とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    広島戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <オープン戦:阪神6-4広島>◇9日◇甲子園

    阪神板山祐太郎外野手が1軍でも好調維持をアピールした。2軍戦で打率5割を残し、この日から合流。

    4回に木浪の適時打で1点差に迫りなお2死二、三塁で代打で出場し、左前に逆転の2点適時打を放った。若手の台頭で結果を求められる立場を痛感し、オフと春季キャンプを過ごした。レッズ秋山との2年連続の自主トレを通して「トップの作り方やバットの軌道、球の待ち方や打席での考え方を聞けた」と収穫。学んだことを生かし「広角に打てるようになったし、捉える確率は上がった」と結果につなげている。同じく1軍に合流した長坂は7回の守備から出場し、その裏2死一塁の初打席で中前打をマークした。




    阪神6-4広島 今日からオープン戦は甲子園開催。初戦は板山選手の逆転タイムリーで勝利。西純投手も満塁ホームランを打たれたりと波のある内容でしたが5イニング投げ切り、次の登板チャンスでの好投に期待!! 佐藤輝選手は甲子園初打席で早速タイムリーを放ち、存在感が日に日に増していってます!!



    今軽く速報見たけど佐藤輝明本当にたまらん選手やなあ。そして板山祐太郎が素晴らしいの一言、何より意識が高いし江越や植田の一軍枠を実力で奪い取って欲しい。やっぱり今年の阪神のワクワク感は半端ないわ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (オープン戦、阪神-広島、9日、甲子園)先発した阪神・西純矢投手(19)は、5回を投げ、6安打4失点。3四球を与え、課題が残る内容も、手応えをつかんだ部分もあった。

     「収穫点は何回かピンチがあったんですけど、粘って投げられたというところはよかったと思います。ああいう内容でしたけど、そこでしっかり5回の最後まで投げられたのはよかった」

     一回、先頭の田中に二塁打、続く菊池に四球でいきなり無死一、二塁のピンチを背負う。それでも3番・鈴木を見逃し三振、4番・松山を二ゴロ併殺で仕留め、無失点で切り抜けた。

     2-4で迎えた三回。2者連続三振で2死とするも、菊池に左前打を許し、連続四球で2死満塁。ここで、クロンに左中間へ満塁弾を浴びた。五回にも無死二、三塁のピンチを背負った西純だが、鈴木からこの日2つ目の三振を奪うなど、0点で抑え、5回、105球を投げ切った。




    彡(^)(^)カッテタデー 西純よう5回まで投げ切ったな… 未だ本塁打以外無失点なのもポイント高いわ 強打の阪神が甲子園初戦を勝利 ドラ1佐藤輝は球団新人19年ぶりの強烈打/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/03/09/0014137602.shtml  @Daily_Onlineより



    西純は内容いまいちでも5回投げ切れただけで十分よ。経験経験。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「オープン戦、阪神-広島」(9日、甲子園球場)

     甲子園でのオープン戦初戦。阪神の先発は逆転開幕ローテ入りを狙う西純。プロ入り後、初めて甲子園で先発する。創志学園2年時の2018年夏以来となる聖地での先発に「ここまできたら本当に結果を残していかないといけない。しっかり自分の投球をしたい」と意気込んでいた。結果、内容を思い出のマウンドで示して首脳陣へアピールしたい。

     打線は、注目のドラフト1位・佐藤輝(近大)が「6番・左翼」で本拠地デビュー。オープン戦初戦となった6日のソフトバンク戦ではオープン戦初打席初本塁打と華々しい初陣を飾った背番号8。地元のファンを湧かせる打撃を披露し、開幕に向けてさらに状態を上げていく。

     対する広島は、7日のヤクルト戦で来日初本塁打を放った新外国人のクロンは「5番・一塁」で先発出場。先発は初の開幕ローテ入りを狙う矢崎。試合開始は午後1時。スタメンは以下の通り。

     【広島】

     1番・遊撃 田中広

     2番・二塁 菊池涼

     3番・右翼 鈴木誠

     4番・左翼 松山

     5番・一塁 クロン

     6番・中堅 西川

     7番・DH 長野

     8番・三塁 堂林

     9番・捕手 中村奨

        投手 矢崎

     【阪神】

     1番・中堅 近本

     2番・二塁 糸原

     3番・DH マルテ

     4番・三塁 大山

     5番・一塁 サンズ

     6番・左翼 佐藤輝

     7番・右翼 糸井

     8番・捕手 梅野

     9番・遊撃 木浪

        投手 西純




    【 阪神 】 1 近本 (中) 2 糸原 (ニ) 3 マルテ (DH) 4 大山 (三) 5 サンズ (一) 6 佐藤輝 (左) 7 糸井 (右) 8 梅野 (捕) 9 木浪 (遊) P 西純  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp ほぼベストメンバー!! やったれ阪神!



    @hanshintigersjp 高山は?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    テレビ放送 スカイA
    ネット配信 DAZN、虎テレ



    【今季甲子園初戦!】 #阪神🆚#広島 13時~ スタメンです #佐藤輝明 は「6番・左翼」 やはり両外国人が入るパターンだと開幕6番が有力でしょうか DHありとはいえ開幕スタメンが透けて見えます 本拠地で守る経験も貴重です pic.twitter.com/LGXeAdBpy9



    阪神これが開幕スタメンになりそうやな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     逆転開幕ローテ入りを狙う阪神の西純矢投手(19)が、9日の広島戦でプロ入り後初めて甲子園で先発する。創志学園2年時の2018年夏以来となる聖地での先発。「ここまできたら本当に結果を残していかないといけない。しっかり自分の投球をしたい」と久しぶりの聖地登板で成長の跡を刻む。

     「すごい観客の表情が見える」。高校時代に目の当たりにした光景を思い浮かべる。今回は有観客となって初の本拠地登板。「緊張はすると思いますけど、楽しんで投げられたら」と虎党に成長した姿を見せるつもりだ。

     良い思い出の方が多い。公式戦初登板となった昨年6月24日にウエスタン・オリックス戦に2番手で3回を3安打無失点に抑えて“プロ初勝利”を挙げた。「割と良いイメージはあります」。プロでの第一歩を踏み出した場所をさらなる飛躍のきっかけにしたい。

     矢野監督も「昨年からしたらすごく成長してきているし、いろんなあいつも俺らも見てみたい。純矢にとってもファンにとっても魅力的なことなので」と期待を寄せる。

     現在はガンケル、ドラフト2位・伊藤将(JR東日本)らと開幕ローテ6番手を争う右腕。理想の先発像を追い求め、キャンプ中は制球面を意識して鍛錬を積んできた。この日は甲子園での投手練習でキャッチボール、ダッシュなどで汗を流し「丁寧に低めにコントロールして投げていきたい」と意気込みを語った。

     開幕ローテ奪取へ。そして、マウンドから見える虎党の表情を笑顔にするため-。全力で腕を振る。




    西純矢くん、楽しんで投げるのもステキだけど、相手を殺す鬼気迫る攻めの投球ってのもいいと思うよ~とにかく頑張れ💪



    1軍戦では甲子園初登板!期待です! 阪神・西純 開幕1軍生き残りかけ9日広島戦先発、今春の甲子園初戦「楽しんで投げられたらなと」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/09/kiji/20210308s00001173453000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ