1


<広島9-3阪神>◇7日◇マツダスタジアム

高卒2年目の若虎が「ミスタータイガース」に並んだ。3回1死一、二塁。小幡竜平内野手は外角低めに沈むスライダーに食らいついた。強いゴロは広島先発の遠藤の膝元を強襲して内野安打となった。8月22日のプロ初出場から35試合目、80打席目。売り出し中の男が、節目の20安打に到達した。

運も重なっていた。0-0の2回無死二、三塁の第1打席。絶好機で遠藤の速球を振り切った。飛球は試合序盤だけ右翼から左翼に吹いていた風に乗り、左中間へ。伸びる白球を、中堅手宇草はグラブに当てながら捕れなかった。19安打目は天も味方した先制の2点適時二塁打。「前に飛ばせば何とかなると思いながら積極的に打ちにいきました」。高卒2年目以内にシーズン20安打は75年掛布雅之以来。チームで唯一連夜のマルチ安打で、小幡が歴史を動かした。

物語は代役から始まった。7月末に主将の糸原が右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折。二塁が固定されないチーム状況から8月下旬に1軍初昇格した。その後わずか1週間でプロ初安打、プロ初打点…。限られた出場機会で結果を残し、糸原が復帰するまで二塁を任された。9月25日に正遊撃手の木浪がチームのコロナ禍で離脱した後は本職の遊撃へ回った。ユーティリティーを買われ、グラウンドを駆け回っている。

1軍にいる時間は無駄にしない。6日広島戦の試合前練習では井上打撃コーチ、矢野監督とともに打撃フォームの見直しを行った。打席に立つ際、前傾姿勢になる癖を修正。フリー打撃でも2人から熱視線を注がれた。主力に囲まれた1軍環境で日々研さんを重ね、ここ10試合での打率は3割6厘と好調。指揮官は「経験することが全部あいつのプラスになると思う。試合に出て、すべてをこれからの糧にしてもらえればいい」と期待の言葉を送った。

チームは前夜の引き分けから投打がかみ合わず、広島に惨敗。首位巨人を猛追どころか、振り向けば3位中日と1・5差、4位DeNAにも2差に迫られ、Bクラスの影がちらつく。それでも1軍最年少のフレッシュな力が、猛虎を再生させる。【只松憲】




小幡の登場、そして瞬く間の成長は阪神の未来に明るい希望を与えてくれる 阪神小幡が20安打、高卒2年目以内到達は掛布以来(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bf311ae69a6e48eeb228cd3af5ef1febd0f2cbc7 



1つの歴史がまた動いた🤭🐯 高卒2年目の小幡君。 8月22日のプロ初出場から35試合目。 80打席目に節目の20安打に到達。 高卒2年目以内にシーズン20安打は 75年掛布雅之さん以来。 なんと!😳 小幡君がミスタータイガースと肩を並べたのだ! pic.twitter.com/seke7Q2EZR


続きを読む