とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    完封リレー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神1-0中日>◇18日◇甲子園

    阪神自慢の勝利の方程式が、高橋の復活勝利へ一丸となった。まずは岩崎だ。同じ静岡県出身で自主トレをともに行う高橋の後を受け、8回に登板。先頭に安打を許すも後続を断ち「変わらずいつも通りですね。(高橋に)勝ちをつけることができて良かったです」と後輩の勝利を喜んだ。

    守護神スアレスは9回のピンチにも冷静だ。先頭京田に7月1日ヤクルト戦以来、約2カ月半ぶりの四球を出した。その後無死一、二塁で、大島の送りバントを素早く処理し三塁封殺。4番ビシエドを一飛、5番福留を空振り三振に仕留め、リーグ断トツの32セーブ目を挙げた。「遥人に1勝がかかってたんで、なんとか勝ちで締めくくれてよかったよ」。試合後には記念球を左腕に手渡した。

    矢野監督は「優(岩崎)とスアちゃんを出した時点で任せる、何が起こっても受け止めるという気持ちで出せる投手。自信を持って行かせています」とうなずいた。今季2度目の1-0完封勝利。残り30試合も腕を振り続ける。




    2021-09-18 公式戦 阪神・岩崎 優 1.0回 19球 0 失点 被安打:1 奪三振:2 与四球:0 与死球:0 最速:143km/h ストレート平均:139.8km/h #プロ野球 #阪神タイガース #tigers_bst  http://bb-stat-st.com/category/hanshintigers/  pic.twitter.com/R6bi2DEigz



    オリンピック後無失点の岩崎優ほんと凄いな。ここに来て安定してきてるのはありがたい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日0-2阪神>◇22日◇バンテリンドーム

    阪神が連敗を「3」でストップした。先発秋山拓巳投手(30)が7回4安打無失点の好投で9勝目。矢野燿大監督(52)は勝利に導いた右腕の投球を絶賛した。


    矢野監督の一問一答は以下の通り。

    -先発秋山が三塁も踏ませない好投

    いやぁ、申し分ないよ。もちろん、あのまま行かせてやりたかったっていうのもある。まあでも(7回の)最後、木下(拓)かな? 相性もあんまりよくないところやったけど、2死一塁やったけど、しっかりラストだっていう思いで投げてくれた。そういうところではアキのピッチングが、今日の試合のほぼすべてっていうか、そんな内容だった。

    -青柳とハーラートップタイがチームに2人

    まあそれは途中だから。それはプラスに捉えて、もちろん狙っていけばいいし、狙えるものはやっぱりとればいい。それよりも自分のピッチングであったり、自分をより高められる、もっといい内容のアウトを取るとか、やっぱりそっちに気持ちを持っていったほうが(いい)。常に俺らは数字に追われてしまうから。そういうのは動いちゃうんでね。俺はあんまりそっちに気持ちをとられないほうが、それがモチベーションとして上げるのはいいんだよ。俺はそういう風に思っている。

    -先制点はロハスだった

    1発で仕留めるっていうところで、いい内容のホームランやった。慣れてきているっていうかね。そういう部分もあるんじゃないかなと思う。

    -右打席で結果が出始めた

    どっちかというと対応力は左の方があるなというのはあるけど、右でも打ってくれるというのは、もちろんこっちとしては必要なこと。そういうところをもっともっとアピールしてもらいたい。そうなれば相手はより嫌なんで。右でも、もちろん左でも打ってほしい。

    -結果が出ていなかったころと違いは

    ずっと見てきているわけじゃないから、ロハスのことが全部わかっているわけじゃないけど、日本の審判のことであったり、配球であったり、攻め方であったり、そういう部分もある程度やらないダメだし、コロナでなかなか来られない状況の中でスタートしたんでね。外国人選手の枠の争いももちろんある。本人の中で慣れてきた、結果が出ているというところでは、気持ち的にも落ち着いて打席には入れるというところはあると思う。

    -外国人枠ではマルテもいるが

    それは俺が判断するから。いい悩みだし、それがあること自体は俺はいいことだと思っている。チームにマイナスなことじゃないんで。俺が全体のことを考えて俺が判断させてもらう。

    -打線を組み替えた

    健斗(糸原)がちょっと、疲れもあるしね。アイツが引っ張ってくれていたところは今までもあったんで。ベンチから見るということでまた、気持ちのリフレッシュもある、体のリフレッシュもある。逆に言うと聖也(木浪)がそのワンチャンスをしっかりものにしてくれたのは健斗にとってもいいし、チームにとってもいいこと。聖也は少ないチャンスをものにしてくれたかなと思う。

    -6回にエンドランも決まった

    中野が決めてくれたのが大きい。ボールで当てるのが難しいコースやと思うけど、何とか食らいついてくれたからこそ、あの1点が入った。もちろん、1点ではバッテリーも苦しいんで。中野がよくそういうところで決めてくれたかなと思う。

    -いい勝ち方

    勝ち方としてはもっといい勝ち方をしないとダメだから。悠輔(大山)はいい打球を捕られたとかあったけど、(打線の)中心のところで返していくのは俺らが上を目指す上では必要なところ。きょうの試合を2-0で勝ったからいいとは思わない。




    今年のエースは秋山。 青柳もよくやってるけどやっぱり秋山やわ。 去年からずーっと頼りになるし、何より今年は苦しい場面で本当にエースの投球してるわ。ありがとう秋山。 そしてそのエースを冷遇する矢野...ゴミすぎるわ...



    阪神タイガース、安心して見てられる先発投手 秋山青柳伊藤 後最低でも1人か2人欲しい‼️矢野さん何とかしてーや


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    東京五輪・決勝戦
    ○ 日本 2 - 0 アメリカ ●
    <8月7日 横浜スタジアム>

     東京オリンピック(五輪)野球の決勝戦が7日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表・侍ジャパンがアメリカを下し金メダルを獲得した。

     侍ジャパンは両チームスコアレスの3回、一死無走者から8番・村上宗隆(ヤクルト)が相手先発・マルティネス(ソフトバンク)のやや甘く入ったチェンジアップを左中間スタンド最前列へ放り込みソロホームランで先制。

     4回以降はなかなか追加点が奪えない重苦しい展開となったが、先発の森下暢仁(広島)が5回3安打無失点と好投し、リリーフ投手陣も粘投。6回からは千賀滉大(ソフトバンク)、伊藤大海(日本ハム)とつなぎ、8回無死一塁から登板した岩崎優(阪神)も3人斬りの好救援でバトンを繋いだ。

     すると直後の8回、イニング先頭の1番・山田哲人がヤクルトの同僚でもあるマクガフから右安打を放って出塁し、続く坂本勇人が犠打を決めてチャンス到来。3番・吉田正尚の中安打で二走・山田は一度は三塁でストップしたものの、中堅手からの本塁送球が逸れる間にヘッドスライディングで間一髪生還。貴重な追加点をもぎとった。

     2点リードとなった9回は、ここまで全4試合に登板してきたクローザー・栗林良吏(広島)が無失点に抑え、今大会単独トップの3セーブ目(2勝3セーブ)。ルーキーが完封リレーを締めくくった。

     日本は「野球」が公開競技だった1984年・ロサンゼルス大会で優勝しているが、正式競技に採用された1992年・バルセロナ大会以降では初の五輪制覇。失意の4位敗退となった2008年・北京大会から13年ぶりに復活した五輪の舞台で、最高の結果を手にした。

    BASEBALL KING




    東京オリンピック 決勝 試合終了 日本🇯🇵 2 - 0 🇺🇸アメリカ 接戦を制しアメリカに勝利!日本が金メダル獲得🥇😆  https://japan-baseball.jp/jp/team/topteam/score/20210807_1/  #侍ジャパン @Japan_Olympic #がんばれニッポン #Tokyo2020 #Baseball pic.twitter.com/lb2lmwkfyd


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    侍ジャパン強化試合(日本5ー0巨人、25日、楽天生命パーク)28日に初戦を迎える東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」が巨人との強化試合に臨み、完封勝利を飾り、28日のドミニカ共和国との1次リーグ(福島)に弾みをつけた。

    侍ジャパンは24日の楽天戦(同)に続き、主導権を握った。一回に先頭の山田(ヤクルト)が巨人の先発・直江から中前打を放ち、源田(西武)の送りバントを処理した直江の一塁送球が悪送球となり、その間に一走・山田が三進。一、三塁で吉田正(オリックス)が放った打球は二ゴロ併殺だったが、三走・山田が先制のホームを踏んだ。

    9イニングぶりの得点を奪った打線は六回に追加点を奪う。先頭の源田が2番手・平内から中前打、吉田正が右前打でつなぎ、1死後、浅村(楽天)が左翼線適時二塁打を放つ。なお二、三塁でこの日右脇腹の違和感から復帰したばかりの柳田(ソフトバンク)が右前適時打、さらに一、三塁で菊池涼(広島)が一塁へのセーフティースクイズを決め、リードを広げる。七回には山田が3番手・今村から右中間へ二塁打を放ち、源田が送りバントを決める。1死三塁で吉田正が右前適時打を放ち、5─0とした。

    投げては3戦目での先発が予想される田中将(楽天)が2回2/3を1安打無失点と順調な仕上がりをアピールした。2番手・伊藤(日本ハム)が1回1/3を無安打無失点、3番手・大野雄(中日)が2回1安打無失点、4番手・岩崎(阪神)が1回無安打無失点、5番手・平良(西武)、6番手・栗林(広島)が1回無安打無失点とつないだ。

    19日に始まった強化合宿の地、宮城・仙台での強化試合2試合は1勝1敗で終えた。楽天戦(●3─5)の課題と巨人戦の収穫を得て、いよいよ出陣となる。




    【試合結果】7/25(日) G-SAMURAI 第1戦 ▽楽天生命パーク 侍ジャパン 100 003 100 - 5 000 000 000 - 0 巨人  https://npb.jp/scores/2021/0725/g-samurai-01/  #NPB





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2-0広島」(21日、甲子園球場)

     阪神が広島相手に完封リレーで勝利した。マルテが復帰即のスタメン出場で、初回に先制となる決勝2ラン。節目のチーム100号で勝利を導いた。先発の青柳が5回2/3を1安打無失点の好投。7勝目を手にした。

     試合は初回、先頭の近本が右前打で出塁。すかさず二盗を決めたが、さらに狙った三盗を失敗。チャンスがつぶれたが、続く糸原が四球を選んで出塁した。

     ここで、左ふくらはぎ痛から復帰したマルテは、1-1からの3球目。遠藤の高めに浮いた131キロのスライダーを狙った。フルスイングした打球は、そのまま左中間スタンドに到達。7月4日・広島戦(マツダ)以来の3号は、甲子園球場では昨年9月11日・ヤクルト戦以来。

     ケガで離脱期間が長く、現時点で来季去就は流動的。テスト的な意味合いもある試合で、初回から結果を残して残留をアピールした。また、チームとしても節目の100号に到達。113本を記録した2017年以来。120試合制のシーズンで、課題だった長打力には一定の変化が見られている。

     一方、投げては先発の青柳が粘投。大山と本塁打王を争う鈴木誠を3打数無安打に抑えるなど、ボールを低めに集めながら8三振を奪った。広島戦は通算4試合0勝2敗の天敵。8月27日中日戦(甲子園)以来、8試合ぶり7勝目(8敗)を手にした。

     「前回のカープ戦を踏まえ、左打者が多いことは分かっていたので、この1週間は左打者にどう攻めていくかをより意識して調整してきました。それがうまくいって良かったですし、梅野さんともいろいろ話し合った成果が出て良かったと思います」

     青柳降板後は岩貞、岩崎、藤浪とつなぎ、最後はスアレスが締めた。スアレスは再びリーグ単独トップに立つ22セーブ目。並んでいた中日のR・マルティネスがコンディション不良で離脱。スアレスのタイトル獲得が見えてきた。

     また、ホームラン数でリーグトップに立つ大山は、「4番・右翼」で先発出場。初回、右翼フェンス手前の特大飛球があった(記録は右翼・鈴木誠の失策)が、この日は3打数無安打に終わった。残り16試合。個人タイトルの行方からも目が離せない。




    阪神2 - 0広島 [勝]青柳7勝8敗0S [S]スアレス2勝1敗22S [ホームラン]マルテ ツーラン3号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20201021.html  pic.twitter.com/4IIRK4NmDj



    @TigersDreamlink 投手陣よく踏ん張りましたお見事☺️


    続きを読む

    このページのトップヘ