とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岩田稔

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神コミュニティーアンバサダー(CA)で日刊スポーツ評論家の岩田稔氏(39)のトークショー&サイン会が、今月27日午後2時から大阪市北区の「OIT梅田タワー2F セミナー室 203」で開催される。

     1型糖尿病を抱えながら厳しいプロの世界で戦い抜き昨年現役を引退した同氏が、「1型糖尿病と共に-元プロ野球選手のセカンドステージの歩き方」と題して自身の経験やセカンドキャリアなどについて語る。

     また、引退後初となる著書「消えそうで消えないペン」のサイン会も併せて行われる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/755f5cb432b003df90934c84f748b31be8ebbb6c


    同じ病気に苦しむ方にとって、勇気を与えて頂ける方ですね。 【阪神】CA岩田稔氏トークショー開催「1型糖尿病と共に」自身経験やセカンドキャリアなど語る  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211250000610.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1665042606/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/06(木) 16:50:06.04 ID:GAB7YsUnM
    https://news.yahoo.co.jp/articles/94b0b2965a93040a435e4c87d56fdbdf6b553042

    2023年WBCメンバー予想

    岩田稔

    1(左)塩見
    2(遊)源田
    3(中)近本
    4(三)村上
    5(右)鈴木誠也
    6(一)山川
    7(指)大谷
    8(二)吉川
    9(捕)甲斐

    どう?

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/06(木) 16:50:57.93 ID:GAB7YsUnM
    この打順のポイントを教えてください。

    岩田 上位は足でチャンスをつくれるということ。とくに近本は3番に入るといい仕事をしますので、この打線のキーマンだと思います。得点圏にランナーを置いて、村上で還す。さらに、クリーンアップでチャンスを広げたところで、7番に大谷がいる。経験上、7番に一発のある選手がいるのはすごく嫌なんです。ランナーをためて大谷に回したくないですから、5、6番との対戦は慎重になってしまう。相手にプレッシャーを与えるという意味でも大谷の7番は面白いと思います

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    カンテレ(関西テレビ)は5日(木)に生中継する「阪神vsヤクルト」の解説を鳥谷敬氏と岩田稔氏が務めることを発表した。2人が共に解説を務めるのは初めてとなる。

    巨人を相手に敵地で9年ぶりとなる同一カード3連勝を飾るなど、現在6連勝中と絶好調の阪神タイガース。
    5日に甲子園で行われる東京ヤクルト戦で、昨年ユニフォームを脱いだ“元トラ戦士”の2人が、かつて共に戦った阪神の選手たちを“超現場目線”で解説する。

    実は4月の中継で解説初タッグを組む予定だった2人。その際に鳥谷氏は「岩田くんとは初めて一緒に解説するので楽しみです。」とコメント。一方の岩田氏も「鳥谷さんと初めての解説楽しみです!しっかり分かりやすく伝えられるようにお話ししたいと思います。」とコメントしたが、中継前日に岩田氏の家族が新型コロナウイルスに感染し濃厚接触者となったため、岩田氏は出演を取りやめた。今回ようやく長年阪神を投打で支えた2人の解説初タッグが実現する。

    五児の父である鳥谷氏と三児の父である岩田氏。
    こどもの日にちなんだ子育てトークも飛び出すかもしれない。




    【阪神】鳥谷敬氏 & 岩田稔氏 解説で 初タッグ! 5日(木)「阪神 vs ヤクルト」 カンテレで 生中継 (関西テレビ) 👏👏😁面白そ‼️楽しみ🎶  https://news.yahoo.co.jp/articles/71afdb5518b284afaf75c30484ee7eccad5145f5 



    【阪神】鳥谷敬氏&岩田稔氏 解説で初タッグ!5日(木)「阪神vsヤクルト」 カンテレで生中継(関西テレビ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/71afdb5518b284afaf75c30484ee7eccad5145f5  鳥谷よく出るな~😂


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-2中日>◇28日◇甲子園
    阪神が今季初の3連勝を飾った。難敵の中日大野雄大投手(33)を攻略し、逆転勝ちした。2点を追う4回、6人合わせて、わずか9球で3点を奪い逆転した。
    日刊スポーツ評論家の岩田稔氏(38)が解説する。
      ◇  ◇  ◇
    阪神は2点を追う4回裏、ようやく「相手が嫌がる野球」を体現できました。先頭の3番中野が中前打で出塁した直後の攻撃。打線が点ではなく線でつながったことで、中日大野雄に大きなダメージを与えたように映りました。
    無死一塁から4番佐藤輝が軽打で右前に運び、無死一、三塁。5番糸井さんは一、二塁間を破る適時打で、再び無死一、三塁に持っていきました。両打者とも初球を丁寧に引っ張った当たり。最低でも一塁走者を二塁に進める、そんな意図が「チャンスが終わらない攻撃」を生み出しました。
    1点差に迫り、なおも無死一、三塁。ここでは首脳陣の読みも光りました。打席には長打は期待しづらい6番山本。大野雄からすればまずは簡単にストライクが欲しいところで、今度は初球からセフティースクイズです。これが中日守備陣の動揺を誘い、内野安打に。この回打者4人がたった5球で同点とし、最後は前進守備の内野ゴロで勝ち越し。大野雄は相当にストレスがたまったはずです。
    現状、阪神には大砲が佐藤輝しかいません。マルテは2軍でリハビリ中。左足を負傷した大山もいつスタメンに復帰できるか分かりません。そんなチーム状況で難敵の大野雄を攻略するには、スモールベースボールしか考えられませんでした。開幕からの1カ月間は「打てば勝つ」「打てなければ負ける」といった戦い方にも見えましたが、この日は違いました。
    1人1人が役割を全うして後ろにつなぐ。単打や進塁打、内野ゴロで得点を積み重ね、投手を疲弊させていく。「相手が嫌がる野球」を取り戻せたことは大きな収穫です。今季初の3連勝。個々の力に頼れない状況でも勝てる方法を見つけられれば、このまま終わるチームではありません。(日刊スポーツ評論家)




    今季初の3連勝じゃー!!! 糸井さん含め野手陣が3得点すれば リリーフ陣が全員三振を奪う素晴らしいリレー! こういう試合ができるなら阪神は強い!! #阪神タイガース pic.twitter.com/vKCjYL3yrN



    え、ちょっと待って!! 阪神が逆転勝ちしてるんだけど!! 3連勝なんだけど!! とらほ〜~~🐯🐯🐯  https://twitter.com/hanshintigersjp/status/1519645467684278272 



    【阪神】今季初の3連勝や!4回9球で3点奪い逆転勝ち ウル虎ユニホーム負けなし連勝や(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/a43fd93984988735f4b5330186fd33e91618d659  バンザーイ!🐯\(^o^)/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    捕手争いは三つどもえもある!? 昨季限りで現役引退した阪神岩田稔コミュニティアンバサダー(CA、38)が23日、日刊スポーツ評論家に就任し、古巣のキャンプの見どころを語った。

    縦じま一筋16年間の左腕は梅野、坂本のハイレベルな正捕手争いに注目。昨季2軍でバッテリーを組んだ視点も生かし、ダークホースの突き上げも予想した。【取材・構成=佐井陽介】

       ◇   ◇   ◇

    まもなくキャンプイン。白熱必至の正捕手争いに注目します。現状は本命梅野、対抗坂本でしょうか。個人的にはどちらが正捕手を務めるにせよ、1年間固定できればチームはより強くなっていけると思っています。センターラインを固定できているチームはどっしり感が違いますからね。

    現代野球では投手との相性を考慮して、数人の捕手を併用するチームも多くなっています。ただ、投手によって相手をコロコロ替えるとなると、ベンチも気を使います。勝つための道のりに1つ手間が増えてしまう気がします。やはり正捕手を固定できるに越したことはないと考えます。

    僕が戦っていた頃のライバルチームを振り返れば、落合監督が率いていた頃の中日は本当に強く感じたものです。谷繁さんがほぼ全試合マスクをかぶる。谷繁さんのリードについていけるように、投手が各自レベルを上げようと必死になる。絶対的な捕手が君臨すれば、阪神でもそういう「正の連鎖」が強まるのではないかと想像します。

    梅野、坂本とは昨年まで何度もバッテリーを組ませてもらいました。配球面では2人とも甲乙つけがたい特長があります。梅野には独特のひらめきがある。その瞬間に感じたことをリードに反映させて、よく成功につながりました。一方の坂本は裏付け、根拠のある配球に安定感があります。

    梅野は昨季終盤、打てなくなって出番を失った。悔しい思いをどこまで今年にぶつけてくれるのか楽しみです。坂本は逆に最後に出続ける大変さを知って、自分が越えていかないといけない「梅野隆太郎」という壁の分厚さを今まで以上に知ったはずです。2人の対決の行方は正直、現時点ではまだ予想できません。

    もちろん、タイガースが優勝するためには、2人とも頑張ってもらわないといけません。もし梅野が再び正捕手に落ち着いたとしても、サブに坂本がいれば強いですから。その上、若手では有望株の栄枝も控えている。12球団全体を見渡しても、捕手の競争はハイレベルだと断言できます。

    昨年2軍でバッテリーを組んだ大卒2年目の栄枝も、相当に期待してもいい捕手です。とにかく肩が強い。僕の記憶では盗塁を決められたシーンを見たことがない。打撃も悪くない。そして、配球が偏らない。

    僕もそうでしたが、球種が多い投手というのは、試合中に1つ2つ球種を消してしまいがちです。でも、栄枝はバランス良く球種を使い分けて、緩い球も大胆に使ったり、的を絞らせないように工夫してくれる。2軍キャンプスタートではありますが、今年楽しみな選手の1人です。

    阪神にはどの球団でもレギュラーを張れる捕手が複数います。配球面以外でも、梅野にはブロッキングと強打、坂本にはフレーミング、栄枝にも強肩がある。もちろん総合力ではゴールデングラブ賞3度の梅野に分がありますが、坂本と栄枝の頑張り次第ではマッチレースどころか、いつか三つどもえになる可能性すら想像してしまいます。

    その中から誰が抜け出せるか。絶対的捕手の誕生を楽しみにしたいと思います。(日刊スポーツ評論家)

    ◆岩田稔(いわた・みのる)1983年(昭58)10月31日生まれ、大阪府出身。大阪桐蔭-関大を経て05年大学生・社会人ドラフト希望枠で阪神入団。3年目の08年に10勝を挙げ、左のエース格に成長。09年の第1回WBCの世界一メンバー。11年防御率2・29はセ・リーグ5位、14年2・54は同2位。CSを突破して進出した14年ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦に先発。昨季限りで引退。通算200試合、60勝82敗、防御率3・38。現役時代は179センチ、97キロ。左投げ左打ち。1型糖尿病と戦いながら、オフには啓発活動にも務める姿はファンの大きな共感を得た。

    ○…岩田稔氏は母校の関大で「引退記念ファンミーティング」を開催した。1席ずつ距離を取るなど、新型コロナウイルス感染対策を十分に講じ、ラジオDJのU.K.らと現役生活を振り返った。終盤には米アリゾナ自主トレも共にした阪神ジェフ・ウィリアムス駐米スカウト、自身と同じ1型糖尿病患者の子供たちからのサプライズメッセージに感激。自身が社長を務める会社「Family Design M」の立ち上げを発表し、「今後も1型糖尿病患者を支える活動を続けられるように頑張りたい」と抱負を語った。




    【岩田稔】ハイレベル阪神捕手争いで注目する大卒2年目「三つどもえある」(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/a088a0c2146cb7e386754dd8bb3f20a8de1c7cca  岩田は栄枝絶賛✨


    続きを読む

    このページのトップヘ