とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    完全復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <解体新書>

    阪神元投手コーチで日刊スポーツ評論家の中西清起氏(58)が好評企画「解体新書」で阪神藤浪晋太郎投手(26)の投球フォームを分析した。前回分析した昨年の春先から、課題を克服。今季の完全復活へのポイントとして、脱力の「下柳投法」を提言した。【取材・構成=田口真一郎】

    昨春のキャンプで、投球フォームを解析したが、そのころと比べると、シーズン終盤のフォームはかなり良くなった。

    まず始動で言えば、<2>から<8><9>あたりの体重移動がスムーズにできている。これまでは、体を横に回して、三塁側のほうに倒れていきながら、キャッチャーに向かっていた。それがある程度、直線になっている。もう1点、改善されたのは、腕の振りだ。<11>では腕がしっかりと前に伸びている。右肩が左膝よりも前に出ている。春先は腰が引けたような感じで、体重が乗っていなかった。今は腕を長く使えるようになった。打者に対して、腕が短く見えてしまうと距離が詰められない。長身の藤浪が腕を長く使えると、打者は投手との間隔が近く感じ、タイミングが合わせづらくなる。ルーキーの時は右手の指先で、マウンドの土を触っていたほどだ。

    シーズン後半に中継ぎを経験したことで、復調の兆しを見せた。復活はもう少しといったところだろう。気になるのは、やはり「力み」だ。<5>はまだ左肩が入りすぎている。<6>は手首が三塁側に向いている状態で、これでは腕が上がりづらくなる。まだ持ち前の馬力でカバーしているが、<5>から<7>で力みを抜けば、インパクトの瞬間までスムーズになり、回転のいいボールを投げられる。本来、力が入るのは、<8>あたりで<10>のリリースに集中していく。<5>の力んだ表情を見れば、分かるが、力を入れるのが、この写真では2、3コマ早い。

    体重移動がスムーズになり、腕を上から振り下ろせている。右手首が横に傾かずに立てられるようにもなった。抜け球が減ったのは、うなずける。あとは「力み」の部分だが、もともと力を抜くのが下手な投手だ。脱力を意識し過ぎると、リリースのインパクトも緩んでしまう。そこで「下柳投法」を提案したい。<1>からリリースの<10>までキャッチャーを目視し過ぎている。<2><3>で三塁側を見ればいい。高校野球では捕手から目を離すな、と指導されることが多いが、捕手をずっと見ていたら力が入りがちだ。そんな投手は、目線を切ってやればいい。下柳がそうだった。あれはリラックスするためだ。そうすれば、<6><7>で力の抜けた状態になる。

    藤浪自身も復活への手応えをつかんでいるはずだ。今年はスタートが大事になる。開幕から1、2戦で勝ち星がつけば、自信が確信に変わる。いい形で1年間投げられるだろう。黒星や5回もたない投球が2度続けば、しんどい。肝心なのは最初だ。先発ローテーションに入らなければ、終わってしまう。それぐらいの気持ちでやってほしい。

    ◆解体新書VTR 中西氏は昨年2月のキャンプ中にも藤浪の投球フォームを分析していた。横振りから修正し、コンパクトになったテークバックを評価。改善点として、<1>リリース時の手首の角度を数ミリ立てること<2>フォローで左膝に体重を乗せることの2点を挙げていた。それでもプロ初の未勝利に終わった19年からの良化を認めており、「目指す方向性は間違っていない」と語っていた。




    15日の日刊スポーツ大阪版1面。阪神元投手コーチで日刊スポーツ評論家の中西清起氏が好評企画「解体新書」で阪神藤浪投手の投球フォームを分析。前回分析した昨年の春先から、課題を克服。今季の完全復活へのポイントとして、脱力の「下柳投法」を提言 pic.twitter.com/2WllM1r5OM





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     48歳にしてプロ野球現役復帰に挑む新庄剛志氏(48)が12日放送のTBS系「バース・デイSP」(土曜・午後4時30分)で、7日に参戦したプロ野球12球団トライアウト後の心境を語った。

     最終4打席目に左前適時打を放ち、大きなガッツポーズで存在感を放った“新庄劇場”から3日後に取材を受けた新庄氏。トライアウト後は「上のユニホームを脱いで、自分の洋服を着て、ズボンを脱ぐ力もないくらい疲れていた。家に帰って4時間ソファーでずっとズボンを履いたまま、ぼーっとしていました」と振り返った。

     番組収録時点でのオファーについては「ゼロです。来てないです。どう考えても向こうの判断だから、待つしかないんですよ6日間。6日間待ってなかったら終わりでいい」と心境を明かした。

     また、過去に例のない挑戦をした1年に「めちゃくちゃこの1年は自分にプラスになったし、よくやった新庄剛志って思いましたね」と回想。阪神時代の恩師・野村克也さん(享年84)の言葉「年と時代には勝てんわ」を引用し、「まだはっきり決まってないけど年には勝ったかな。年には勝てた、勝てましたよということを報告したい」と語った。




    【阪神 藤浪晋太郎】復活の豪速球 160キロ連発ショー  https://youtu.be/rN13Gb6h32s  @YouTubeより



    藤浪本人も希望し、来季は先発起用が濃厚だが、梅野も「自分は先発やってほしいです」と同意。シーズン後半の藤浪からは自信を感じ取っていたという。 阪神梅野「先発やってほしい」藤浪の完全復活願う - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012110001132.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)1-1の延長十回に登板した桑原は、2死から代打・西田に中前へ安打を許したが、宮本を遊直に打ち取った。「しっかり0点で抑えることができましたし、チームにとって負けのつかない状況に持っていくことができてよかった」。9月11日に今季初昇格し、これで4試合連続無失点。2017年に最優秀中継ぎのタイトルを取った右腕が、再び輝きを取り戻しつつある。




    阪神桑原4戦連続無失点「負けの付かない状況に」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010190001053.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  桑原さん。只今絶好調‼️ 4戦連続無失点‼️ 無敵のセットアッパー完全復活や‼️😁🐯



    阪神桑原4戦連続無失点「負けの付かない状況に」(日刊スポーツ) 全盛期の球ではないと思うけど、復活してしっかりチームに貢献してくれてて本当に嬉しいよ・・・(´;ω;`)  https://news.yahoo.co.jp/articles/c5ea83b699c9cd1792367f310fcabc2734e41fa6 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/12(月) 05:41:39.17 ID:CAP_USER9
    (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)右腕の投じる1球ごとに甲子園が大きく沸く。阪神・藤浪が中継ぎになってから初めて1点リードの場面でマウンドへ。1回を3人でピシャリと抑えてベンチに戻ると、笑顔をみせた。

     「少し投球のタイミングが合わなかったり、コントロールがつかないところもありましたが、なんとか粘ることができました」

     3-2の八回に登場。先頭の大和への2球目だ。ボールとなったが1日の中日戦(甲子園)以来となる自己最速タイの160キロを計測した。続く投球が大和の頭上を通過し、球場は騒然。だが、ここから乱れることなく157キロで右飛に打ち取った。

     神里に対して3球連続でボールも、フルカウントまでもっていくと、遊ゴロ。続く楠本への初球で2度目の160キロを計測。カウント2-1となり、最後は左飛に料理した。ファンの応援にも背中を押されて、きっちり3人で仕事を終えた。

     3点差で登板し、初ホールドを記録した9月29日の中日戦(甲子園)では「死ぬほど緊張した」と振り返ったが、この日は1点差と緊迫した場面で4ホールド目。ボール先行のカウントになっても、慌てずに落ち着いて修正。しっかりリードを守った。

     矢野監督の早めの継投もうまくはまった。3-2の六回1死。ここまで62球も3被弾の先発・秋山から思い切って桑原にスイッチ。「3まわり目になるところで、桑原で何とかしのぐということを選択した」。そこからエドワーズをはさんで藤浪へ。六回以降は走者を許さない完璧なリレーに指揮官は「取って取られての繰り返しの中で、継投もうまくいきましたし。粘ってくれました」と称賛。「晋太郎(藤浪)もファンの人にも乗せてもらいながら腕を振って勢いが出てきた」と完全復活への手応えを口にした。

     「3人で抑えることができてよかったですし、チームも勝てたのでうれしいです」

     勝利の方程式を担う藤浪は充実の汗をぬぐった。チーム内の新型コロナウイルス感染拡大の影響で中継ぎに配置転換となったが、新境地で躍動。今やブルペンに欠かせない存在だ。(菊地峻太朗)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e56aef8a409eeb765372299bafb5e7d0908c24
    no title

    22: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/12(月) 06:10:39.90 ID:wcipbigV0
    完全復活だな

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602448899/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/05(日) 20:16:21.79 ID:LyT/wVV20
    この日の投球は、ほぼ完璧だった。4人の右打者に対し、抜ける球もなかった。平田勝男2軍監督は、試合後、うれしそうに笑顔で語り始めた。

     「完璧に近い。もう問題ない。いい時の晋太郎に戻っている。四球も内容が違う。心配ない。あのくらいやってくれないと。次は、七、八回まで行くように」

     いま、2軍のブルペンで最も投げ込んでいるのは、藤浪だという。「つまずいたけど、まだ(シーズンに)入ったばかり。やっと喪が明けた」。監督の温かい思いを胸に、はい上がれるか

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/05(日) 20:16:36.23 ID:LyT/wVV20

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/05(日) 20:16:47.25 ID:LyT/wVV20
    ながかったわ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1593947781/

    続きを読む

    このページのトップヘ