1


阪神井上広大外野手(19)が左膝を負傷した。DeNAとの練習試合(宜野座)に途中出場後、通称「DEATH(デス)ノック」に北條らと参加。ノックの雨でキャンプ名物になりつつあるメニューだが、打球に飛び込んだ際に左膝を強打した。ノックの列を離れるとトレーナーに付き添われ、左足を引きずりながらグラウンドを後にした。

ノッカーを務めていた井上ヘッドコーチは、井上が志願での参加だったことを明かした。膝には古傷を抱えており、同メニューへの参加を見送っていったが、泥にまみれる仲間の姿にも感化されたという。井上ヘッドはその思いをくみ、「大事に至らなければいいなと思っている。最後まで(キャンプを)完走するという意味では、次のクールはちょっと心配」と話した。24日以降に病院で検査を受け、診断を待つ。




虎テレのdeathノック、別アングルで見たら足を怪我して足を引きずりながらベンチのほうに歩いていく井上君の姿が遠くに…足に古傷があってコーチから止められてたのに、みんなの頑張りに刺激を受けて自分もと志願して参加したのに…見てて痛々しい…😭



明日からのスポーツ紙、デスノックについての言及がどのような切り口になるのか注目しています。煽りに煽るのが仕事とはいえ、表現のトンマナを間違えれば志願した井上君が悪者になりかねないので、そこは最大限の注意を払って欲しいと思います。



デスノックで左膝負傷の阪神井上 古傷抱えるも志願 - プロ野球 : 日刊スポーツ 頑張りすぎちゃったのかなあ デスノックでリタイアは避けてほしかった 松葉杖ついてたし長期離脱にならなきゃいいけど #阪神タイガース #井上広大  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102230001226.html 


続きを読む