1


 阪神の新入団選手発表会が13日、大阪市内のホテルで行われ、ドラフト2位の鈴木勇斗投手=創価大=が同1位の森木に負けじと、壇上で「世界一」を宣言した。

 「自分は真っすぐが売りだと思ってますし、プロの世界でも通用するように頑張っていきます。スピード以上に速いというような、真っすぐと分かっていても打たれないような真っすぐを投げていきます。同じチームの高橋遥人選手のように真っすぐでも変化球でも空振りを取って、打ち取れるように。対戦したいのはヤクルトの村上選手です。キャンプからアピールしていって開幕1軍を目標に、1年目から1軍で投げ続けていきます。日本にとどまらず、(将来は)メジャーに行って世界を代表する左投手になります」

 直前には森木が「世界一の投手になれるようにやっていきます」と話していたが、今ドラフトの大卒選手では最上位の左腕も世界への階段を駆け上がる。



続きを読む