2


 阪神の山崎憲晴内野手(32)が、今季限りで現役を引退することが2日、分かった。勝負強い打撃に加え、内野全ポジションを守れる守備力で、貴重な役割を担ってきた男が、ユニホームを脱ぐ。

 山崎は2008年度のドラフト3位で横浜(現DeNA)に入団した。2013年シーズンには、内野全ポジションで出場。翌14年に遊撃の定位置を確保し、115試合に出場した。だが、16年に左膝内側側副じん帯断裂。翌17年を含めて2年連続1軍出場がなく、同年のオフに戦力外通告を受けた。

 だが、トライアウトで結果を残し、阪神が獲得。18年シーズンは開幕1軍メンバーにも入った。4月14日のヤクルト戦(甲子園球場)で「2番・二塁手」として移籍後初スタメン。翌5月月27日の巨人戦(甲子園)では、移籍後初安打&初打点を記録した。主に守備固めで32試合に出場。野球に取り組む姿勢を含めて、選手、監督、コーチらからの信頼も厚かった。

 この日、球団と話し合いの場を持ち、今季限りでの現役引退を決断。2軍の寮施設・鳴尾浜に姿を見せた際には、「球団からお疲れさまでしたと言われて、ありがとうございましたと言いました。今後は未定です。またゆっくり考えます。全然、戦力にならなくて、申し訳ない気持ちもあります。タイガースでの2年は、かけがえのない時間でしたし、素晴らしい環境で野球をやらせてもらって感謝しています。」などと話した。

 プロ11年間で444試合に出場。チームに欠かせなかったユーティリティープレーヤーが、惜しまれながら現役生活にピリオドを打つ。




山崎憲晴クビか。。。横浜時代に宮崎でサイン貰った思い出の選手だったのに。。。



正直山崎憲晴より森越の方が危ないと思ってた



今度はタイガースの山崎憲晴さんも!? うわーん‼️ 密かに応援していたのに…。 引退って…本当にお疲れ様でした(泣) 今年の戦力外通告は負けよりも辛い報告ばかりです(泣)



山崎憲晴が戦力外……現役引退へ



阪神の山崎憲晴内野手(32)が、今季限りで現役を引退することが2日、分かった。


続きを読む