とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    戦力外通告

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨年阪神から自由契約となり、今季は台湾・中信兄弟でプレーした高野圭佑(30)が、31日までに自身のYouTubeチャンネルに投稿。28日放送のTBS系「プロ野球戦力外通告2021」に出演した際、番組内容を巡り台湾で波紋を呼んだことを明かしたうえで、事実関係を釈明した。

     高野は「テレビなんでニュアンスの違いがあった。給料の部分の食い違いについてお話したい」と説明。番組内では2軍生活の時の月収が10万円と記載されたが、「この10万円の部分が台湾でもニュースになってしまっていて、『高野が10万円で雇用されていたのではないか』『外国人の最低賃金に違反しているのではないか』と報道されて問題になってしまっています」と語った。

     この詳細について高野は当初、2軍では0円契約を結ぶ考えだったが、ビザの問題から中信兄弟側の計らいで実際には月収「20万円」の契約を結んだと説明。続けて「外国人にかかる税金、国民健康保険、源泉徴収などを引いて手取りにすれば12万円にするほどになり、それを番組の方にお伝えしたところ、番組のなかで給料約10万円というところで記載されてしまったようです」と振り返った。5分27秒の動画ではその担当者のLINEも公開し、自らの口で“真実”を伝えている。

     この件を受け、中信兄弟のGM、林監督に連絡。「今回、ご迷惑をおかけするような形で報道されたことや、台湾内で『不当に雇用しているのではないか』と問い合わせが来ていることに対して謝罪しました」とし、理解も得られたという。高野は「僕は中信兄弟の選手たち、ファン、CPBLのファンが好きなのでそういった誤解が解けて本当に良かったです」と語っている。

     高野は2015年、JR東日本からドラフト7位でロッテ入り。19年7月にトレードで阪神に移籍した。20年は1軍登板がなく、11月に戦力外通告。トライアウトを受けたがオファーはなく、台湾・中信兄弟入りした。今オフも12球団合同トライアウトを受け、日本ハム・新庄監督から評価されるなどして注目を浴びた。





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2






    ニュースで給料が食い違ってる件についてお話しします  https://youtu.be/0CEZIwvdi4g  pic.twitter.com/I724rPtZlf


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は15日、育成の奥山皓太外野手(24)と、来季の契約を結ばないことを発表した。

     奥山は静岡大から19年度ドラフト育成2位で阪神に入団。静岡大から初のプロ野球選手となった。ドラフト制後、球団初の国立大出身選手でもあった。

     今季はウエスタンで33試合の出場。打率・263、1打点だった。同期入団の小野寺は今季支配下をつかむなど、1軍でも活躍。奥山はプロ2年目のシーズンで、厳しい通告を受けた。




    奥山皓太選手に対して、来季の契約を結ばないことを伝えましたのでお知らせします。



    @TigersDreamlink マジかよ…



    @TigersDreamlink 育成から上がって来ると思ってた



    @TigersDreamlink フェニックス出てなかったっけ?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は5日、荒木郁也内野手(33)、伊藤和雄投手(31)、石井将希投手(26)、鈴木翔太投手(26)、藤谷洸介内野手(25)に対して、来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。

    荒木は11年目の今季、2軍で52試合に出場し、打率3割9厘と奮闘したが、若手の台頭もあり1軍昇格はなかった。10年ドラフト5位で明大から阪神に入団。俊足と内外野守れるユーティリティープレーヤーとして、代走守備固め要員などで存在感を発揮してきた。1軍では17年の49試合の出場が最多。通算成績は186試合、打率1割8分2厘、0本塁打、2打点だった。




    阪神からも出ました。戦力外通告 鈴木翔太はもう1年見てあげても良かったような。。。やっぱりケガかな #阪神タイガース #戦力外通告 阪神 荒木郁也、伊藤和雄、石井将希、鈴木翔太、藤谷洸介の5人が戦力外(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/25152017ed0fae101f707ecd9e03f84d713577dd 



    5人+引退表明した4選手合わせると9名チームを去る事となるなぁ。 阪神 荒木郁也、伊藤和雄、石井将希、鈴木翔太、藤谷洸介の5人が戦力外(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/25152017ed0fae101f707ecd9e03f84d713577dd 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神を自由契約になった伊藤隼太外野手が30日、自身のYouTubeチャンネル「伊藤隼太の独壇場」を新規投稿。戦力外通告を受けた時の状況や心境などを語った。

     伊藤隼は11月3日に練習を終えて玄関を出る際に、1枚の封筒を渡され、翌4日にホテルに来るように指定されたという。その段階で「戦力外通告だなと察しました」と明かした。

     スーツで向かったホテルの指定された部屋に入ると、球団関係者2人が座っていた。

     「『来シーズン伊藤君とは契約を結べません』と言われて、『はい、分かりました』とお答えしました。隣の方から『話すことはありませんか』と言われたので、『9年間お世話になりました。ありがとうございました』というひと言だけ伝えて、球団関係者2名と握手しました」と当時の状況を説明した。

     「時間にしたら2、3分でした。あっけなく終わった印象でした。」と振り返った。

     「実感はすぐに沸いて、現役時代にお世話になった人に伝えなければいけないと、色んな方に連絡している中で、色んな話をもらって、グッとくる話をしてくれる方や、悲しんでくれる人も多くて、話を聞くたびに実感が強くなりました」と明かす。

     帰宅後に家族に報告。「『戦力外になるだろう』と伝えていたので、驚きもせず『そうなんだ』と『でも野球が全てではないよね』ていうような感じでしたね」という言葉を受けた。

     球団から受け取った封筒については「B5が折りたたんで入るような封筒に紙が入っていて、そんなに多く書かれていることもなく、『11月4日何時頃に指定の場所に来て下さい。着いたら連絡を下さい』と書いてありました」と説明する。

     ファンに向けて「応援してくれてありがとうという素直な感謝の気持ちがいちばんなんですけど、2年間1軍で試合出場することができなかった。プレーする姿を見せられなかった。悔しくて申し訳ない気持ちです」とお礼の思いを込めた。

     最後には「トライアウトを受けた後に連絡を待っている状況です。引き続き朗報を待ちながら、現役続行に向けてトレーニングを続けていくつもりです。チャレンジを続けます」と現況を報告して結んでいる。






    . YouTube2本目、配信されました。 今回の動画では、戦力外を通告された時の状況や心境についてお話ししています。 実際に戦力外になった人しか語れないようなリアルな話をしているのでぜひご視聴ください!! これからも応援よろしくお願いします。  https://youtu.be/7uDYE9AMuQI 



    @itohayata0508 封筒渡されるのは初耳でした。 でもずいぶん事務的でこの動画見て何かショックですね。


    続きを読む

    このページのトップヘ