とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    広澤克実

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「いまの阪神には”野球の怖さ”がすべて詰まっている」

    面白いほど投打が嚙み合わず、采配は常に裏目。開幕からの連敗9、史上最低勝率.063、4月にして全5球団から3タテを喰らい、自力優勝消滅のマジックが点灯。記録的なペースで負け続けている古巣・阪神の現状を、OBの広澤克実氏(60)はそう表現した。

    「守護神のスアレス(31)が抜けてクローザーで苦労するとは思っていましたが、巨人にしろ、ヤクルトにしろ、どこの球団にも大なり小なりそんなウイークポイントはあるわけです。それがまさか……昨季77勝したチームですよ。普通にやれば、ここまでボロボロにはならない」

    阪神が「普通にやれていない」のは、矢野燿大(あきひろ)監督(53)が「普通じゃない」からに他ならない。’03年の優勝時に4番を務めた濱中治氏(43)は「矢野監督は自ら運と流れを手放した」と分析する。

    「退路を断って臨んだシーズンなのに、腹がくくれていないのです。たとえば開幕戦の大逆転負け。昨季の日本一チームのヤクルトが反撃の狼煙(のろし)をあげた重要局面で、実績のない齋藤友貴哉(ゆきや)(27)を投入しました。ポテンシャルのある若手だから、普通の試合で起用するのはいい。

    ただ、開幕戦のあの場面だけはダメでした。スキを見せて流れを手放したばかりか、新外国人のケラー(29)まで躓(つまず)かせてしまった。調整不足を承知のうえで抑えを託しておきながら、厳しい場面で投げさせ、結果が出ないと見るや、わずか2試合で見切って二軍に落とした」

    野手の用兵も外しっぱなしだ。

    「近本光司(27)の3番はありえない。どう考えても1番バッターでしょう。3番に求められるのは打点。チャンスメークを得意とする近本にはハマらないし、彼の良さが死んでしまう」(広澤氏)

    濱中氏は4番の扱いを問題視する。

    「キャンプから佐藤輝明(23)と4番を争わせていた大山悠輔(27)を7番に入れたのを見て『えっ』と声が出ましたね。僕は’19年に打撃コーチとして矢野監督と一緒にやらせてもらいましたけど、あの年も得点圏打率の高かった大山をいきなり4番から降ろした。信頼関係を築けていないというか、評価が低いんでしょうね。’03年、ケガで調子が上がらなかった僕に、星野仙一監督はこう言いました。『絶対、お前は4番から動かさん』と。4番とは、そういう責任ある存在なんだ、自分で這い上がれ! というメッセージです。では、佐藤がそういう存在になったかと言えば、そんなことはなく、矢野監督は早々に2番を打たせていました」

    扇の要である捕手も固定できていない。

    「正捕手の梅野隆太郎(30)の扱いが雑ですよね。リード面に苦言を呈されがちですが、心配ならベンチから矢野監督が指示すればいい。3年連続ゴールデン・グラブに輝いた梅野の守備力と盗塁阻止率を軽視しすぎです。

    独善的な起用法は変えない一方で、矢野監督は自分のいいところを変えました。明るさがウリだったのに、今年は別人のように暗い。選手と監督の間に距離ができているように感じます」(濱中氏)

    止まらぬ放言――だが、広澤氏は虎党へのフォローも忘れなかった。

    「青柳晃洋(こうよう)(28)らコロナ離脱組が戻ってくれば先発は6枚揃う。もともと中継ぎはいいから投手陣は立て直せます。5月までに大型連勝が入れば面白い。現実的にAクラスには届くと思いますよ」

    『虎がにじんだ夕暮れ』(幻冬舎)など、多数の阪神関連著作がある京都芸術大の山田隆道准教授のメッセージが胸を打つ。

    「すっかり順位表を見なくなりました。サトテルのホームランを楽しみに過ごしています――ってこれ、既視感ありませんか? 和田豊(59)が3割打つことが希望だったあのころと同じなんです。矢野監督の開幕前の胴上げを見て嫌な予感がしたのは、吉田義男(よっさん)(88)がエイプリルフールに優勝記者会見を開いてぶっちぎりの最下位に終わった’98年を経験しているから。宿敵なんておこがましい、ただの苦手球団・巨人のエース、菅野智之(32)に投げ勝てる青柳がいるだけ、令和の阪神ファンは恵まれていますよ」

    「負けすぎた監督」の記憶も、虎党は肥やしにするに違いない。

    『FRIDAY』2022年5月20・27日号より

    FRIDAYデジタル




    広沢、濱中らOBが分析!矢野阪神が「負けすぎる本当の原因」(FRIDAY)  https://news.yahoo.co.jp/articles/ae8ba9e6439174c9be3fdeda5ed0544274ed36c5  >阪神が「普通にやれていない」のは、矢野燿大(あきひろ)監督(53)が「普通じゃない」からに他ならない 火の球ストレートすき🔥



    矢野監督1-3年目までAクラスにいたのは??選手だけの実力ってことになるけど?本当にそうなのかな?走る野球を染み込ませたのは矢野監督自身だし、今の若い子が3年間伸び伸び野球をしてたように見えたけど?? 今年1年だけで、矢野監督を否定するのもどうかも思う。 勿論謎な采配もあるけど。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/06(日) 10:19:16.78 ID:CAP_USER9
     阪神の佐藤輝明(22)は、近畿大学の野球部に所属していた。1年生からレギュラーとして活躍し、同大のリーグ優勝にも大きく貢献した。

    日米大学野球選手権では日本代表に選ばれるなど、高い評価を受けていた。とは言っても大学時代、佐藤の通算成績はリーグ戦88試合出場で打率・288、14本塁打、69打点だった。決して飛び抜けたものではない。

     昨秋、阪神がドラフト1位で獲得。今シーズンのオープン戦に1軍として出場すると、いきなり12球団で最多の6本塁打を記録した。

     そして開幕を迎え、本塁打を量産しているのはご存知の通りだ。5月28日の西武戦(セ・パ交流戦)では1試合3本塁打を達成し、大きな注目を集めた。

     ちなみにルーキーが1試合3本塁打を成し遂げたのは、1950年5月に東急の保井浩一(1921~2001)、58年6月に巨人の長嶋茂雄(85)、そして佐藤の3人しかいない。

     6月5日現在、佐藤は14本の本塁打を放っている。ヤクルトの村上宗隆(21)が16本でトップ、次いで巨人の岡本和真(24)が15本。佐藤はルーキーながら3位と、堂々たるトップ争いを繰り広げている。

     他の成績は、52試合に出場し、打率・273、40打点。確かに大学野球でも評価されていたのは事実だが、プロで最初からこれほど活躍すると思った人はいないはずだ。

    規格外の選手
     2003年、阪神の選手として現役を引退した広澤克実氏は、「本当に一体何があったのか。腰を抜かすほどの大変身です」と語る。

    「プロ野球の投手と大学リーグの投手では、はっきり言って比較になりません。たとえ同じ球速140キロでも、バッターの打ちにくさは全く違います。球速には現れない球威や、変化球のキレといったものが、比較にならないレベルなのです。大学リーグで打ちまくった選手がプロで打てなくて当然です。ところが佐藤くんは、プロでいきなり活躍しているわけです。こんな選手は見たことがありません」

     驚く点は、まだある。Twitterでは「詰まった当たりだったはずなのに、スタンド上段に飛び込んでいる」との指摘が散見されるのだ。

    「佐藤選手が本塁打を放った際、アナウンサーの実況が面白いのです。文句なしの当たりなら普通の実況ですが、『これは上がりすぎか?』とか『詰まっている』とか、打ち取られたような実況の後、スタンド上段へボールが飛び込んでしまうことが珍しくないのです」(担当記者)

     広澤氏は「ボールがバットに当たると、ちょうどホームランになる角度でボールが飛んでいきます。あれは才能としか言いようがありません」と指摘する。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b02f72b0ea17dd86e95e2f84691645cced7d4631
    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/06(日) 10:19:49.41 ID:/V3ase9k0
    猛虎魂を感じる

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/06(日) 10:20:53.92 ID:aL1hZey10
    スイングスピードの速さ



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1622942356/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神3ー14ヤクルト(2021年5月18日 甲子園)

     【広澤克実 視点】ロハスは、間違いなく打つ。他の選手が力負けしていたサイスニードの150キロ真っすぐを、まぐれではバックスクリーン左に放り込むことはできない。この日は左打席でのアーチだったが、昨年、韓国球界で本塁打と打点の2冠王に輝いたのも、うなずける。

     技術面での裏付けもある。体の重心がスウェー(前に移動)せず、軸がぶれずに、しっかりと残って、そのまま体の回転で打てている。スイングも大きな欠点は見当たらず、やわらかいバットコントロールもいい。なにより迫力がある。

     この試合の第1打席まで21打席にヒットが出なかったのは、単なる練習不足…、いや実戦不足だろう。来日前にどれほどの練習ができたのかはわからないが、少なくとも投手との真剣勝負はできていないはず。5回の次の打席で中前適時打を放ったように、試合出場を続けていけば、本来の力を発揮するのも間もなくだ。そして、その場合、助っ人1番手まで期待していいのではないかと思わせる。

     大山も近々、昇格してくると伝わる。マルテ、サンズ、そして佐藤輝…と並ぶ打線はリーグ最強と言えるだろうが、もしポジションの関係や外国人枠の問題でロハスが先発出場できないとなれば、あまりにも、もったいない。現状ではロハスが外れる選択肢も十分にあるのはわかるが、100%のパフォーマンスでの可能性は最上位かもしれない。

     ここまでの首位快走の最大要因は投手力によるものだった。しかしロハスが加わり得点力が上がれば、チームの勢いはますます出てくると見る。




    ロハスはようやく起きたかな。 ホームランもヒットもいいけどその後の凡打も悪くなかったし。 広澤さんもべた褒めやし笑 #阪神タイガース



    休日返上でフォーム変えて、球を見る目線が動かなくなったなぁ。ふらふらしてたもん。体のキレが戻ってきたらこれから楽しみ。 広澤克実氏 阪神ロハスは間違いなく打つ!! 21打席無安打は実戦不足 助っ人1番手まで期待できる  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/19/kiji/20210519s00001173028000c.html  #スマートニュース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/03(水) 08:05:00.82 ID:AiZtS2LI00303
    野村長嶋星野という名将の元で野球を学んだ男を遊ばせておいてええんか?

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/03(水) 08:09:44.52 ID:Wuj/GCQQ00303
    阪神の選手ってイメージ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614726300/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【広澤克実CHECK】きょう1日にキャンプを打ち上げ、一つの区切りとなる。現時点での陣容もある程度、見えてきた。佐藤輝のポジションが左翼なのか、三塁なのか。26日のヤクルトとの開幕戦は「左翼」しかないと考える。

     今年は大山が中心のチームだ。昨季28本塁打を放ち、今年も4番で期待される。新主将にも任命された。キャンプもほぼ順調に過ごしてきた大山を三塁から押しのける理由が見つからない。

     前評判通りの長打力と、予想以上だった守備力が「三塁・佐藤輝」「一塁・大山」の可能性を浮上させたのだろう。明るい話題としてにぎわせるのはいい。ただ、現実的には公式戦でまだ1本もヒットのない新人選手を優先させることは、プロ野球界の慣習として、ない。

     1980年のドラフトで佐藤輝と同じ4球団競合の末に巨人に入団した原辰徳さんもルーキーイヤーの開幕当初は本職ではない二塁だった。三塁のレギュラーには中畑清さんがおられたからだ。佐藤輝もプロの世界で結果を出してから、原さんのように将来的にコンバートされるかもしれない。なので三塁の練習を継続するのはいいが、今季の定位置となる左翼に軸足を置いて開幕への準備を進めるべきだ。

     もちろん、佐藤輝(左翼)はやはり使うべきだと思わせる選手なので、大山(三塁)、そして、近本(中堅)までの3選手は順調なら当確だろう。来日していない新外国人のロハスが開幕時点で“構想外”なら、いま打撃好調なマルテ、陽川、結果が出ている高山、昨季実績のサンズ、完全復活した場合の糸井らが一塁と右翼を争う構図か。

     ただ、助っ人を2人とも使うとなれば、27日の中日戦でテストした「一塁・マルテ」「右翼・サンズ」となり、サンズの右翼守備は明らかに不安なので、陽川、高山あたりに期待したい。




    広澤克実氏 佐藤輝は左翼起用がベスト 開幕に向け大山を三塁に固定し、外野に軸足を置いた準備を - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/01/kiji/20210301s00001173075000c.html  これは阪神OB広澤克実



    ほんとこれ→広澤克実氏 佐藤輝は左翼起用がベスト 開幕に向け大山を三塁に固定し、外野に軸足を置いた準備を― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/01/kiji/20210301s00001173075000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ