とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    打ち上げ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神佐藤輝明内野手(22)が28日、プロ2年目の沖縄・宜野座キャンプを終えた。最終日はフリー打撃、シートノックなどで汗を流し、正午過ぎに打ち上げた。

    1カ月間、新任の藤井康1・2軍巡回打撃コーチとフォーム固めに取り組んで来た。「しっかり軸で立つことは意識していますね。去年とは構えから違うし、そういうところは変わってきている」。紅白戦を含め、実戦全9試合に出場し31打数14安打で打率4割5分2厘、2本塁打、5打点は全てチームトップ。「今まで感覚に頼っていたところが多かったんですけど、理論できちっと頭で理解して振るということを、この1カ月間やってきた。波が少なくなった」と言葉から手応えがにじみ出た。

    心境の変化も成長を後押しした。ルーキーイヤーとは違い、気持ちにゆとりができたという。「去年は本当に必死だったんですけど、今年はすごい、いい意味で余裕を持ってできたかなと思います」。後輩の遠藤と毎日キャッチボールを行い、求められれば助言も惜しまなかった。16日のケース打撃ではセーフティースクイズを敢行するなど、周囲を驚かせる視野の広さもあった。

    矢野監督も2年目の進化を感じ取っていた。「去年の後半苦しんだところから、新たな自分というのが見つけられたと思う」。大山との4番争いでも堂々と結果を残し続けている背番号8を「結果を出しているというところで言えば、テルの方が結果が出ている現状になっているのかなと思います」と評価した。

    佐藤輝は「非常にスッキリした気持ちで、いい感じで終われたんじゃないかなと思います」とすがすがしい表情。最後、報道陣に「関西に帰ってやりたいこと」を問われると「練習です!」と言い切り、キャンプ地を後にした。【中野椋】




    【宜野座🌺】 佐藤輝明選手もお疲れ様でした👏 #阪神タイガース #宜野座キャンプ #打ち上げ #佐藤輝明 pic.twitter.com/u7WQDW71Fk


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は沖縄・宜野座1軍キャンプを打ち上げ、選手会長の近本光司外野手がメイングラウンドで手締めのあいさつを行った。

     「チームは去年から黄金期に入り、ゲーム差ゼロのところまで来ましたが、あと1歩、あと1勝、あと一つがとても大きく感じました。今年のスローガン『イチにカケル!』は去年の悔しさを知ったからこそ、このあと一つを心に刻まれています。この3年間で矢野さんから教えていただいた楽しむ姿勢は、チームをすごく成長させてくれました。勝っても負けても多くの良さが届けられる最高のチームになります」

     そして、本来なら一本締めのところで「阪神らしく楽しく締めたい。ラパンパラ締めでいきます」と提案。マウンドの中央に呼ばれたマルテは日本語で「ラパンパラいきま~す!」と音頭を取り、全員がお決まりのポーズで締めくくった。

     ラパンパラは、マルテが本塁打を放った際にベンチ前でナインらとともに弓を引くようなポーズを取って盛り上がるパフォーマンス。




    【宜野座】近本会長の挨拶とマルテ選手のラパンパラでキャンプは終了しました! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #イチにカケル! 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/ENuUmZUxQa



    @TigersDreamlink さあ、優勝するぞ!



    @TigersDreamlink ラパンパラー٩(ˊᗜˋ*)و


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は30日、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で9日から行っていた新人合同自主トレを打ち上げた。

    最終日は1軍キャンプ地の沖縄・宜野座での先乗り自主レに参加している、ドラフト2位の鈴木勇斗投手(21=創価大)と同3位の桐敷拓馬投手(22=新潟医療福祉大)を除いた6人が、キャッチボールやウエートトレーニングなど軽めのメニューをこなした。

    合同自主トレでは矢野監督の訓示や、藤川球児スペシャルアシスタント(SA、41)の特別講義もあり、ルーキーは充実した時間を終えて初めてのキャンプに臨む。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は28日、若手主体で3日間行われた強化練習を打ち上げた。兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で投手では藤浪、西純らが参加。野手ではシーズン中に左膝を痛め、別メニュー組の佐藤輝も汗を流した。

    佐藤輝はフリー打撃で58スイング。新任の藤井康1、2軍巡回コーチの指導も受けた。

    チームは今後、本格的なオフ期間に入る。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は24日、甲子園での秋季練習を打ち上げた。初日の10日はミーティングだったが、3勤1休のペースで約2週間、若手中心に体をいじめ抜いた。

     今期間中には内野の大山、捕手の原口が外野の練習に取り組むなど、チーム編成を踏まえた上で、複数ポジションに挑戦。新任の藤井1、2軍巡回打撃コーチが4スタンス理論で選手の重心の位置に合わせた打撃フォームをアドバイスするなど、充実の時間を過ごした。

     また野手が甲子園、投手が鳴尾浜でトレーニングしたこともあり、1軍の首脳陣が若虎を指導する機会にも恵まれた。1年目を終えた高寺や来季3年目を迎える遠藤が非凡な打撃センスをアピールし、右肘手術からの復活を目指す才木も、順調な回復ぶりを見せつけた。

     チームは26日から3日間、兵庫・鳴尾浜で若手中心の指名練習を行う。



    続きを読む

    このページのトップヘ