とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    広岡達朗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/03(木) 23:35:05.52 ID:CAP_USER9
    球界大御所が矢野監督の「今季限り退任」表明で揺れる虎に緊急提言…「阪神は次期監督として落合博満にオファーすべき」


    プロ野球のキャンプが1日、沖縄、宮崎、高知、所沢などでスタートした。
    矢野燿大監督(53)が前日に「今季限りでの退任」を明かした衝撃の余波の中で船出したのが阪神だ。

    巨人OBでヤクルト、西武で監督を務めた広岡達朗氏は「今すぐ辞めた方がいい」との辛辣な意見で、異例の事態をぶった斬り、次期監督として中日を4度リーグ優勝させた落合博満氏(68)を推薦した。


    「今すぐに辞めた方がいい」

    何事もなかったように阪神の沖縄・宜野座キャンプが始まった。

    前日の全体ミーティングで選手、スタッフらに「今季限りでの退団」を表明した矢野監督は、グラウンドで行われた歓迎セレモニーで挨拶に立ち、
    「今年は寅年。僕達がリーグ優勝して、日本一になって、その頃には(新型)コロナも収まって、日本中に笑顔を届けられるような未来を想像して、このキャンプ、厳しく、その中でも全員で苦しい練習を楽しみながら乗り切っていきたい」と宣言した。


    もう「今季限りで退任」の問題に触れることはなかったが、ファンや球界からは、賛否両論、様々な反応の声が出た。

    “ビッグボス“こと日ハムの新庄剛志監督は、「それ(開幕前の退任)どっかで聞いたことがある。オレも言っていたよね。早めの引退。似てる」と、自らも、2006年の開幕直後に「今季限りでユニフォームを脱ぐ」と明かして、ラストイヤーを戦ったことに重ねた。
    そして「矢野さんが今年で終わるってことで、選手もいろんな思いがあると思うし、変わるんじゃないですか」と”退任効果”が生まれると予想した。

    このタイミングでの退任表明に疑問を抱いたのは阪神で臨時コーチを務めたこともある“球界大御所“の広岡氏だ。
    「いったいどういうことなんだ? 正直ビックリした。”さあキャンプイン”というタイミングで、指揮官が”今年で私は辞めます”と伝えることなんか聞いたことがないし、信じられない行動だ。相当な決意や覚悟があってのことなのだろうが、その思いは最後まで胸に秘めて戦うべきだろう」

    さらに広岡氏は、こう続けた。
    「果たして1年でいなくなる監督に選手がついていくのだろうか。監督の契約年数は3年でも短い。5年なければ選手は指揮官の方を向かない。辞めるということは監督にとって最大の責任の取り方。結果が出なかったから辞める、チームを強くするための球団の方針に納得がいかないから辞めるというのが責任の取り方であって、最初から“今年で辞める”では責任の所在が曖昧になる。単なる逃げだ。
    それなら今すぐに辞めた方がいい。求心力を失い、チームがバラバラになる危険性がある。このことでチームがまとまり、いい方向、いい結果に結びつくか?と聞かれれば、はなはだ疑問。球団は慰留したのだろうが、最終的に、このタイミングで退任の意向を公表することを認めてしまったことにも問題はある」


    水面下では時間をかけて次期監督選びが始まる。生え抜きのOBか、それとも外部招へいか。
    OBの中でも、若手なのか、経験者なのか。阪神は、様々な選択肢から検討を重ねることになるが、広岡氏が推薦するのは、意外な人物の名前だった。

    「次期監督としては落合にオファーをするべきだ。今の球界で阪神を勝たせることができるのは彼しかいない」
     
    落合氏は、中日で2004年から2011年まで8年間指揮を執り、リーグ優勝4度、日本一1度、2位3度、3位1度と驚異的な好成績を残した。
    監督退任後は、2年間の評論家生活を経て、中日のGMに就任。

    ドラフト戦略には賛否があり結果は出なかったが、ここでも3年間、独自の手法で辣腕をふるい、チームを統括的に立て直した経験を持つ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c867e99c09ffea0db9072e234a2edb3c0c309e04?page=1


    >>2以降に続く

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/03(木) 23:35:18.97 ID:CAP_USER9
    【続き】


    「阪神は昨年優勝にあと一歩までいったが、チーム力があったのかと言えばそうではない。巨人がつまらない野球をやって、こけただけだ。矢野はキャッチャー出身ということもあり、多少は野球を知っている。生え抜きではないが“阪神愛“もあった。だが、井上ヘッドも含め首脳陣が若すぎた。ヤクルトの高津も若い監督だが、彼にはメジャーや韓国、台湾など、あらゆるところで野球をやってきた豊富な人生経験があった。
    監督としての能力差が、紙一重のところで出たと思う。その足りなかった部分を埋め、あと一歩のチームを勝たせるのに最も適した人材は厳しさと粘り強さを持った落合だ。現役時代の素晴らしい成績だけでなく監督としての実績もあり、彼の著書を読んだが、なにより、しっかりとした野球理論、哲学を持っている。彼なら阪神を優勝させますよ」

     
    落合氏は、関西のテレビ番組にゲスト出演し、阪神について語る機会が少なくない。

    先日もMBS系の番組で、阪神OBの掛布雅之氏と対談して阪神や佐藤輝明らについての持論を展開させた。

    中日監督から阪神監督の“横滑り“には、虎を18年ぶりの優勝に導いた故・星野仙一氏の先例もある。
    “劇薬“ではあるが、在野にいる監督候補としては球界大御所さえ認める落合氏がナンバーワンの”優勝請負人”であることは間違いないだろう。

    いずれにしろ、矢野監督の前代未聞の退任表明により、阪神は、ペナントレースの戦いと並行して次期監督選定を進めるという異例のシーズンを迎えることになる。

    落合氏は、関西のテレビ番組にゲスト出演し、阪神について語る機会が少なくない。

    先日もMBS系の番組で、阪神OBの掛布雅之氏と対談して阪神や佐藤輝明らについての持論を展開させた。

    中日監督から阪神監督の“横滑り“には、虎を18年ぶりの優勝に導いた故・星野仙一氏の先例もある。
    “劇薬“ではあるが、在野にいる監督候補としては球界大御所さえ認める落合氏がナンバーワンの”優勝請負人”であることは間違いないだろう。

    いずれにしろ、矢野監督の前代未聞の退任表明により、阪神は、ペナントレースの戦いと並行して次期監督選定を進めるという異例のシーズンを迎えることになる。



    【了】

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643898905/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/14(金) 09:35:22.19 ID:/HVDqgRt0
    ヤクルト、西武を日本一に導いた名将で阪神の臨時コーチなども務めた広岡達朗氏(88)が13日、借金1の3位(13日現在)から優勝を目指す阪神へ「2番打者を育てろ」と檄。打順やポジションに対して、選手がもっとプライドを持って戦うことを求めた。

     ここまでの戦いを見ていて、阪神は十分に優勝できる戦力はあります。だからこそ、現状の成績は物足りない。もっと、出来るはずです。

    例えば前日(12日)のDeNA戦(横浜)では中谷を2番に起用し、逆転本塁打を打ちました。結果的に起用は成功しましたが、わたしは糸原が故障で離脱して以降、2番打者が定まらず、ころころと替わっていることが、気になります。

     最近、大リーグの真似をしてバントをしない2番が日本でも流行っていますが、わたしの考えは違います。2番がぶんぶんと振り回して、一発長打を狙うような米国の野球と、日本の野球とは本質的に違うし、選手の体格も違います。

     打っても3割という確率を考えれば、ヒット、本塁打を期待するのは采配として、虫が良すぎます。2番はバントやエンドランなど小技がきっちりと出来て、相手に球数を投げさせることも出来るような、粘り強い打者が理想。1、2番でチャンスをつくり、クリーンアップに回す方が、得点する確率が上がる。その基本に立ち返ることが、一番です。

     そのためには日替わりではなく、しっかりとした「2番打者」を育てないといけません。ふさわしい選手を首脳陣が判断し、バントももっと練習させる。徹底的に鍛えて、教育しなければいけません。阪神の全試合をじっくりと見ていないので適当なことは言えませんが、木浪などは頑張っているし、面白い選手だと思いますよ。

     最近は、打順がいろいろ替わったり、守備でも内野手が外野を守ったりと、ユーティリティーであることが重宝されがちですが、そういう起用では、役割も責任も散漫になります。わたしはもっともっと、選手に打順や守備位置、自分の「ポジション」というものへの強いプライドを持って欲しい。それがプロフェッショナルであり、技術も向上していくのです。

     その観点で言えば、先日(6日)の巨人の野手(増田大)の投手起用はナンセンス。しかも少ない資金と薄い選手層で戦っているようなチームならいざ知らす、巨人のように、大金をかけて選手をかき集め、余っているようなチームがやるのは情けない話ですよ。


    30: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/14(金) 09:40:01.11 ID:JfE7R9j90
    本来は条件が当てはまる糸原がそこに収まってたんだよなぁ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1597365322/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/21(火) 10:03:36.33 ID:1ZNx/qt+0
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1409733b7423379d77dce2372aa56de7cb199f0
    辛口で知られる“球界大御所”広岡氏も阪神の逆襲を評価した。
    「阪神がようやく形になってきた。元々、ピッチャーはいい。しっかりと守り、打線さえ点が取れるようになってくればゲームになる。
    その問題だった打線につながりが出てきたことが一番の理由だろう。なぜか? 
    開幕からの何試合かを見て、このままいけば、最下位になると、私は警告したが、その後、私の考えを矢野に伝えたのだ」

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/21(火) 10:05:02.09 ID:1ZNx/qt+0
     広岡氏は2勝10敗と開幕ダッシュに失敗した矢野監督にメッセージを送ったという。

    「若い指導者が悩んでいる。球界の先輩としてアドバイスを送るのは当然のこと。
    本来は阪神の球団内の誰かがやらなければいけないことだろうが、これは阪神に限らず、多くのチームが、監督にそういう指導をできる人間がフロントにいないのだから」

    「打てない理由は、バッティングの原点を忘れていたことにある。センター中心へ返すというバッティングをもう1度徹底することなのだ。
    つまり監督、コーチの指導不足。練習をさせていない。大山、糸原、梅野らに当たりが戻ってきたことで、打線がつながり始めたが、彼らは、そのセンター返しを心がけ始めたのだ」

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1595293416/

    続きを読む

    このページのトップヘ