no title


<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

先日、入社1年目の只松記者が阪神担当となり、同コラムで意気込みを記していた。私も阪神取材1年目となる。ただ、年は彼より20以上も上で、ぎっくり腰持ちに加えて体力も急激に低下中だ。現場でシーズンを迎えるのは9年ぶり。自己紹介の日々だが、11年までソフトバンク担当をしていたことを告げると「それは強いチームで取材されて…」と、よく言われる。

確かにホークスは今では常勝のイメージだが、かつて弱小とやゆされていた。96年からダイエー取材をしていた私には、97年まで20年連続Bクラスだったころも忘れられない。

転機となったシーズンは98年。夏場に首位と12ゲーム差つけられていたが、巻き返して同率3位でAクラス入り。最終5試合で5連敗してしまったが、V争いの経験は翌年に生きた。99年、王ダイエー5年目で初優勝。00年もリーグ連覇。王監督は「98年の経験が大きかった。選手が本当に勝ちたい、と思った。そこから変わった。そうなれば、こちら(首脳陣)としては、いかに試合で力を引き出してやるかだけ」と、よく語っていた。

今年阪神はシーズン最後に1つも負けられない状況下で6連勝。クライマックスシリーズもファイナルまで勝ち進んだ。矢野監督は球団納会で「この1年ステップアップできたと思います。でも目指すところはもっともっと上にあります」と呼びかけた。その最終盤の貴重な経験を、優勝まで届かなかった反省を、いかに来季の糧と出来るか。秋季キャンプを終え、12月、1月とオフ期間に入るが、重要な2カ月となる。【阪神担当 松井周治】




阪神のキャッチフレーズにしては、確かに攻めてると思う。 ただ、うちの回分の前では、すごい硬派なものに思える(^_^;) 阪神V争い経験生かせ!ホークスも辿った常勝への道(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-11231312-nksports-base 



阪神V争い経験生かせ!ホークスも辿った常勝への道(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 来年、ほんまに楽しみやー 阪神も優勝が現実的になってきた  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-11231312-nksports-base 



阪神ビジター用のユニフォームがグレーのユニフォーム優勝したことあるな よってビジター用をグレーに戻ったから来年阪神優勝を期待できるな 来年こそは阪神優勝だ‼ そして日本一だ‼


続きを読む