1


<阪神4-7DeNA>◇19日◇甲子園

 阪神は「8回の男」湯浅京己投手(22)が打ち込まれ、連勝が5でストップした。自身今季最多の3失点で、4月12日中日戦以来、18試合ぶりの2敗目。矢野監督は「今までいい形でずっと頑張ってきてくれている。打たれない、負けない投手はいない。悔しさを次のバネにしていけばいい」とかばった。

 今季4年目で覚醒したセットアッパーはここまで17ホールドを挙げ、17試合連続無失点、防御率0.78を誇っていた。同点に追い付いた直後。指揮官は「湯浅のボールを投げられれば抑えられる」と、4番牧、ソロを放っていた5番宮崎と続く8回に投入した。牧を空振り三振も、連打を浴び1死一、二塁。神里に高めのフォークを捉えられ、中堅フェンス直撃の2点三塁打を許した。続く嶺井は前進守備の遊ゴロに打たせたが、中野の本塁送球が間に合わず(記録は野選)。無念の途中降板となった。

 甲子園での連勝は7で止まり、6月は本拠地9試合目で初黒星となった。21日からはゲーム差なし4位の広島と3連戦。今季7敗1分けだが、そのころとチーム状況は違う。交流戦を12勝6敗で2位で終え、再開後最初のDeNA3連戦を2勝1敗で勝ち越した。「経験をプラスに成長していける。そういう負けになったと思う」。矢野監督が右腕に向けた言葉はチームそのものにも向いている。【石橋隆雄】

 ○…ケラーは甲子園初登板で来日最速156キロを計測した。9回に登板し、1回を無安打無失点。先頭の2番森はカーブで遊ゴロ。1死球の後、4番牧はカーブで三ゴロ、5番宮崎は152キロ直球で中飛に仕留めた。「甲子園のファンの前で投げることができて、とてもうれしかったし興奮した。これからも1つ1つの球種の質を上げながら、今日のような投球ができるように頑張りたい」。徐々に状態を上げている。




同点では使わない運用して欲しいな、結局春先もそれで失敗してるやん、この子も勝ち越した場面以外で使っちゃダメだよ。 【阪神】勝ちパターンの湯浅京己が18試合ぶり失点 決勝点献上も矢野監督「悔しさをバネにしていけばいい」(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b9a227ff20233767b53a5a77afb1acb70720c600 



まぁ藤川球児でさぇ、打たれて負けた試合はあった。今後、絶対的クローザーになるための試練やね。がんばれ、湯浅京己‼️


続きを読む