とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡義朗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人3-2阪神」(21日、東京ドーム)

     投手がしっかり仕事をして、好調な打線がそれに応える。阪神の、ここまでの躍進は、投打のバランスの良さにあることは、間違いない。ただ、敗戦にあっても、それだけにとどまらない強さもあると感じる試合だった。

     まずは初回の守り。阪神が2点を先制し、一回裏、1死一塁で梶谷が緩い二ゴロを打った場面だ。

     ここで糸原は思い切りよく一塁走者を二塁で封じた。一塁送球でも責められない当たりだったが、このプレーによって、早く追いつきたい巨人は、攻撃に焦りが出た。

     一走・梶谷がディレードスチールを試みたが、無理がたたって憤死。もし糸原が一塁送球で2死二塁となっていれば、普通に岡本との勝負が待っており、結果次第ではもっと早く、流れが巨人に傾いていた可能性もある。

     その後、巨人が勝ち越して迎えた七回には2死、一塁に糸井の代走・山本という場面で、山本は2球目に二盗を決めた。

     これも素晴らしい。走る、という決心があればこそ、早いカウントから盗塁を試みることができた。

     加えて相手バッテリーの癖などのデータによる根拠、山本の勇気。それがそろっていると確信し、選手を信頼してサインを出したベンチ。すべてが充実している。

     守り、走りという、目立ちづらいところでも、阪神の“野球力”は高まっている。まだまだ、勝利を重ねていくことを予感させた。




    岡義朗氏の視点 惜敗の阪神は「負けてなお、強さを感じさせた野球レベル」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/04/21/0014262185.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    @Daily_Online こういうの読むとうれしい



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ入りからの4年間で42勝を挙げながら、その後の4年でわずか9勝と苦しんでいる阪神・藤浪晋太郎投手(26)の今季の2桁勝利を断言した。阪神で2009年から3年間、1軍野手チーフコーチを務めたデイリースポーツ評論家の岡義朗氏(67)が、技術、精神両面からの完全復活を予言した。

     今年の藤浪は期待できそうやね。毎年期待してきたんやけど、今年の期待はこれまでの期待とはひと味違う。技術的な面で言えば、腕の軌道が安定している。彼が追い求めてきた再現性が高いというところが一番大きい。フォームのバランスもいい。7日の紅白戦でのドラフト1位・佐藤輝(近大)との対戦でも、打てるもんなら打ってみいやという感じで真っすぐを投げてるんやけど、これまでのような変な力みがなかった。

     精神面に話を移せば、まず顔色がスッキリしている。変にギラギラもしてないし、落ち着いた目つきをしている。マウンドでの雰囲気もそう。昨年までは、意図せず右打者の内角にボールが抜けた際などに、うなずきながらマウンドで腕の振りを確認するしぐさがあった。これって打者に対して『狙ってませんよ』というある種の言い訳であり、自分の不安を表している証しやから。でも、ここまでのキャンプを見ていると、そういったしぐさが見受けられない。自信を取り戻しつつある証拠だろうね。

     元中日監督の谷繁が現役時代に「技術がなければ、心は落ち着かない」とよく言っていた。藤浪に置き換えれば、技術面での自信を取り戻しつつあることで、心が落ち着いていると言える。

     150キロ以上の真っすぐをコンスタントに投げられるだけで、打者は打ち損じる確率が上がる。さらに打者からすれば、どこに来るか分からないという先入観があるから、簡単には踏み込めない。藤浪はこれを生かさない手はない。今年は10勝できる。そう見ている。




    阪神・藤浪は10勝できると予言 その根拠は(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/20e9398a3e2cda0a26caf00d8089069808902f2a  そう。今年の藤浪君は明らかに雰囲気が違うよね☺️🐯 打てるものなら打ってみろ! という威風堂々としたイメージを感じますね😌🐯





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2-0広島」(21日、甲子園球場)

     どうか大山を優先してあげて…。阪神は広島に完封勝ちを収めたが、復帰したマルテを三塁で起用したことで、プロ入り初めて大山悠輔内野手(25)がスタメン右翼に入った。阪神、広島などでコーチを歴任してきたデイリースポーツ評論家・岡義朗氏(66)は、右翼守備の負担による打撃への影響を心配。本塁打、打点の2冠を争う大事な時期だけに“援護”の重要性を指摘した。

      ◇  ◇

     外国人3人が並んだオーダーは、確かに攻撃力を上げる可能性がある。ただ、その影響で大山が不慣れな右翼で初めて先発起用されたことには、違和感を覚えた。

     矢野監督が「チーム事情」と話したように、内部にしか分からないことは当然ある。単純に批判するつもりはない。あくまで個人的な見解として言わせてもらう。今の大山は2冠の可能性もある打者だけに、慣れた三塁に固定して打席に集中させてあげるべきではないかと思う。

     左翼での先発経験はあるだけに、そういう意味では右翼でも…という発想は理解できる。ただ、外国人と大山の4人で誰を優先させるかとなるとタイトル争いをしている大山ではないだろうか。

     私は現役時代に内野も外野も経験がある。そういう選手にとっては、外野の方が負担は少なく感じる。しかし、三塁が本職の大山は右翼守備にかなり神経を使うはず。これは打席にも影響しかねない。実際、この日は無安打に終わった。

     タイトルを獲得する上では、チームの協力、援護が欠かせない。タイトルとはそれぐらい大事なもの。その後の野球人生にも影響を及ぼす。起用の配慮などでタイトル奪取を援護されれば、信頼関係は強固なものとなり、翌年以降にもつながる。結果的にチーム力も高まる。

     マルテが結果を出したことで、しばらくはこのオーダーが続くかもしれない。そうなると大山のタイトル争いへの影響が心配ではあるが、監督というのは常に全体を見渡した上で最善策を選択しようと考える。その結果がこのオーダーということであれば、外部からとやかく言うつもりはない。大山には守備の負担を乗り越え、タイトルをつかみ取ってもらいたい。そうすればさらにスケールの大きな打者へと成長できる。




    岡義朗氏が指摘…右翼守備は打席にも影響しかねない 阪神・大山は三塁固定でタイトルを(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f22970dda344f302257e77bf49c9c0d64f5103f2  これねめちゃめちゃ思う



    そういうことやんか。>岡義朗氏が指摘…右翼守備は打席にも影響しかねない 阪神・大山は三塁固定でタイトルを(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201022-00000035-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     近づく開幕。今季はコロナ禍の影響で、当面は無観客での開催となるが、当初予定より3カ月遅れで始まる本番に胸は躍る。毎年恒例のデイリースポーツ評論家陣による順位予想。阪神は15年ぶりのリーグチャンピオンになれるのか。パ・リーグは西武が3連覇するのか。

      ◇  ◇

     【藤田平氏】

     阪神を優勝候補にしたのは新外国人選手の補強がうまくいったから。加えてガルシア、マルテと去年を経験した選手がいるのも大きい。

     120試合と試合数が減り、連戦が増えるというところで、投手の数が多いところが優位になってくる。阪神は人員が豊富だし、外国人投手の入れ替えで賄える部分も大きいと見ている。

     昨年は3桁の失策を数えたディフェンス面だが、開幕前最後の練習試合となったオリックス戦では、近本やマルテの好守に代表されるように、守備力の高まりを感じた。これをどうか1年続けてほしい。投手力を売りにしているチームだけに、堅実な守備とワンセットでなければ、つかめるはずの勝利を取りこぼしてしまう可能性がある。

     対抗馬は広島。リーグ4連覇を逃した昨年の反省がチーム全体に広がっていることに加え、一昨年まで3連覇した経験値がある。年代的にも脂の乗った選手が多いのも強みだ。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 広島

     3位 巨人

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 日本ハム

     4位 オリックス

     5位 楽天

     6位 ロッテ

     【佐藤義則氏】   

     セ・リーグは中日、ヤクルトを除く4球団の争いになる。今季は6連戦が増えるため、先発が踏ん張りきれなかった時のリリーフ陣が重視されるなど、例年以上に投手層の厚みが要求される。

     そうなると、阪神が有利か。課題とされた打線も、外国人は未知数の部分もあるが、糸井が3番あたりに入ればしっかり機能し、投打のバランスの取れたチームになる。

     巨人も強いだろうが、手のつけられない打線というイメージはない。攻撃力はDeNAの方が上ではないか。

     パ・リーグはやはり総合力でソフトバンク。西武も打線は遜色ない。涌井も加入し、先発投手陣が厚みを増しつつある楽天にもチャンスがあると見る。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 DeNA

     4位 広島

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 楽天

     3位 西武

     4位 ロッテ

     5位 オリックス

     6位 日本ハム

     【岡 義朗氏】    

     阪神は糸井、近本の1、2番がカギ。固定できれば一気に得点力が上がる可能性がある。長打も足もある1、2番は相手バッテリーにとってかなりの脅威だ。後ろにクリーンアップが控えているだけに、好機でこの2人が打席に入れば歩かされることも少ない。勝負強さもあるコンビだけに、さらに得点力アップが見込める。

     1、2番を固定するということは当然、中軸が固定される必要がある。ボーア、マルテら助っ人勢がクリーンアップとして機能することが大前提。もともと投手力は高いだけに、得点力さえ上がれば優勝へ近づける。

     パは打線だけなら西武が最強。しかし投手力を含めた総合力では、ソフトバンクが上回ると見た。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 広島

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 オリックス

     4位 楽天

     5位 日本ハム

     6位 ロッテ




    タイガースOBで 評論家の方々の 順位予想を見る限り 首位予想されてるのは 意外と少ないね😭 藤田平氏は首位予想! ほとんどの方々は "優勝争いできるが… それには ◯◯が鍵を握る!"と… 鍵を握る選手は たくさん居るみたいやね✨👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/09(土) 10:12:30.85 ID:KeYPl3hO0

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/09(土) 10:13:44.62 ID:KeYPl3hO0
     キャンプからオープン戦までを見ると、陽川や島田ら若い外野手が成長した姿を見せていた。ただその中で特に目立っていたのは、高山だと思う。

     打席の中で粘り強さが出てきていることが大きい。今年は際どいボールを見極められるようになり、打者有利のカウントを作れている。
    オープン戦でも打率・313で、四球を8個選んだのかな。追い込まれてからも厳しいボールをファウルで逃げつつ、甘くなったところを一発で仕留めることもできている。

     ここ2、3年は打撃フォームを模索していたこともあると思うけど、相手に“打たされてしまう”ケースが多かったのではないだろうか。器用な打者で難しい
    ボールにも対応できる半面、その器用さがあだとなって淡泊になる場面も少なくはなかった。

     だからこそ粘り強さが出てきたということは、高山本人にとって大きなプラス材料。選球眼が良く、長打も狙えるバッターは相手投手から見れば怖い。
    今年は打ちにいった中での判断力もいいし、これまで対戦した投手たちが「こんなんじゃなかった」と思うんじゃないかな。

     守備や走塁にしても積極的な姿勢が見える。外野守備ではスローイングスキルが上がっており、
    走塁面では相手バッテリーが変化球を投げてきそうなタイミングで盗塁を仕掛けるなど、明らかに技術が向上してきている。レギュラーを奪うには、守備、走塁のレベルアップが必要不可欠。
    本人が前向きに取り組んできた姿勢が、打撃面にもつながっているのではないだろうか。

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/09(土) 10:13:59.56 ID:KeYPl3hO0
     高山はもう大卒5年目の27歳。2016年に新人王に輝いたが、今年レギュラーを取らないと「後がない」という立ち位置だと思う。他のチームでも広島・菊池涼や巨人・岡本ら、25歳までにレギュラーを取っている選手が中心を担っている。

     昨季は近本、糸井、福留がスタメンに名を連ねることが多かったが、その対抗馬にならないといけない。キャンプから良い形が続いていただけに、チームにとって欠かせない打者になることを期待している。「後がない」という気持ちでレギュラーを奪ってほしい。

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588986750/

    続きを読む

    このページのトップヘ