とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    山本昌

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    MCを務めるトーク番組「マサNOTE~山本昌が記す球人の軌跡~」が放送中の山本昌が2021年のプロ野球を大胆予想。まだ、オープン戦が始まっていないというタイミングでの無茶ぶりだったが、50歳まで現役を続けたプロ野球界のレジェンドならではの視点で、セ・パ両リーグの順位と注目選手について語ってもらった。

    ――まだ、オープン戦が始まっていない時点(2月下旬に取材)での予想になりますが、まずはセ・リーグの順位からお願いします!

    「Aクラスは阪神、中日、巨人の順。4位以下は広島、横浜DeNA、ヤクルトかなと。オープン戦の内容やケガ人の有無、選手それぞれの調子などで多少変わってくるかもしれないですけど、大体こんな感じになりそうだなと思っています」

    ――阪神タイガースを1位にした理由は?

    「タイガースはピッチャーがいいですからね。かつて、中日で活躍していたチェン(・ウェイン)と昨年韓国で20勝したアルカンタラが加入しましたし、ガンケルもいる。そして何といっても藤浪(晋太郎)くんでしょうね。彼の調子次第では中日と順位を入れ替えたいなと思っています。野手ではロハス・ジュニアとルーキーの佐藤(輝明)くん。ただ、順位予想をする時は、ルーキーには期待をするけど計算に入れないというのが僕のスタンス。まぁ、佐藤くんが活躍できるかどうかは関係なく、今年の阪神は面白い存在になると思います」 

    ――昨年、8年ぶりにAクラス入りを果たした中日も優勝を狙える位置に?

    「大野雄大を筆頭に、柳裕也、梅津晃大、ロドリゲス、福谷浩司、松葉貴大、笠原祥太郎、小笠原慎之介、清水達也と、どんどん名前が出てくるぐらい先発投手陣が充実しているんです。もちろん中継ぎもね。だから、多少元気がない選手が出てきたとしてもローテーションをしっかり回すことができるのは強み。野手陣も若くて活きのいい選手がたくさんいますから。投打が上手くかみ合えば十分戦える力を持っているチームです」

    ――昨年、独走状態だった巨人は3位?

    「中日とは逆で、巨人の場合は菅野(智之)選手と戸郷(翔征)選手ぐらいしか勝ち星を計算できるピッチャーがいないんですよ。そういう中でも原(辰徳)監督はやりくりが上手いから大きく崩れることはないかもしれないですけど、菅野くんがコケるようなことがあったらちょっと心配ですよね」

    ――続いて、パ・リーグの順位は?

    「ソフトバンク、楽天、ロッテ、西武、日本ハム、オリックスの順かなと」

    ――やはり、ソフトバンクが強い?

    「総合力では他球団を上回っていますよね。みんな打つし、何しろ野球が上手い」

    ――その中で、肉薄できるチームは?

    「楽天とロッテに期待したいですね。特に楽天は田中(将大)選手の加入が大きいですよね。さすがに24勝0敗の成績を残した時の力はないかもしれないですけど、その分あの頃よりも経験を積んできているので。15勝して5敗、6敗ぐらいかなというイメージ。まぁ、彼の成績が悪かったら、それだけ日本の野球のレベルが高いということが証明されるわけですからね。野球ファンとしては喜ばしいことなんじゃないかなと思います。あとは、則本昂大、岸孝之の両選手。この2人が計算通りに勝ってくれれば、昨年ほど大きく離されるようことはないと考えています」

    ――現時点(キャンプ終盤)で注目している選手は?

    「セ・リーグは阪神の藤浪(晋太郎)くん。彼はピッチャーとしてのセンスが抜群なんですよ。まだ、2ケタ勝利を続けていた頃の状態には戻っていないけど、悪かったところは少しずつ良くなっています。今は勝っていた頃のボールを追い掛けている最中。それが今シーズンにハマるのかどうか。藤浪くんが活躍すると大阪が盛り上がるので頑張ってほしいですね」

    ――パ・リーグの気になる選手は?

    「楽天のルーキー、早川(隆久)くんですね。左ピッチャーであんなに完成度が高い選手は久しぶりに見ました。投球フォームはもちろん、真っすぐも変化球も全てがいい。アマチュア時代から素晴らしいピッチャーだなと思っていました。プロ1年目ですけど2ケタ以上の勝ち星を期待したいです」

    文=小池貴之




    山崎武司さんと山本昌さんの順位予想 昌さん。 東海テレビのチャンネルなのにありがとう✨💫 #山崎武司 #山本昌 #順位予想 pic.twitter.com/VTGm9ecNP7



    古田と山本昌は阪神が優勝予想してる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/15(金) 07:46:13.80 ID:CAP_USER9
    野球殿堂博物館が14日、今年度の殿堂入りを発表。プレーヤー表彰、エキスパート表彰はともに該当者なし。2008年以降に2つに表彰が分かれてから両方ともに該当者なしとなったのは初。それ以前を含めると1998年以来23年ぶり12回目となる。また特別表彰ではアトランタ五輪野球日本代表監督などを務めた川島勝司氏と、ノンフィクション作家の佐山和夫氏が選出された。

     「残念ながら該当者はありませんでした」
     NPBのコミッショナーで野球殿堂博物館の理事長である斉藤惇氏が、殿堂入りの通知式で、そう発表した。競技者表彰は、2008年以来、引退後5年以降の選手で、その後15年間が選考対象となるプレーヤー表彰と、監督、コーチ引退後6か月以上、もしくは引退後21年以降の選手が候補者となるエキスパート表彰に分けられたが、どちらも当選ラインに届く候補者がいなかった。プレーヤー部門は2年連続2回目。エキスパート部門では6年ぶり5回目の事態となったが、両方が同時に選ばれなかったのは初だ。
     プレーヤー部門で該当者なしとなった理由はハッキリとしている。
     実は、今回、山本昌氏、谷繁元信氏、井端弘和氏、小笠原道大氏、川上憲伸氏、斎藤隆氏、高橋由伸氏、谷佳知氏、西口文也氏、松中信彦氏、和田一浩氏の11人の新たな候補者が加わり、候補者人数が30人に膨れ上がった。昨年の候補者は21人だったから9人増だ。
    プレーヤー表彰は15年以上の取材歴のある野球記者、エキスパート表彰は、表彰委員会幹事、殿堂メンバー及び、30年以上の取材歴のある野球記者の投票により選考され、有効投票数の75%以上を得票した候補者が殿堂入りを果たすことになっているが、今回、票が割れたのだ。
     野球殿堂には、前年度の次点者が、抜けた当選者の票を翌年にもらって当選となる“年功序列”の傾向が見られるのだが、昨年、当選ラインに7票足りない259票(73.2%)を獲得していたヤクルトの高津臣吾監督は、今回、票が伸びずに前回とまったく同じ259票(72.3%)に留まった。今回は10票足りなかった。横浜DeNAの監督を退任したアレックス・ラミレス氏も昨年と同数の233票(65.1%)である。
     彼らが、本来、得られたであろう票を食ったのが、初候補で244票(68.2%)を集めて2位に躍進した山本昌氏と138票(38.5%)で6位に入った谷繁氏の中日OBコンビだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/766f67c2dcb867561029a5aa30051c0439cf84d9
    1/15(金) 7:32配信

     

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/15(金) 07:47:24.76 ID:RcN7/QDD0
    リー兄弟の兄、元ロッテのレロン・リー氏と、元オリックス(阪急)、ダイエーで10年間プレーしたブーマー氏だ。
     リー氏は、首位打者、本塁打、打点のタイトルを総なめにし、4000打数以上の生涯通算打率.320は、歴代2位の記録。ロッテでの11年間の通算安打は1579安打(日米通算1983安打)、283本塁打だったが、候補者から消え、ブーマー氏は、首位打者2回、打点王4回、最多安打4回で1984年には打率.355、37本塁打、130打点で3冠王を獲得しているが、一度、候補者から消え、今回復活した。日本球界でのプレー年数と実績から言えばバース氏よりも、この2人が上。そのブーマー氏に票を取られ、バース氏の殿堂の歴史を塗り替える当選が幻に終わったのも皮肉なものである。
     実は、今回、候補者数を広げることには、表彰委員会の内部で意見が分かれたという。候補者は表彰委員会が、東西の幹事の意見を持ち寄って決定するが、「プレーヤー表彰は20人に絞るべきだ」、「いやできる限り増やしていい」などの議論がなされた。候補に選ばれ、名前が挙がることそのものが名誉との見方もあるが、30人に拡大された時点で、「票がばらけて当選者が出ないかも」と危惧する声が上がったという。プレーヤー表彰は7人以内の連記方式で、今回、一人平均5.7人の記名と、昨年の5.4人より投票数は上がったが、結果、分母が大きくなり、75%をクリアするために必要な投票数も増えることになった。
     

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/15(金) 07:47:29.19 ID:RcN7/QDD0
    来年度は、プレーヤー表彰では、2年連続トップ投票となった高津氏、山本昌氏、エキスパート表彰では、トップ投票のバース氏と、73票(54.5%)で2位となった掛布雅之氏の阪神が日本一となった1985年のクリーンナップの同時殿堂入りへの期待感も高まるが、この候補者数問題をクリアしなければならないだろう。
     1992年に野球殿堂入りしており、投票権を持つ広岡達朗氏は、今回、候補者数が増えたことに異議を訴えて、投票権の返上を一度、委員会に申し立てている。
    「殿堂入りの該当者なしの結論は正解です。そもそも、なぜこの人が候補者になるのか、というふさわしくない人物まで候補になっている。私は、それを聞いたとき、誰でもかんでも名前を出すことは止めなさい、選考から降りるという話もさせてもらった。殿堂とは権威のあるものでなければならない。殿堂入りの定義をもう一度よく読んでごらんなさい」
     1959年に創設された日本の野球殿堂は「日本の野球の発展に大きく貢献をした方々の功績を永久に讃え、顕彰するため」と定義されている。
     広岡氏が示唆した「ふさわしくない候補者」が誰かはわからないが、異議を申し立てたのは、この定義の「大きく貢献をしたかどうか」という部分なのだろう。
     それこそ曖昧な定義である。そこは投票者の判断に委ねられることになっているが、広岡氏は、殿堂の権威と品格は守られるべきだと考えている。
     この日、特別表彰で殿堂入りしたノンフィクション作家で、高野連の顧問として21世紀枠の創設の理念作りにも携わった佐山和夫氏は、こんな話をしていた。
    「20世紀の野球は、強さ、勝つこと、倒すことに価値を置く戦争の世紀。今後は、そこから脱却し、まったく違う多様な価値観を身につける必要があるのでしょう」
     多様性の時代だからこそ、幅広く、いろんな人に選ばれる権利があってもいいのかもしれない。だが、選ぶ側に見識がなければ、多様性は単なるポピュリズムに置き換えられることになってしまう。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1610664373/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     中日ドラゴンズOBで野球解説者の山本昌さんに、今シーズンのセ・リーグの順位予想を依頼。

    「まだキャンプも見てないですし正直これは無茶ぶり」と言いながらも「でもこうです」と明かしてくれた順位は…。

    1位:阪神
    2位:中日
    3位:巨人
    4位:DeNA
    5位:広島
    6位:ヤクルト

     まず1位は補強に力を入れた阪神。「外国人選手が余るぐらい。これが額面通り働いたら、優勝に一番近いかなと思います」と理由を説明。

     古巣の中日については、6球団の中で一番ピッチャー陣が安定しているとして、巨人より上の2位に。そしてその巨人については、「もし菅野投手が抜けたらBクラスもあるかなぐらいに思っています」と指摘しました。

     一方、中日は「控え選手の層が薄い」と話し、調子が悪い選手やケガ人が出たときに勝てないと、弱点を説明したうえで「底上げできた時は、阪神とひっくり返っても全然不思議ではない」と優勝へのカギを話しました。

     しかし、最後には「ただ、とにかくキャンプを見ないと分からない。キャンプをしっかりとチェックしていきたいと思います」と改めて現時点での予想と説明しました。

    東海テレビ




    おや、山本昌さん阪神を1位予想か



    山本昌、名古屋の番組でも阪神1位予想してて草


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨秋と今春、阪神のキャンプで臨時コーチを務めた、野球評論家の山本昌氏(55)が30日、関西テレビの「爆笑!2021年はこうなる宣言」に出演。2021年の順位予想でセ・リーグの1位に阪神を挙げた。

     山本氏は阪神の来季について「レギュラーを固定して優勝へ」と提言。キーマンとして投手では藤浪、高橋を、野手では大山、近本の計4選手を指名。特に藤浪については「32年プロで野球やってきて、これだけのポテンシャルのある選手を見たことがない」としたうえで「15勝5敗くらいのピッチャー」と期待した。

     セの順位は1位阪神、以下中日、巨人、DeNA、広島、ヤクルトと予想。パ・リーグは1位をソフトバンクとし、以下楽天、ロッテ、西武、日本ハム、オリックスとした。

     来季の阪神に大きな期待をしている山本氏だが、阪神とソフトバンクが日本シリーズで激突した場合、勝つのは「ソフトバンクじゃないですか。強いですもん」とあっさりと答えた。




    山本昌さんが阪神優勝予想? あかん優勝してまう🤭



    ミスを減らして、みんなが普通に力を発揮すれば来年はかなりチャンスあり🙂 山本昌氏 阪神優勝を断言「仕事の多い順じゃないですよ」キーマンに藤浪ら指名(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201230-00000100-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 山本昌さん・スペシャルインタビュー

     新型コロナウイルスの影響により、予定よりも3カ月遅れて開幕した2020年のプロ野球。「無観客」でのスタートに、「交流戦」や「オールスター戦」の中止、セ・リーグでは「クライマックスシリーズ」も中止となるなど、さまざまな面から“異例のシーズン”と言われた中で、なんとか全12球団が120試合の短縮日程を消化することができた。

    ☆【SPインタビュー】パ・リーグに対抗するために…山本昌さんの提言!ポイントは「交流戦」と「ポストシーズン」


     そんな歴史上類を見ない“異例のシーズン”を、プロ野球解説者たちはどう見たか…。

     ベースボールキングでは、プロ野球OBで解説者である山本昌さんにコロナ禍で行われた今季のプロ野球についてインタビュー。振り返りを踏まえたうえで、来季注目する選手についてもお話を伺った。


    ◆ 「18勝3敗のピッチャー」

     何を語るにしても“異例の”という言葉が付きまとった2020年。上でも触れているように、プロ野球界もまさに“異例のシーズン”となったが、その中で「印象に残った選手、来季期待する選手は?」と山本昌さんに問うと、迷わず「藤浪晋太郎」の名前を挙げた。

     思えば、2019年の秋、そして2020年の春と阪神で臨時コーチを務めている山本昌さん。中でも“藤浪再生”というテーマは各メディアがこぞって取り上げていて、シーズン中にも藤浪についてのコメントやエールが紹介される機会が多かった。

     そんな“愛弟子”とも言える存在について、「やっと形になってきた」と、今季の奮闘ぶりには手ごたえを得た様子。つづけて、「おそらく、本人も来年は先発がしたいと思っているでしょう。ポテンシャルを100%出すことが出来たら…どうでしょう、18勝3敗くらいのピッチャーだと思います」と、来季の飛躍に大きな期待を寄せる。


     たしかに、今季は24試合の登板で1勝6敗、防御率4.01という成績も、10月は11試合に登板(うち先発が1試合)して防御率1.76という好成績をマーク。球団最速となる162キロを甲子園で計測するなど、終盤に進むにつれて安定した力を発揮した。

     11月は2試合先発で勝ち負けつかずも、その内容は6回無失点と5回無失点。先発復帰への光明も見えた中でシーズンを終えている。

     「今はおそらく、ポテンシャルの70%くらいしか出していない。フルで発揮できれば、20勝しても全然不思議ではない投手ですよ。ちょっとずつ、掴んで来たなという感じのボールに見えましたので、残りの30%を来年、どうにか」。

     良い形でシーズンを締めくくり、加えて通算219勝を誇るプロ野球界のレジェンドがこれほどまでに潜在能力を高く評価しているのだから、これは期待しないわけにはいかない。


     藤川球児の引退や、守護神ロベルト・スアレスの去就が不透明だったことから、来季の起用法に関しては読めない部分もあったが、ここに来てスアレスは残留が決定的という報道も出てきており、また本人も16日の契約更改で先発へのこだわりを明言した。

     プロ9年目の来季こそ完全復活、そして山本昌さんの期待に応えるようなキャリアハイの活躍を…。虎の命運を握る、背番号19の逆襲から目が離せない。


    文=尾崎直也

    BASEBALL KING




    ロハスが三冠王取って藤浪が20勝すれば優勝や!!!



    スアレス 2020セーブ王 アルカンタラ KBOで今季20勝2敗 陳偉殷 日米通算95勝 サンズ 今季19HR 19KBO打点王 ロハスJr. KBOで47HR 135打点 アルカンタラor陳偉殷が× →藤浪や岩貞がローテに回り、今季12ホールドのエドワーズがブルペンへ ロハスJrがロサリオになる→OPS.816のマルテ 阪神隙がない


    続きを読む

    このページのトップヘ