1


昨季限りで阪神を退団した伊藤隼太外野手(31)が独立リーグの四国IL・愛媛に入団することが22日、決まった。コーチ兼任選手としてプレーする。伊藤は「あくまで選手としてやらせてもらうことになりますが、コーチをさせてもらう経験もいい勉強になると思っています」と前向き。現状、2月1日からチームに合流する見込みだ。

11年ドラフト1位入団も19、20年は1軍出場なし。昨年3月下旬には新型コロナウイルスに感染。11月4日に阪神から戦力外通告を受けた。「チャンスをもらったのに、それを生かせなかった」。以降はトレーニングを続けながら他球団移籍の道を模索。12月7日の合同トライアウトにも参加し、元巨人の田原から右中間二塁打も放った。

年末には自身のYouTubeチャンネルであらためて現役続行の意思を表明。国内外問わずプロ球団への移籍を目指したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、海外チームとの交渉もまとまらなかった。そんな状況で愛媛からオファーが届き、感謝の思いを胸に入団を決断。この日、球団から発表された。

元虎戦士では19年オフに阪神から戦力外通告を受けた歳内が昨季、四国IL・香川でリーグ最優秀防御率と大活躍し、シーズン途中の9月にヤクルト移籍を果たしている。伊藤もNPB復帰、海外プロ球団への移籍を目指し、新たなユニホームに袖を通す。【佐井陽介】

◆伊藤隼太(いとう・はやた)1989年(平元)5月8日生まれ。愛知県出身。中京大中京から慶大を経て、11年ドラフト1位で阪神入団。12年9月27日ヤクルト戦ではプロ初本塁打を満塁本塁打で記録した。18年は自己最多の96試合出場。1軍通算成績は365試合出場で打率2割4分、10本塁打、59打点。177センチ、82キロ。右投げ左打ち。

◆愛媛マンダリンパイレーツ 四国IL初年度の05年からリーグ優勝7回、リーグ年間優勝2回。15年は初の年間総合優勝を果たし、独立リーググランドチャンピオンシップも制覇。16年は前後期Vを飾った。現在は元巨人の河原監督のもと、日本ハム、阪神、ヤクルトなどで活躍した正田も所属。OBでは元巨人の土田、元日本ハム、ロッテの金森らがNPB球団でプレー。








伊藤隼太が四国アイランドリーグ愛媛に入団だと…?



伊藤隼太、四国IL行くのか



隼太決まったか


続きを読む