェンドの金言に感謝感激だ。阪神の高知・安芸での秋季キャンプで臨時コーチを務める山本昌氏(54)が1日、球場での指導を開始した。練習開始直後から“マサ道場”は開講となり、藤浪晋太郎投手(25)を身ぶり手ぶりを交えて熱血指導。ブルペンでも全投手に助言を送り、午後からの個別練習にも付き合うなど初日からエンジン全開となった。

     自ら質問を山本昌氏にぶつけた藤浪は「チェンジアップのリリースの仕方が直球につながるという話をしてもらった。自分の発想になかったので面白かった」と満足げ。招聘した矢野監督も「選手も聞いていて感じるものがあったと思う。俺も勉強させてもらった」と手応えを口にした。

     朝から日が暮れるまで精力的に動き回った山本昌氏は「選手からたくさん質問をもらってすごくいい初日だった。合う合わないはあるので、その中で心に留めておいてもらえればいい。聞かれたことにはどんどん答えていきたい」と振り返った。チーム関係者によれば、前夜のうちに山本昌氏からコーチ陣に「こういう立場で来ているので、キャンプにいる間は存分に俺のことを使ってください」と歩み寄りを見せていたという。大きな体とは対照的な低姿勢でコーチ陣のハートまでもわしづかみにした。

     この日は投手陣ばかりでなく、送球の改善に取り組む大山や守備向上を目指す近本ら野手陣も助言を受けた。スローイングに関する指導を依頼した久慈内野守備走塁コーチは「(期間中は)『もうやめてくれ』というくらい、いろいろとお願いするよ」と冗談交りにフル活用を予告。多忙な山本昌氏のスケジュールに合わせ、キャンプの休日を急きょ大幅に変更するなど球団側も最大限の配慮をするほど“マサ効果”への期待は高い。





    羨ましい。→阪神秋季キャンプ臨時コーチ・山本昌氏のマサ道場大盛況(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000014-tospoweb-base 



    おはようございます🌞 11月2日 秋季キャンプ3日目 本日のスポニチの〝表情〟です 🐯藤浪投手!山本昌臨時コーチの〝チェンジ指導〟で直球完全復活🐯山本昌コーチ!虎投に魔球のススメ🐯井上コーチ!若虎右の大砲候補にホームラン指令🐯近本選手!スライディング革命 pic.twitter.com/66AGztS3DQ



    @sponichi_endo 読んだよ! 楽しかった、今日のスポニチ。



    2日付大阪本社最終版1面です。 阪神の秋季安芸キャンプで臨時コーチを務める山本昌氏が本格始動指導した。朝から夜まで藤浪晋太郎投手を熱血指導。今季プロ7年目で未勝利に終わった右腕に、宝刀チェンジアップを伝授し、藤浪も復活への手応えをつかんだ。 #大阪1面 #藤浪  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911010001057.html  pic.twitter.com/67E0acLi6i


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    高知・安芸で行われている阪神の秋季キャンプで2日、小学生以下の子ども向けにサイン入り帽子の手渡し会が行われた。

    藤浪晋太郎投手(25)、青柳晃洋投手(25)高橋遥人投手(23)らが参加し、150組の子どもたち1人ずつに手渡し、笑顔で記念写真に納まっていた。





    安芸サイン会が始まってびっくり。 pic.twitter.com/6FZx6lKBrt



    #阪神 #秋季キャンプ #藤浪 選手、 #青柳 選手、 #高橋遥 選手によるサイン入り帽子の手渡し会が行われました。選手もお子さんたちも、とってもいい笑顔です! pic.twitter.com/AVk5uetZct



    安芸ブルペン付近では、時々即席サイン会。 pic.twitter.com/RgAPZtdd0G



    安芸キャンプ。 サブでサインと撮影会中。 子どもになりたい⁉️ 手前から。 19 50 29 pic.twitter.com/v5kauhkpyV


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    阪神の秋季安芸キャンプが31日からスタートした。選手とともに、コーチ陣の指導にも熱が入る。

    新任の井上一樹1軍打撃コーチ(48)は、選手に負けない熱さと元気、そしてユーモアで練習を盛り上げている。

    初日から行われた3人1組のティー打撃では、ホイッスルを2度鳴らす独特な方法を取り入れる。1度目のホイッスルで足を上げ、その状態でトップを作って姿勢をキープ。2度目のホイッスルでトスが上がり、バットを出す。フォームにためを作って我慢を意識し、インサイドアウトのスイングを染み付ける。足もとがふらつき、なかなかうまくいかない選手も見られた。最中には同組3人の動きを合わせるように求め「(3人の動きが)シンクロしたら終わり。エヴァンゲリオンや」と、有名アニメの内容さえも飛び出す。2日目の早朝は宿舎から球場に向かう途中で車を降り、海岸線を横目に球場までランニング。「ここ(行き道)しか動けないからね。キャンプ中、足が持つまでは」と、何とも若々しくさわやかな笑顔だった。

    同じく新任の北川博敏打撃コーチ(47)も選手に寄り添い、優しく声をかける。来春のキャンプからシーズン入りまで先を見据え、「今は選手の特徴を見ているところ。長所を伸ばして欲しいからね」と、じっくり選手の動きを注視する。空いている選手がいれば「(ボールを)投げようか?」と声をかけ、常に笑顔は絶やさない。

    野手陣では守備を課題に挙げる選手が多く、朝・昼・夕と各所でノックが行われる。大量のノックを放つ久慈コーチの右手は、初日から皮がめくれ上がっていた。投手から内野手、外野手まで-選手、コーチが一体となって、泥にまみれている。【阪神担当 奥田隼人】




    阪神コーチ陣の指導に熱 選手と一緒に泥まみれ  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201911010001209.html?utm_source=twitter  海ちゅんんんんんんんんん



    ダンスの振付?😁 阪神コーチ陣の指導に熱 選手と一緒に泥まみれ(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-11011209-nksports-base 


    続きを読む

    このページのトップヘ