1


 「阪神3-5ロッテ」(25日、甲子園球場)

 セ・リーグ首位の阪神が、2年ぶりの開催となった交流戦初戦で、ロッテに逆転負けを喫した。

 1点リードの八回に岩崎が、マーティンに今季初被弾となる逆転2ランを浴びた。これが決勝点となった。矢野監督は「そんな完璧なヤツおれへんよ」とここまでフル回転してきたセットアッパーをかばった。

 「俺ら勝負をしている以上、やられることもあるし。でも今まで助けてもらっているんで。別に明日からも行ってもらうし。こういう負けも年に何回かはあると思うんで」と今季初黒星を喫した左腕への、変わらぬ信頼を口にした。









続きを読む