とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    成長

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・大山悠輔内野手(25)が巨人・岡本とし烈な本塁打王争いを繰り広げている。ここまで92試合に出場し、自己最多の25本塁打。昨季は143試合で14本。球団では86年・バース、日本選手では84年・掛布雅之、日本選手の右打者では75年・田淵幸一以来となるタイトル獲得が見えてきた。プロ4年目の進化とキングの可能性に迫った。(データは共同通信デジタル)

     巨人・岡本が本塁打を打てば、大山もすぐさま並ぶ。コロナ禍のペナントレース終盤。セ・リーグの本塁打王争いが熱い。この2人に現在21本のDeNA・ソト、広島・鈴木誠、巨人・丸、ヤクルト・村上が続く展開だ。

     実績十分の強打者が並ぶ中、大山の成長がめざましい。本塁打率(1本塁打に要する打席)は昨季の38・4から今季13・40に向上。これは岡本の14・02、18、19年本塁打王ソトの16・52をしのぐ数字だ。オースティンの10・00は規格外だが、規定打席到達者ではリーグトップ。ストライクゾーン内スイング率74・4%(300打球以上)もソトの77・8%に次いでリーグ2位と積極性も光っている。

     【今季の本塁打】

     (1)球場、打球方向

     本拠地甲子園が最多の11本。広いナゴヤドームでも4本を放ち、球場の広さに左右されない。今季は右方向への一発も昨季の2本から倍増以上の5本。スイング力が増した印象だ。

     一方、球場が狭く、本塁打が出やすいと言われる東京ドーム、神宮球場では1本ずつ。ヤクルトは打率・150、カード別最少の1本塁打とツバメ投手陣に苦戦している。

     (2)カウント別

     初球が最多の4本。昨季1本だった2ストライク1ボール、2ストライク2ボールの投手有利のカウントで今季は5本。コンスタントに一発を放っており、追い込まれても一発が期待できる。大好物は3打数3本塁打の3ボール1ストライクだ。

     (3)コース、球種

     課題であった真ん中低めを克服した。同コースは昨季打率・212で0本塁打だったが、今季は打率・462の6本塁打、内角ベルト付近の高さも昨季の・173、0本塁打から今季は・打率・310、2本塁打とレッドゾーンと化した。球種別ではチェンジアップ、フォーク系が昨季の・177から・264と対応している。

     阪神は残り24試合。巨人4、DeNA4、中日6、広島4、ヤクルト6を残す。13日からは中日3連戦。得意のナゴヤドームでトップに踊り出たい。(デイリースポーツ・杉原史恭)




    凄い成長してるじゃん😲😲。しばらく虎の4番は安泰だね。 阪神・大山は何が変わったか 岡本と並ぶ25発本塁打王の好機(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0307b3cbf1fc06b6779875f5e91210215f661fca 



    大山を4番にしなかったこと。4番サンズが仕事をしてくれたことでしょう。重圧、負担が昨季とは比較にならないくらい少なくなっった。 ◎阪神・大山は何が変わったか 岡本と並ぶ25発本塁打王の好機(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0307b3cbf1fc06b6779875f5e91210215f661fca 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
     【球界ここだけの話】

     阪神が活動休止となってから約3週間。15日に球団施設を利用した自主練習が解禁となり、ようやく、選手も甲子園のグラウンドに戻ってくることができた。練習は午前と午後、投手と野手に分かれ、取材もオンライン会見と、まだまだ完全な再開とまではいかないが、久々に聞く選手の声からは、少しずつ前へと進んでいるようすが感じられた。

     日替わりでオンライン会見に応じてくれる選手への取材はやはり、自宅待機期間の過ごし方が主な内容となる。中でも近本光司外野手(25)の取り組みには目を丸くした。

     「苦手のコーヒーを飲めるように挑戦しました。潜在意識についての本を読んで、何不自由なく過ごせていることの外側を広げることで、潜在意識(の解放)につながると。それが野球でのひらめきにもなる」

     貪欲に知識を吸収し、野球につながると思えば、すぐ行動に移す。研究熱心な近本らしい一面だった。さらに、活動休止前に胃腸炎で減少した体重を取り戻すため、この期間を利用して食トレにも取り組んだという。逆境をものともせず、力に変える近本を取材していると、関学大時代の恩師・竹内利行元監督(69)の言葉を思い出した。

     阪神が活動休止となってから、企画取材で電話をした際、竹内氏はしきりに「近本は超がつくほどのまじめ。自宅待機となっても全く心配ない」と話してくれた。さらに「彼なりの練習だったり、この期間だからできることを必ずやっているはず」と語っていた。

     オンライン会見中、近本はファンに向け、「開幕というのを、ファンの方々は待ち望んでいると思う。開幕するためには感染しない、感染者数をできるだけ増やさない。そういう世の中にしていかないといけない」と呼びかけた。

     家の中に居続けようと、成長できる一面がある。近本がそう証明してくれた。(原田遼太郎)




    野球選手がコーヒーで能力開発する時代に来た! 【球界ここだけの話(1941)】阪神・近本が自宅での取り組みで成長 苦手コーヒーにも挑戦 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200418/tig20041813000006-n1.html  @sanspocomさんから #コーヒー #食トレ #近本 #阪神



    おお❣️ ちかもん、 コーヒー苦手なんや❣️❣️ 私も、私も‼️😁 嗜好が同じで嬉しい(ΦωΦ)フフフ… 【球界ここだけの話(1941)】阪神・近本が自宅での取り組みで成長 苦手コーヒーにも挑戦 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200418/tig20041813000006-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

    このページのトップヘ