とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    常総学院

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    近鉄や阪神などでプレーした天理の中村 良二監督


     29日に今年の春のセンバツの出場32校が決定した。今大会の出場校でプロ野球選手のキャリアがある監督は3名いる。

     まず一人目は昨秋の東京大会を制した東海大菅生の若林 弘泰監督だ。現役時代を投手としてプレー。東海大相模OBで東海大、日立製作所を経て中日でプレーした。引退後は野球から離れていたが、一念発起して大学に入り直し、教員免許を取得。2009年同校の監督に就任すると。2015年春に甲子園初出場を果たし、2017年夏には全国4強入りを果たしている。

     そして昨秋関東準V・常総学院の島田 直也監督も投手として日本ハムや横浜などでプレーし、1997年には最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得した。同校OBでもある島田監督は高校時代、指揮官の故・木内幸男監督(当時)の下、1987年夏の甲子園でエースとして準優勝を果たした。昨年3月から投手コーチとして母校に戻り、監督に就任したのは昨年7月。就任から半年で聖地への切符を手にした。

     もう一人は近畿8強で出場権を獲得した天理の中村 良二監督だ。同校OBで現役時代は内野手としてプレー。3年夏は主将として全国制覇を達成した。高卒ドラフト2位で指名を受け、近鉄や阪神などでプレー。2008年から天理大の監督を務め、同校のコーチを経て2015年に監督に就任。2017年夏には全国4強入りを果たし、センバツは昨年の第92回大会に続き2回目の選出となった。

     学生野球資格回復制度が緩和され、近年は元プロ野球選手監督が増えてきている。今春はこの3名が甲子園の舞台で指揮を執る。彼らの手腕にも注目が集まるだろう。




    島田直也さん(常総学院) 中村良二さん(天理) 甲子園のヒーローが監督として甲子園に戻ってくるなんて✨



    元阪神の天理・中村監督、滑り込みでのセンバツ出場に安堵「厳しいかなと思っていた」/野球/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/baseball/2021/01/29/0014041491.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    3名の元プロ監督がセンバツ出場(高校野球ドットコム) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/06bbb42cca35fa93ab227c4089efcd31bcb1101f  いつか興南に島袋監督が爆誕したりするんやろか


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨秋の関東大会で準優勝し、センバツ出場が確実な常総学院が25日、練習を公開した。センバツ出場チームの発表まで4日に迫り、1年生でベンチ入りを狙う左腕の伊藤地宏は「(出場ならば)1年生らしく思い切った投球で勝ちに行きたい」と意気込んだ。

     昨秋の公式戦は最速145キロ右腕の秋本璃空(2年)と最速146キロ右腕の大川慈英(2年)のダブルエースがチームをけん引。茨城大会と関東大会で準優勝を果たした。横浜(現DeNA)などで投手として活躍した島田直也監督はセンバツでの上位進出を見据え「3枚目の投手が欲しい。誰が戦力になるか見ている」と話す。

     伊藤は最速130キロながら、高い制球力とカットボールなど切れ味鋭い変化球が武器。昨秋の関東大会は決勝の高崎健康福祉大高崎戦に救援で公式戦初登板し、3回を3安打1失点にまとめた。1メートル70の左腕は「自信にもなったが、四球が失点のきっかけになったので防げた1点だった」と冷静に振り返る。

     多彩な変化球を操るが、今冬は新たに落ちるボールと右打者から逃げるボールを習得した。「新しい球種を覚えたことで投球に幅が出た。秋とは違う投球ができると思います」と自信を深めている。

     小学生時はロッテジュニアに選抜され、久寺家中時は京葉ボーイズで5度の全国大会に出場するなど大舞台の経験は豊富。チームで貴重なサウスポーが3番手に名乗りを上げる。

     ◇伊藤 地宏(いとう・ちひろ)2004年5月6日生まれの16歳。小1で野球を始め、6年時にロッテジュニアに選出。久寺家中では京葉ボーイズで全国大会を5度経験。常総学院では1年秋の関東大会からベンチ入り。1メートル70、70キロ。左投げ左打ち。

    続きを読む

    このページのトップヘ