1


 来日2年目の阪神、ロハス・ジュニアに藤井康1、2軍巡回打撃コーチのメスが入った。2月実戦は20打数3安打(打率.150)の低調。改めて打撃練習で密着指導を受けた。

 「あんまり聞いたことがないことがたくさんあった。彼の言っていることは理にかなっているし、理解できる。新しいことに取り組むのは好きなので引き続きやっていきたい」

 同コーチは「ポイントを前で打てるように。スイング自体は少しいいものになってきている。あとはタイミングを早めに取れるように」と指摘。糸井や江越、小野寺など左翼争いは「一番の激戦区」(井上ヘッド)だけに「ベストを尽くしてシーズンしっかり戦えるように準備するだけ」と表情を引き締めた。

続きを読む