とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    投手3冠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2022年に年男を迎えた選手に意気込みなどを聞く「俺たち年男」。第4回は1998年生まれの阪神・村上頌樹投手(23)が登場する。村上の2022年の目標は明確だ。「2軍であれだけの成績を残して、1軍ではダメだった」とルーキーイヤーの昨季を直視。「1軍でどれだけできるかだと思うので、食らいついていけるようにやっていきたい」と、今季はがむしゃらに結果を求めていく考えだ。

     昨季はウエスタン・リーグで10勝1敗、防御率2・23の好成績を残し、最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手3冠に輝いた。一方、1軍では2試合の先発機会を与えられたがともに期待に応えられず、0勝1敗、防御率16・88の数字が残った。

     勝負の年を控え、三重のトレーニング施設で自主練習に励んだ。「自分の体をうまく使えていない」との指摘を受け、投球フォームの修正に取り組んだ。「可動域を広げ、体全体を使ってしならせるというのを意識しています」と変化のポイントを説明する。

     150キロ台の直球はなく、制球力で勝負する。同じタイプの秋山を理想の投手像に掲げる。師と仰ぐ先輩から授かった「次の一球のために、この一球をどう意識して投げるか」という言葉を大事にしている。球を速く見せるための投球術も学び、飛躍への糧とする。

     実家近くの初詣で引いたおみくじは「大吉ではなかった。その下くらい」と明かしたが、まだ伸びしろがあるとの解釈もできる運勢。昨年11月末の契約更改時にはプロ初勝利とローテ入りを掲げた。智弁学園時代にセンバツを制した右腕が、年男の今年こそタテジマ戦士として甲子園で輝きを放つ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・村上頌樹投手(23)が、NPB選考によるファーム優秀選手賞に選出された。

     村上は1年目の今季、ウエスタン・リーグ17試合に登板し、10勝1敗、防御率2・23。最優秀防御率、最多勝利数、勝率第1位で同リーグ投手部門の3冠を達成していた。

     ファーム優秀選手賞はウエスタン・リーグでは村上の他に柳町(ソフトバンク)、岡野(中日)、正随(広島)、来田(オリックス)が選出された。受賞者は15日に開かれる「NPB AWARDS 2021 supported by リポビタンD」で表彰が行われる。




    来季の若虎一番星候補。ローテーションに入れる素材。 阪神・村上 ファーム優秀選手賞を受賞 ルーキーイヤーにウエスタン・リーグで投手3冠(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/cf24c46d064a095133453728f242b0006d15f7d2 



    村上頌樹くん☺️👏おめでとうございます!来季は1軍で力を発揮できますように! >阪神・村上 ファーム優秀選手賞を受賞 ルーキーイヤーにウエスタン・リーグで投手3冠― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/06/kiji/20211206s00001173387000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ