とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    徳勝龍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     大相撲初場所(26日千秋楽)で初優勝した幕内徳勝龍(33)=木瀬=が27日、都内の部屋で優勝一夜明け会見を行い、熱烈ファンのプロ野球・阪神タイガースに“逆始球式”参加を熱望した。奈良市出身で「亀新フィーバー」の亀山努に憧れた少年野球時代は捕手で4番。甲子園で「キャッチャー・徳勝龍」がコールされ、プロの球を受ける夢を明かした。幕内最下位の幕尻から史上最大の下克上Vを果たした不屈の男のオファーに阪神側も検討の意向を示した。

     胸を借りたい相手は何とタイガース、土俵ではなく甲子園だった。涙、涙の初優勝から一夜、徳勝龍はイベント出演急増の話題で「野球とかないですかね」と幼少期より抱き続けた夢を明かした。

     阪神戦、甲子園で始球式参加を熱望。しかし投手ではない。「プロの投手の速い球をバチッと受けたい。“逆始球式”?そんな感じで。受けるなんて聞いたことがないでしょうけど…」。マウンドではなく、巨漢188キロの捕手を売り込んだ。

     「おやじがファンクラブに入っていた」と父子そろって熱血虎党。小学生時は甲子園に通い「亀山努」の大ファン。「背番号00でヘッドスライディングがめっちゃかっこよかった」と懐かしんだ。

     自身も橿原市で小2から野球を始め捕手で4番。「キャッチャーが楽しくて。考えてリードするし1人だけ逆方向を向く」。だからこそ、甲子園で『キャッチャー・徳勝龍』がコールされるのは夢だ。プロ入り後、オーダーメードで捕手のミットも作った。中学まで投手だった同学年の元横綱稀勢の里(荒磯親方)が現役時代は巡業中、キャッチボールして予行演習した。

     今季の注目はドラフト2位で履正社から入団した井上広大外野手。「すごい体。スケールがでかい。甲子園の時から見ていた。道具がアシックスなのもまたいい」と、マニアな目線で絶賛していた。

     20年ぶり幕尻Vで幕内全員41人抜き、史上最大の下克上。98年ぶり奈良県勢Vなど記録ずくめ。優勝インタビューでは「自分なんかが優勝していいんでしょうか」、「バリバリ、インタビューの練習した」と爆笑を呼んだ。

     この日の会見では「関西魂が出た。お客さんは笑ってくれてましたか」とウケ具合を気にするほど。「ボケたら突っ込む」が母の教えだった。親しみやすい関取になりたくて、ファンには「(本名の誠から)まこちゃんと呼んで」と希望した。

     次は準ご当所の大阪、春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)に凱旋する。「これからが大事。いい成績を残さないと笑われてしまう」。関西&猛虎魂を全開にナニワでも大暴れする。




    阪神球団様、是非とも徳勝龍関の『逆始球式』を叶えて下さいm(__)m 幕尻優勝の徳勝龍 プロ野球で“逆始球式”やりたい!― スポニチ Sponichi Annex スポーツ  https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/01/27/kiji/20200127s00005000212000c.html 



    徳勝龍は阪神ファン、憧れ亀山努氏と始球式共演熱望(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-01270494-nksports-fight  なんと虎キチかいな‼️ますます応援したくなった。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/27(月) 21:06:05.05 ID:+0OU7z5yd
    徳勝龍は阪神ファン、憧れ亀山努氏と始球式共演熱望

    大相撲初場所で幕尻として20年ぶり史上2度目、奈良県出身力士として98年ぶりの優勝を果たした平幕の徳勝龍(33=木瀬)が、
    千秋楽から一夜明けた27日、都内の部屋で会見を行った。

    前日は涙と笑いが入り交じっていたが、この日は終始笑顔。
    上位陣と対戦する見込みの春場所(3月8日初日、大阪・エディオンアリーナ)を前に、
    大好きなプロ野球阪神との共演を夢見た。

    寝不足を感じさせない笑顔がまぶしかった。会見に出席した徳勝龍は「今も自分じゃないような、ふわふわした感じ。昨日は興奮して眠れなかった」と吐露。
    LINEなどで祝福のメッセージは500件以上届いた。「新聞で主役になる日がくるとは思わなかった」。
    スポーツ紙の1面をジャックしても、快挙にまだ実感が湧いていない様子だ。

    会見後に、まさかの逆指名が飛び出した。
    前日は「“関西魂”で笑かそうと」ユーモアたっぷりの優勝インタビューで相撲ファンを魅了。
    お笑い動画鑑賞が趣味なだけに「(吉本)新喜劇から出演オファーがくるのでは?」と報道陣に振られると
    「それよりも野球でしょ」と自ら切り出した。

    父青木順次さん(73)と親子2代で阪神ファン。自身も野球経験者で、相撲と並行して小2から小6まで習っていた。
    本塁打性の打球を打っても「足が遅くて2塁で必ず止められる」という鈍足強打の4番捕手として、市大会で優勝するなど活躍。
    中学から相撲一本に絞ったが、角界入り後も特注のキャッチャーミットでキャッチボールを楽しむこともある野球好きだ。

    異例の形で阪神との共演を熱望する。「始球式より(捕手として)球を受けてみたい。
    (現役選手の球は)速すぎて取れないけど、今の亀山さんの球なら取れるかも」。
    ヘッドスライディングなどの全力プレーで活躍し、新庄剛志氏とともに「亀新フィーバー」を巻き起こした元阪神外野手の亀山努氏(50)が小さい頃のスターだった。
    ちなみに今の注目選手は、昨年夏の甲子園を制した履正社高からドラフト2位で入団した井上広大外野手。
    「(1軍の)試合に出るか分からないけど、すごい体してますよね。甲子園から見ていました」と熱視線を送った。

    早くも来場所の活躍が期待されるが
    「今はゆっくり、温泉とか入りたい」。幕内上位まで番付を上昇させる見込みの春場所へ、充電期間に入る。

    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202001270000494.html

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/27(月) 21:07:06.59 ID:/LWurNR20
    猛虎魂の持ち主

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1580126765/

    続きを読む

    このページのトップヘ