とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    小幡竜平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    チーム改革に乗り出す新監督

     岡田彰布監督が就任した阪神が、チーム改革に乗り出している。

     大山悠輔を一塁、佐藤輝明を三塁の守備位置で固定し、遊撃手の中野拓夢を二塁にコンバートする可能性を示唆し、遊撃のレギュラーが白紙になったことで、選手たちの目の色が変わる。ブレーク候補の一人が小幡竜平だ。高卒4年目の今季は49試合出場で打率.188、1本塁打、5打点。主に二塁で出場していたが、岡田監督は強肩と遊撃の広い守備範囲を評価。指揮官の要望で、フェニックス・リーグでは遊撃に固定して起用された。プレーの精度を高めなければいけないが、潜在能力は高い。

     強打者の育成も重要な課題だ。岡田彰布監督は週刊ベースボールのコラムで、こう綴っている。

    「楽しみといえば、若手のバッターの成長過程だ。オレは以前から不思議に思っていたことがある。どうして阪神には高卒の野手がレギュラーになれないのか、という点なんよ。ヤクルトの村上宗隆、巨人の岡本和真など他球団には高卒から数年でチームの軸になる選手が出現しているのに、タイガースには一向に気配がない。これを何とかしたい。オレの監督としてのテーマのひとつなんだけど、ようやくその『素材』に出会った気持ちになった。それがプロ1年目を終えた前川右京よ」

    「オレはもともと高校野球をよく見る。春、夏の甲子園のゲームで、キラリと光る選手が現れる。例えばDeNAの大和。彼の守備は魅力があった。無名ではあったが、球団にドラフトで指名すべきと進言した。そういう経緯と同様のものを前川に感じていた。何より『強く振れる』のが最大の長所なわけ。スイングの強さはピカイチだったし、『この選手はいいぞ』と見ていた。だから今回、秋季キャンプに参加させた。細かいことはさておき、このキャンプで大きく、そして長所をさらに伸ばしてくれれば、と願っているわけよ」

     智弁学園で高校通算37本塁打をマークした前川は、高卒1年目の今季に才能の片鱗を見せた。3月13日のオープン戦・巨人戦(甲子園)でスタメンに抜擢されて2安打を放つ。開幕一軍入りが期待されたが、上半身のコンディション不良で戦線離脱。6月7日に実戦復帰したが、わずか5日後に試練に見舞われる。ファームの試合に出場した際、左翼の守備でフェンスに衝突。負傷交代して再び戦列を離れ、一軍デビューは来季以降に持ち越しとなった。

    もう1人の期待の成長株

     岡田監督は、期待の成長株にもう1人の和製大砲も挙げている。

    「そして楽しみ第2弾が井上広大である。一軍の経験はあるが、評価としては伸び悩みというところやった。だが、ここにきてバッティングが変わったとオレは見た。いわゆる『前さばき』が身につき、劇的な変化が出てきた。みやざきフェニックス・リーグの最終盤になったころ、ポイントを前にすることが身についたようで、このキャンプでは最もいい打球を放っている。この2人がどれほど成長していくか。よければ使う。そこには年数とかは関係ない。いい者は起用する。この競争原理に従って、ポジションを獲るくらいになってくれれば。そうなれば高卒野手は育たない……という呪縛から解放される」

     身長187センチの体格から豪快なスイングで飛距離はチーム屈指。履正社高で高校通算49本塁打をマークするなど高校時代からその名を轟かせていたが、高卒3年目の今季は2試合出場のみと一軍に定着できる水準に達していない。ウエスタン・リーグで最多安打(96安打)のタイトルを獲得したが、打率.222、11本塁打、70打点と確実性を高める必要がある。岡田監督やコーチ陣の指導で覚醒できるか。

     小幡、前川、井上がレギュラーを奪取するほどのレベルアップを見せれば、チーム全体の底上げにもつながる。若虎たちの躍動に期待したい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1078b50bc429d9982cae65a82eb8a663a39fdc78


    【HOT TOPIC】 小幡竜平、前川右京、井上広大…岡田監督が「素材を絶賛した若手」たち 小幡、前川、井上がレギュラーを奪取するほどのレベルアップを見せれば、チーム全体の底上げにもつながる #阪神タイガース #tigers #小幡竜平 #前川右京 #井上広大  https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20221130-10 



    小幡竜平、前川右京、井上広大…岡田監督が「素材を絶賛した若手」たち(週刊ベースボールONLINE)  https://news.yahoo.co.jp/articles/1078b50bc429d9982cae65a82eb8a663a39fdc78 来季はこの3人が揃って開幕一軍しかもスタメンで使ってもらえるように頑張って欲しい。#阪神タイガース #小幡竜平 #前川右京 #井上広大


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ ベストナインの中野をコンバートする意図

     「遊撃」でひたすらボールを追いかけ、泥にまみれた秋だった。

     高知県安芸市で3年ぶりに行われたタイガースの秋季キャンプは、21日に打ち上げを迎えた。「秋が一番伸びる」と言い切る岡田彰布新監督のもと、レギュラー奪取を狙う若手たちがそれぞれのポジションで成長、進化、そしてアピールを試みた。


     高卒4年目の小幡竜平もその一人だ。就任早々から指揮官の“色”を反映する起用がなされ、期待の高さがうかがえた。

     今季は主に二塁で出場していた背番号38が、本職だった遊撃に再コンバートされたのは10月のみやざきフェニックス・リーグ。当時は二軍監督だった平田勝男ヘッドコーチに、岡田監督から「小幡は遊撃で固定」と指令が飛んだ。

     秋季キャンプ中、監督が守備力を重視する遊撃レギュラーの条件の1つに挙げたのは「肩」。ホームの甲子園はイレギュラーバウンドも多い天然芝とあって、「良い体勢で捕球できることは少ないからな。そういう時に最後生かされるのは地肩」と説明した。その意味でも、チーム随一の強肩を誇る「遊撃・小幡」はうなずけた。

     ここ2年連続でレギュラーを張った正遊撃手の中野拓夢を二塁にコンバートしてまで、強肩のショートを求める監督。小幡本人も意気に感じないはずがなく、「二遊間は人は多いですけど、その中で一番アピールできるように。アピールポイントは肩なので、そこを見せられたら」と、お眼鏡にかなう守備力を見せるべく意気込んでいた。


    ◆ 頭角を現した対抗馬

     本命・小幡で動き出した遊撃争い。だが、キャンプが始まってから徐々にその形勢は変化していった。

     「再び」という形で存在感を示したのが木浪聖也。1年目の2019年に113試合出場を果たすなど、レギュラーを勝ち取りながら、ここ2年は中野にポジションを奪われる形に。今季も41試合の出場にとどまっていたが、この秋に岡田監督の目に留まる。

     「ちょっと再発見やな。思っている以上に肩は強い」と、ここでもやはり肩の強さを評価。元々打撃には定評があり、攻守の総合力では小幡を上回る存在と言えた。


     この秋で2人に明確な差はつかず、決着は来春に持ち越された形。岡田監督は「最初は簡単に小幡でいこう思ったけど、簡単にいけへんようになってきたなぁ、木浪を見たら。ショートは打たんでもいいと思ってたけど、これは小幡も打たんとな。上のレベルでの悩みやから困ってるけど、嬉しい困り方」と、木浪の猛烈な追い上げを強調した。

     当初は守備力が判断基準になっていたが、木浪の出現で打撃も求められる様相。連日の早出特守で、二塁時にはそこまで意識しなかった送球までの足の運びや、さばき方を反復練習でたたき込んだ小幡も「力強さが必要になってくる。オフはそこをやるだけ」と、課題である打撃へ意識を向けることを忘れなかった。


     岡田監督は3月のオープン戦からレギュラーを固定する方針で、レギュラーシーズンでも各ポジションで複数選手の併用には否定的。すなわち、指揮官の前でアピールできるのは来年2月の春季キャンプの1カ月だけというだけでなく、そこで来季の命運も決まる可能性すらある。

     課題克服と長所を磨くオフを経て、開幕戦で遊撃の位置に立っているのは小幡か木浪か、それとも……。定位置争いはあっという間にクライマックスを迎える。


    文=チャリコ遠藤(スポーツニッポン・タイガース担当)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0a93aacfbd1c7311f898991048408caebf324b15


    📝番記者コラム🔍 阪神の遊撃手争いがヒートアップ! 本命・小幡を脅かす存在に新監督も「嬉しい困り方」 ✍ チャリコ遠藤( @sponichi_endo ) 👉  https://baseballking.jp/ns/column/347997  ✅ ベストナイン獲得の中野を二塁へコンバート。遊撃のポジションを射止めるのは…?👀 #tigers pic.twitter.com/xkEhVCyBki



    小幡か木浪でショート争いしてるけど結局開幕してしばらくすると中野に変わってそうという予想しとく


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は21日、高知・安芸の秋季キャンプを打ち上げた。岡田彰布監督(64)は激しい遊撃争いにニンマリだ。

     レギュラーについて「一番迷ったのはショートやな」と吐露。「最初は小幡でいこうと思っていたけどな、簡単にいけへんようになってきたな、木浪の姿とか見たらなあ。うれしい困り方やな、ハッキリ言って」と明かした。ともに強肩を評価するが、「基本的に守りだけでいいと思ってたけど、小幡も打たんとあれやな」と打撃向上も指令した。小幡は「チャンスだと思って、自覚してアピールするだけ」。木浪は「守備は100%信用してもらえるように守るのが第一だけど、打てるに越したことはない」と闘志を燃やした。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd9ed64e127f4d7d313479e1681e65bf10fff4e8


    【阪神・岡田監督語録】ショートは小幡?木浪?「困ってるけど、うれしい困り方やな、はっきり言って」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/22/kiji/20221122s00001173105000c.html  どん様…木浪君の魅力に気づいちゃったか…🥹 pic.twitter.com/cqvwe2jfyz



    @tamae_mcz 来年楽しみすぎる!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の小幡竜平内野手(22)が18日、高知県内のチーム宿舎で契約更改に臨み、300万円増の1400万円でサインした。高卒4年目の今季は、49試合に出場して打率・188、1本塁打、5打点。4月24日のヤクルト戦(神宮)で、プロ通算194打席目で初本塁打を放った。

     二塁と遊撃を守れ、守備固めで存在感を見せた。年棒の微増を勝ち取り「スタメンは少なかったけど、1軍の僅差のゲームで、守備固めとして、そこは評価してもらえたと思う」と語った。

     守備力が光る一方で、打撃面の課題が多く、レギュラー定着に至っていない。岡田新監督は肩の強さを買って遊撃手として育てることを、就任後から明言している。その期待に応えるべく「プロに入ってから常にレギュラーを目指してやっているが、その中でも来年はすごいチャンスになってくると思うので、しっかりつかみ取れるように頑張りたいと思う」と、5年目の飛躍を誓った。(金額は推定)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44b793db1087534c98f77c4df17d95e5ed4de521


    阪神・小幡 プロ初アーチ&堅守で300万円増の1400万円 レギュラー奪取へ「来年はすごいチャンス」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/44b793db1087534c98f77c4df17d95e5ed4de521  来年はチャンス 監督がくれるなんてそうそうないこと 虎の源田壮亮になってくれよ!! #小幡竜平  #阪神タイガース



    阪神・小幡 プロ初アーチ&堅守で300万円増の1400万円 レギュラー奪取へ「来年はすごいチャンス」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/44b793db1087534c98f77c4df17d95e5ed4de521  来年は飛躍の年になってほしいものだ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     岡田彰布監督(64)率いる、新生阪神の秋季キャンプが高知県安芸市で行われている。コーチングスタッフも一新された中、インタビュー企画「新コーチに聞く」の第4回は馬場敏史内野守備走塁コーチが登場。

      ◇  ◇

     -第4クールが終了。ここまでを振り返って。

     「ケガ人が出ていないというのが僕はいいと思う。ちょっと植田君はケガで帰っちゃったんですけど、その他は故障者もなく練習もこなせている。一番うれしいことですよね。その中で岡田監督も言われている通り、結構、ポジションの変更もあるのでね。早々にやっていかないとなかなか間に合わないかなと思っていたのですが、その中でもしっかり取り組めています」

     -岡田監督からこういう部分を大切にしてほしいなどの話は事前にあったか。

     「一回、監督がこうやって(正面に入って前で)捕れということを言われたので、そこを意識しながらみんなに教えています。『衝突気味に捕るのではなくて、足の運びも意識しなさいよ』ということも言われていると思う。コミュニケーションを取りながら選手たちとやっています」

     -岡田監督はシーズンで二遊間を80%以上固定させたいと話している。

     「大事なところですよね。センターラインは昔からよく言われていますけどね。バッテリー含めたセンターラインはすごい大事。やっぱり二遊間はしっかり守ってほしいというのはあるので。しっかりボールを握り返すことが多いポジションなので、余計にそういうところはね。ポジションが変更になったところで、一生懸命やってくれている。中野も合流してきたしね」

     -遊撃からコンバートすることになった中野の二塁の動きは。

     「『ほとんどセカンドはやったことある』というふうには聞いているのでね。勘が取り戻せる段階にはあるのかなという気はします。その中で、もう少しこうした方がいいよというところは伝えているのでね」

     -具体的には。

     「やっぱり逆の動きになっちゃうのでね、ゲッツーとか。スローイングも逆になっちゃうし、そのところは重点的にやっていかないといけないという気はしますね」

     -小幡の遊撃についてはどう見ている。

     「やっぱりいいものは持っていると思う。まだまだ伸びしろがあると思いますから、そこをしっかりと伸ばしていかないといけない。小幡と今であれば木浪ですね。あの辺は、しっかり守りができるというところがあれば、チームにとってもプラスになる。小幡だけじゃなくて、どんどん戦力になってほしいとは思っているので、そこで競争してもらえればなと思います」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b5558abfbc188630ae7cc35a11c9a75a44645d6


    ショート小幡くんには伸び代があると! 木浪くんにも期待! 【新コーチに聞く・馬場敏史内野守備走塁コーチ(上)】遊撃・小幡、木浪守りできればチームにプラス/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/11/18/0015817502.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

    このページのトップヘ