とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    広角打法

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神秋季練習」(19日、甲子園球場)

     支配下復帰に向けて、大きな前進だ。右肘のトミー・ジョン手術から復帰を目指す阪神育成の才木浩人投手(23)が19日、甲子園で行われた秋季練習に参加し、術後初めて実戦形式のマウンドに上がった。先頭の長坂を空振り三振に斬るなど、打者6人に対し直球は常時150キロ超を計測。スピン量も1軍ローテレベルをたたき出し、矢野監督ら首脳陣が大きな期待を寄せた。

     投げられる喜びを全身で表現し、全力で腕を振った。才木の右腕から放たれた球が、威力抜群で捕手のミットに収まる。球速表示がなくても、体感で伝わる剛速球。その投球内容に、首脳陣も目を見開いた。

     術後初となった実戦形式の登板。きれいな甲子園のマウンドに、さっそうと向かった。先頭・長坂を直球2球で追い込むと、最後はフォークで空振り三振。続く藤田、中野は力強い真っすぐで飛球に打ち取った。

     大山には四球。原口には左前打こそ浴びたが、予定通り6人と対戦して降板。「最高です。今日は楽しかったです。投げられて、やっぱり野球は楽しいなって感じでした」。大きな収穫と喜びを感じた24球だ。

     矢野監督は自ら「手術する前より良かったんじゃない」と大絶賛。トラックマンの計測で直球は常時150キロを超えていたことを明かした。さらにプロ野球で投手の直球平均回転数は2200と言われているが、才木は2600を計測。1軍ローテレベルに達していた。

     それだけに「来年に向けて、こいつが帰ってきたら面白いというような、スケール感もある」と指揮官。金村投手コーチも「12月も投げ続けるやろうから、それ次第ではあるんじゃない」と、春季キャンプの1軍抜てきも示唆した。

     甲子園へ向かう前には、鳴尾浜で矢野監督と4球のキャッチボール。「矢野さんが監督になって、自分は貢献できていない。1軍に上がって貢献できるように」と力を込める。

     年内の目標だった打者との対戦を終えるなど、順調にリハビリの階段を上がってきた才木。「野球でしか恩返しできない」-。お世話になった人へ投げる姿で感謝を伝え、矢野阪神の優勝に貢献するという目標に向かって突き進んでいく。





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     阪神・高山俊外野手(26)が福留、糸井両ベテランを脅かす存在になってきた。矢野監督がキャンプのMVPに選んだのもうなずける。「強い気持ちで1カ月をやりきった」と選考理由を説明した。

     評価された先に、外野の一角があるのはいうまでもない。実績の福留、糸井、俊足好打の近本、韓国の打点王サンズらと3つの椅子を争う。「もう後がない。キャンプでは練習の時からアピールしようと思ってやってきた」。目下オープン戦で9打数5安打。連日の居残り特打の成果である。

     明大時代は神宮のヒットメーカーで、高田繁(明大-巨人)の通算127安打の東京六大学記録を破る131安打。天性の打撃センスはプロ1年目から光り、打率・275で新人王。誰もが将来の主軸と目していた。

     どこで、どう狂ったのか。翌年から成績は下降線を描く。球団OBは「当時の首脳陣が長打を求めたのが一因だ。一発を意識するあまりフォームを崩した」。昨年、矢野体制に替わり、打撃の束縛から解放される。5月の巨人戦では代打満塁サヨナラ本塁打。本来のフォームを取り戻すきっかけになった。

     今季の外野に関する大方の見方は左から福留、近本、糸井。高山は「気にせず、自分の力で一角を獲りにいく」と言ってはばからない。野球に年齢は関係ないというものの42歳の福留、38歳の糸井にいつまでも負けているようでは歯がゆいではないか。高山も同じ思いだから、遠回りの末につかんだ広角打法と鍛えた精神力で勝負をかける。(スポーツライター・西本忠成)




    🔽【トラとら虎】福留、糸井…阪神のベテラン勢を脅かす!? 高山の広角打法と精神力 高山選手はほんと精神力が強くなりましたね👍 また広角打法にも磨きがかかり、レギュラーを与えられてもおかしくないところまで来てますよ❗️ #阪神タイガース #高山俊 #野球 #ブログ  https://www.zakzak.co.jp/spo/news/200301/bas2003010001-n1.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ