とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神4-1DeNA」(18日、甲子園球場)

     阪神、オリックスで監督を歴任した本紙評論家・岡田彰布氏が18日、阪神-DeNA戦を解説した。阪神は先発の伊藤将司投手が9回3安打1失点で完投。チームを5連勝&3位に浮上に導く好投を称賛した。また阪神は現在Aクラスを争っている広島、DeNA、中日よりも「戦力は上」とし、一歩抜け出す戦いを期待した。

       ◇  ◇   

     伊藤将はDeNAの早打ちにも助けられた面もあったとはいえ、わずか94球での完投は素晴らしい。状態はそこまで良くなかったとは思うが、持ち味の制球力を生かした投球だった。

     初回からDeNA打線はファーストストライクからスイングしてきており、大田の先制ソロも初球を打たれたものだった。

     だが、伊藤将は二回以降、ほとんど真ん中を含めたあまいコースへいくボールはなかった。ほとんどの球をコースや低目に制球し、相手の打ち気をうまく利用して打ち取っていった。

     DeNAの先発野手は佐野以外7人が右打者だったが、伊藤将はチェンジアップが良く、右打者が並ぶ打線の方が投げやすいのかもしれない。今日もチェンジアップが効いていた。

     DeNAベンチは右打者に「チェンジアップを引っかけるな」という指示を出していたと思う。だが、伊藤将は直球やツーシームをうまく交えており、DeNAの右打者はチェンジアップを引っかけないように打つとライトフライ、普通に打つと引っかけたゴロとなっていた。うまく術中にはめた投球だった。

     また、伊藤将は初回に先制を許したが、打線が直後の初回の攻撃で佐藤輝の2点二塁打で逆転してくれた。「すぐ逆転してくれた」ということを意気に感じたと思う。二回は三者凡退。三回に大山の2ランで追加点を奪った直後の四回もクリーンアップを三者凡退に仕留めた。

     17日のDeNA戦も初回に青柳が失点した後、すぐに打線が4点を奪って逆転した。チームとしては投打がかみ合った戦いで、いい傾向が続いている。

     阪神は今後、今カードを含めた6カードで広島、DeNA、中日と対戦する。阪神は戦力を見れば、この3チームよりも上だ。今後、Aクラス争いが「どんぐりの背比べ」になるともつれる可能性がある。まずは直接対決でこの3チームをたたいて、「諦めさせる」ことを目指してもらいたい。




    今こそ、一気に浮上するチャンスです。 岡田彰布氏 伊藤将の94球完投に「うまく術中にはめた」チームはどんぐりの背比べから抜け出せ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/18/0015397647.shtml  @Daily_Onlineより



    @Daily_Online ええ〰️感じですね~☺️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(64)が、自身の経験を基に球界の話題を深掘りする「岡田辞典」。今回は再開されるリーグ戦へ交流戦を勝ち越した阪神について語った。

      ◇  ◇

     交流戦はセ・リーグが勝ち越したな。2年連続の勝ち越しは初めてか。パ・リーグの戦い方を見ていると、投手は以前よりも「力勝負で内角を攻める」という印象があまりなくなった。今年は打者も全体を見たら、あまり良くなかったように感じたな。

     今までならセのチームは「交流戦を何とかしのいでリーグ再開へつなげよう」という感じやったけど、今年のヤクルト、阪神、DeNAは17日からのリーグ戦へいい形で入れそうやな。

     阪神は最終カードでオリックスに3連勝してリーグ4位に浮上した。交流戦に入る時に12もあった借金は6まで減って、3位・広島とは2ゲーム差でAクラスも狙える位置に来た。

     セの順位を見ると、首位・ヤクルトは2位・巨人に7ゲーム差をつけて抜けてるけど、まだ他チームも上位を狙える状況や。阪神は交流戦で大きく勝ち越せたことはええことやけど、リーグ戦は「またゼロからのスタート」という気持ちで、引き締め直して臨んでもらいたいな。

     リーグ戦再開後の6カードを5位・DeNA、3位・広島、最下位・中日、DeNA、中日、広島という順番で戦う。同じような成績のチームと戦うだけに、Aクラスを狙っていくためには、ここで取りこぼすことは避けんとあかん。

     リーグ戦は他のチームもいい投手から再スタートできるとはいえ、阪神はやっぱり投手力が武器。交流戦の2位も投手が頑張ったことが一番大きいと思うし、今後への課題はやっぱり点を取ることやろう。

     チームとしたら、青柳を中心とした先発投手が安定しとるから、「先行逃げ切り」という形を作りたい。だから「相手の先発投手からどうやって点を取るか」ということを考えて試合に臨んでもらいたいな。




    (リーグ戦は)またゼロから(のスタートという気持ちで引き締め直して臨んでってほしいん)よ、おーん← 岡田彰布氏 阪神はリーグ戦再開に向けて「ゼロからのスタート」という気持ちで/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/14/0015384987.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任した本紙評論家・岡田彰布氏が12日、開幕から39試合で10度も零封負けを喫した阪神に現状打破へ提言した。矢野監督が常々求めている浮上への「きっかけ」を作るためにも、選手起用の段階から地に足を着けて判断していく必要性を説いた。

      ◇  ◇

     阪神の貧打は深刻な状況だ。矢野監督は「きっかけ」という言葉をよく口にしている。だが、「きっかけ」の作り方をもう一度、考えてもらいたい。

     10日の広島戦は大山、佐藤輝を外野に回してまで一塁にマルテ、三塁に北條を起用した。これは以前からずっと言い続けていることだが、大山と佐藤輝はチームの軸となる選手。「一塁・大山」、「三塁・佐藤輝」は固定するべきだ。

     開幕4番を任せた佐藤輝は2番、3番も打った。守備位置も右翼、三塁と先発どころか、試合の中でも動いている。大山も同様だ。これでは選手は戸惑うのも無理はない。「きっかけ」が欲しいとはいえ、動かす選手を間違っている。

     また、2軍から上がってきた選手を「きっかけ」として期待して起用するのであれば、万全の状態でなければならない。

     そもそも昇格してくる選手は2軍で好調で、周囲から納得されて送り出されないといけないのだが、北條は左肩手術から復帰し、2軍の6試合で打率・200。マルテも右足のコンディション不良から復帰して6日に実戦復帰したばかりで万全とはいえない。そういう状態の選手を起用しても、「きっかけ」となる可能性は低いだろう。

     選手の見極めも重要だ。糸原は11日・広島戦の六回無死一塁で、坂倉の二ゴロを握り損ねて併殺を奪えず走者が残り、小園の同点打へつながった。チーム内ではリーダー的な立場なのかもしれないが、打撃も打率・196と精彩を欠いている。

     以前、中日・立浪監督が試合途中に京田を2軍へ降格させたことがあった。矢野監督は前向きに戦う方針のため厳しいことはしないだろう。

     だが、成績は数字として出るし、プレーはみんなが見ている。状態が悪ければ外し、2軍で好成績の選手を起用することも手だ。「1軍で試合に出たい」と必死な選手を起用することは「きっかけ」となるだろう。

     外国人選手も同様だ。ロハスは11日・広島戦の1点差の八回1死二、三塁で、初球から2球連続でボール気味の球を空振りした後、空振り三振に倒れた。マルテも含め、今のような状態なら外国人に頼る必要はない。さい配では動くことも必要だが、起用は地に足を着けて考えてもらいたい。




    岡田彰布氏 阪神は「きっかけ」の作り方の再考を 選手起用は地に足を着けて判断を(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ec0b782614a0ad4d15139a6560343354a1cb637e  全くもってその通り。( ˘-˘ )



    思てる事全部書いてくれた‼️ 岡田彰布氏 阪神は「きっかけ」の作り方の再考を 選手起用は地に足を着けて判断を  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/05/13/0015296005.shtml 



    ほぼ全員が思っている事のまとめ。 しかし、聴く耳持たない現指揮官💢💢 岡田彰布氏 阪神は「きっかけ」の作り方の再考を 選手起用は地に足を着けて判断を(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/ec0b782614a0ad4d15139a6560343354a1cb637e 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/04/28(木) 00:02:28.36 ID:CAP_USER9
    最下位低迷の阪神、すでに話題は次期監督に


    開幕ダッシュに失敗し、最下位に低迷する阪神。
    そうしたなかで、すでに次期監督を巡る様々な情報が飛び交っている。


    在阪スポーツ紙記者はこう語る。

    「巻き返しに向けて大型連勝しなければいけない状況ですが、見通しは厳しい。打線に爆発力があるチームではないので、投手力で白星を積み重ねていかなければいけませんが、救援陣の不安が解消されていない。番記者としても明るいニュースを見つけるのが厳しいですね。唯一の光は佐藤輝明の活躍でしょうか。活字にはできませんが、話題は矢野燿大監督の後任人事です。チームをもう一度立て直すためには、選手の意識を変えなければいけないでしょう」


    矢野監督は2月1日のキャンプイン前日に、今年限りでの退任の意向を表明。異例の出来事に選手たちも戸惑いを隠せなかった。
    就任1年目の2019年は3位、2020年は2位、昨年もヤクルトにあと一歩及ばず2年連続2位に終わった。

    3年連続Aクラスという成績は決して悪くないが、「野球の質」を見ると高いとは言いがたい。昨年は4年連続リーグワーストの86失策。
    最少だった巨人の45個の倍近くだった。12球団屈指の投手陣をそろえながら、「守りの野球」が徹底されていない。

    「矢野監督は捕手出身ですが、守備を重視しているとは思えない起用法をする。象徴的なのが佐藤の起用法です。ルーキーだった昨年は右翼を守りましたが、今年は春季キャンプで三塁、右翼と複数のポジションを守らせ、開幕2週間前のオープン戦で二塁にスタメン抜擢して驚かせた。佐藤はアマチュア時代を含めて二塁を一度も守ったことがありません。不測の事態に備えてということですが、守備を重視するならこんな起用法は考えられません。守備位置をコロコロ変えると打撃にも影響が出る恐れがある」(前出・在阪スポーツ紙記者)


    矢野監督が就任以来、能見篤史(現オリックス)、鳥谷敬氏、福留孝介(現中日)ら主力選手たちが戦力構想から外れる形で退団。
    若返りを図り、近年は優勝争いを繰り広げている実績は評価されるべきだろう。選手との絆も固い。

    今年の春季キャンプでは、「1DAYキャプテン」を務めた糸井嘉男の発案で、「予祝」として胴上げすることを提案。
    矢野監督はウインドブレーカーを脱ぎ、3回宙に舞った。本番では指揮官の背番号と同じ数の88回胴上げを行なうと糸井が報道陣に宣言して盛り上がったが、ペナントレースの戦いぶりを見ると実現は厳しそうだ。 


    ファンが熱望する落合阪神

    今年限りで退任する矢野監督の後任として、平田勝男2軍監督、元監督の岡田彰布氏らが候補として考えられる。
    野球解説者として活動しているOBの鳥谷氏、藤川球児氏は指導者経験がないため、1軍監督にいきなり抜擢されることは考えづらい。


    外部招聘として、野球ファンから待望論が強いのが落合博満氏だ。

    中日の監督を務めた2004年から2011年の8年間全てAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝、1度の日本一を達成。
    歯に衣着せぬ発言は健在だ。

    今年3月にYouTubeチャンネル「落合博満のオレ流チャンネル」を開設。
    4月13日の動画では、矢野監督の退任表明に言及し、「辞める人のために誰がやる? プラスアルファとリスク、どっち多いかと言えばリスクのほうが多い。矢野がどういう気持ちで言ったかそれはわからないけど、どうせ言うんだったらシーズン終わってからの方が潔いと思うけどね」と疑問を呈した。

    そして、「矢野に見いだされてレギュラーになってゲーム出ている人間は『矢野が辞めるなら有終の美を飾らせよう』と必死にやるかもしれないけれども、冷や飯くってる人間は『どうせ次誰か来るんだろ』とそっちのほうが多いと思う」と持論を展開した。


    「阪神球団の体質を考えると、落合さんを招聘することは考えづらい。ただ、過去にも野村克也さん、星野仙一さんを外部招聘した経緯があるので可能性はゼロではない。落合さんが監督に就任したら野球がガラッと変わるでしょう。練習量は間違いなく増えるだろうし、守れない選手は使われなくなる。
    四球を選べず、出塁率が低い選手も評価されないでしょう。勝つための野球を徹底する。中日時代は『勝っても客を呼べない』とも揶揄されましたが、阪神ファンが一番に望んでいるのは優勝です。個人的には落合さんが阪神をどう変革するか興味があります」(スポーツ紙デスク)
    1


    このまま低迷が続けば、阪神の話題は「ストーブ人事」にシフトしてしまう。
    セ・リーグを盛り上げるためにも意地を見せてほしい。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc1331f78e0b43955dd9b6aea1d6e6ba71b3e65c?page=1

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/04/28(木) 00:04:09.50 ID:Czb3QEIB0
    落合野球を阪神ファンは受け入れるのか?

    厳しいで。

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651071748/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-3巨人」(17日、甲子園球場)

     デイリースポーツ評論家で、鳥谷敬氏とともにABCテレビの野球中継で解説を務めた岡田彰布氏が、ツイッターでトレンド入りした。ズバズバと忌憚(きたん)なく虎の改善点を挙げていき、「岡田さんの言う通り」「岡田さんを全肯定」といったつぶやきがネット上で見受けられた。

     七回無死一塁の場面で阪神ベンチがヒットエンドランなど戦術を仕掛けなかったことで「ここはほんまに1点でええんやけど、打て打てで負けが込んでるから一気に行ってしまいたくなるんよ。そうすると余計にうまくいかなくなる」と指摘。この回は結局、無得点に終わった。

     さらに九回無死一塁でも動きがなかったことに「打てなかったではなく、監督のさい配で勝ちましたと言えるゲームがあってええんよ。ずっと打たせてるだけでは、この流れが悪い中でなかなかね。これは結果論ではなく、仕掛けないと結果は出ないやないですか」。改善点を語りつつ「今の阪神は貯金10くらいあって、どっしりと構える横綱野球をやっている。勝っていたらそれでいいんやけど、今は負けてるんやから。どっしりとした野球はダメですよ。とにかく動かないと」とマイク越しに古巣へメッセージを送っていた。




    テレビでだけど、久しぶりに野球見た。岡田彰布氏、監督やりたそう。



    岡田彰布氏トレンド入り GT戦解説で虎の改善点をズバズバ「監督の采配で勝ちましたでええんよ」(デイリースポーツ) ほんと横綱野球でしたねw  https://news.yahoo.co.jp/articles/eaf2cbf26d1f2bdda65b42eeabe0e235feb9c638 



    岡田彰布氏が指摘した七回の攻撃 チーム状態が悪い時こそ「あわよくば」ではなく「謙虚」に(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/82edd7a64a415cb8579c37f0cab019442b2a098a  岡田さんに同意


    続きを読む

    このページのトップヘ