とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    掛布雅之

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◆阪神―中日=雨天中止=(29日・甲子園)

     阪神・中日戦(甲子園)はグラウンド状態不良のため中止となった。阪神・掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、64)は逆転でのCS進出へ向けて、鳥谷の起用法に注目した。

     試合開始を楽しみに待っていたが、スタンドからグラウンド状態を眺めると中止の判断で仕方ない。この試合で、注目していたのは鳥谷の起用法だ。

     前日28日のゲームでは0―1の7回2死二、三塁、梅野の代打で二ゴロだった。作戦的にいいか、悪いかを問うつもりはない。ただ、それまでとは違う「代打の切り札」的な使い方に、少しばかりの違和感が残ったのは私だけだろうか。この違和感が消えるか、膨らむかは、今後の起用法にかかっている。

     次も同じような場面で鳥谷を代打に指名すれば、矢野監督が覚悟を決めたということで納得がいく。逆転でCSに進出するには、鳥谷というカードが絶対に必要と認識しているということ。実際に前日のあの打席で、今季初打点をマークしていれば、チームのムードは爆発的に盛り上がったはずだ。

     しかし、次回の勝負所で起用をためらえば、「なぜあの時だけ」となってしまう。残り23試合で4位からAクラスに浮上するには、鳥谷の経験、技術が大きな武器になるのは確か。矢野監督のぶれないタクトに期待したい。(掛布 雅之)




    なんだかんだで7月くらいから調子上げてるし 代打にも慣れてきてるから監督が信念を持って采配してほしい😊 【掛布論】逆転CSへ!切り札…鳥谷固定せよ(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000067-sph-base 



    【掛布論】逆転CSへ!切り札…鳥谷固定せよ : スポーツ報知 既に何回も勝負所で失敗してるんだよなー そろそろ鳥谷は試合を決める選手じゃなくチャンスを作る選手だと気付いてくれ  https://hochi.news/articles/20190830-OHT1T50067.html 



    私も同感❗😁 鳥ちゃんの力が必要です‼️😆 是非ともよろしくお願いいたします🙇 【掛布論】逆転CSへ!切り札…鳥谷固定せよ(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000067-sph-base 



    鳥谷選手は2017年5月24日顔面にデッドボールを当てられてから打撃の調子を崩してしまった。 掛布さんも現役時代頭にデッドボールを当てられたのと同じパターン。 けっして相手ピッチャーを責めないで寡黙に練習を続ける。 引退は本人が決めることだから外野がとやかく言う筋合いはない #hanshin



    @tigers_tolucky1 阪神タイガースの選手の通算安打数10傑  1鳥谷敬 2082 2藤田平 2064 3吉田義男 1864※ 4和田豊 1739 5藤村富美男 1694※ 6真弓明信 1674 7掛布雅之 1656 8金田正泰 1527 9岡田彰布 1485 10遠井吾郎 1436 出場試合数 1鳥谷敬 2092 打席数 1鳥谷敬 8539 得点 1鳥谷敬 983 凄いです! pic.twitter.com/GYprSbbKbU


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     意地を見せることさえできなかった。巨人に3―6で敗れた阪神は、このカード4度目となる3連戦3連敗。対戦成績6勝13敗で8年連続の巨人戦負け越しが決まり、借金も今季最多の7に膨らんだ。矢野監督は「残り試合をどう戦うかが問われている。ここからどう踏ん張れるのかが大事。巨人にも残り試合でそういうところを見せたい」と必死に前を向いたが、早ければ22日にも自力CSの可能性まで消滅するピンチだ。

     そんな窮状を見かねてか、試合前にはテレビ解説で東京ドームを訪れていた掛布雅之シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA=64)が一肌脱ぐシーンがあった。今月9日の広島戦を最後に4番を外されている悩める主砲・大山に身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを送ったのだ。

     普段は若いコーチの多い現場への気遣いからグラウンドに出てくることはめったにないが、あまりの貧打に黙っていられなかったのだろう。「阪神の4番」の重みを誰よりも分かっているミスタータイガースは大山に「6番になって厳しいと思うがしょうがない。宿命だよ。背負わなきゃいけない。それを喜ばないと」と“心得”も伝授した。

     打撃コーチは心境も複雑だろうが、チーム内は掛布SEAによる直接指導に歓迎ムードだ。「もっと掛布さんを活用すべき。打撃論は素晴らしいし、高山や大山などは、二軍監督時代に直接指導されてお世話になっている。調子を落としている選手を見てもらうべき」(球団幹部)との声も上がっている。

     5月8日のヤクルト戦(神宮)で練習を視察した際には、不調だった糸井が助言を受けて見事に復調。翌6月に月間MVPを獲得するほど打ちまくった。残り30試合と差し迫った状況ながら“掛布効果”への期待は大きい。





    ⭐19日 対巨人🐰試合前~ 阪神、掛布SEAが、現在4番を外されている主砲大山に~虎🐯の4⃣番の心得を伝授➰⚾ 「宿命だよ。背負わなきゃいけない。それを喜ばないと」と大山を激励✊‼️ 〰️こうして今も、レジェンドOBが虎の再建⚒️若虎奮起の為に一肌脱ぐ姿は、ファンから見ても率直に嬉しいナ~🎵😙👌✨ pic.twitter.com/qE9GKcSyUw



    監督、代わって欲しい… 阪神・掛布SEA 悩める大山に「4番の心得」を伝授 #SmartNews  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1515810/ 



    掛布監督なら、 ③番 高山 ④番 大山 で結果残しそうなんだが…。 阪神・掛布SEA 悩める大山に「4番の心得」を伝授(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000017-tospoweb-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
    <日本生命セ・パ交流戦:ロッテ3-11阪神>◇4日◇ZOZOマリン

    阪神原口文仁が打撃の師匠として仰ぐ掛布オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーも試合前、激励した。

    「『頑張れ』と言ったよ。いい目をしていた。あの体の張り具合と目力があれば大丈夫じゃないか。交流戦でチャンスがくるだろうし、彼は節目のときに打つからね」。言葉通りの活躍に目を細めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-06041121-nksports-base



    とりあえず掛布の目の前で原口の復活と背番号31のHRが出たのがよかった



    掛布さんも原口くんの復活には感慨深いものがあるやろね。 今日は副音声で解説やってたけど、掛布さんは全国ネットでもローカルでもラジオでも手を抜いた解説はしない人やな。結構解説者って全国ネットとローカルでは別人のような解説するもんな。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-06041121-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/05/13(月) 16:15:27.43 ID:WMvqnrCWM
    大山はまだ分からんしなぁ

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/05/13(月) 16:15:45.05 ID:aYGzKsccp
    阪神だから

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/05/13(月) 16:15:47.03 ID:ie47nd9Jd
    ドラフトの戦略

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1557731727/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    ◆ヤクルト7―7阪神=延長12回=(8日・神宮)

     阪神はヤクルトに5―0と楽勝ムードだったが、8回に起用された3年目の福永が4連打。慌てて登板したジョンソンが追いつかれた。延長12回も、島本が2点リードを守れずに痛恨のドロー。阪神・掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、64)は特別観戦記「掛布論」を寄せた。

      *  *  *

     改めて野球の怖さを感じさせられた。阪神は5点リードを追いつかれ、延長でも2点リードを追いつかれた。本来なら9回で勝たなければいけないゲームだった。リリーフ陣が登板過多の12連戦の最後という特殊な状況と、6回2死で先発・岩田の危険球退場というアクシデントが、ベンチの判断を難しくした。それでも、5点リードの8回の頭から勝ちパターンの継投をしていれば、と思わずにいられない。

     ブルペンでは8回裏の登板に向けて、ジョンソンが用意を終えていた。表の攻撃で2点を加えたことでベンチは予定を変更して福永を投入した。結果論ではなく、あのまま8回はジョンソンに任せ、残り1イニングの9回ならドリスでなく福永で良かった。12連戦の最後だからこそ、きっちりと締めて、2位タイ浮上を狙ってほしかった。

     それでも負けなかったのは救いだ。今の阪神は3点取れば勝てる投手陣を持っている。JFK(ジェフ・ウィリアムス、藤川、久保田)を擁してリーグ優勝を飾った05年のような勝ちパターンも確立されつつある。リーグ屈指の投手陣というペナントの「決め手」を持っているのだから、この日の苦いドローを教訓に、上を目指してほしい。

     2軍からは「原口復帰」のうれしいニュースが飛び込んできた。2軍監督時代に育成から支配下登録された選手。ユニホームが間に合わず、山田コーチ(当時の2軍バッテリーコーチ)のユニホームを借りて出場したデビュー戦が強烈に印象に残っている。育成時代から、群れる必要のない「一人の強さ」を持っている選手だった。そのメンタルの強さが昨季の代打で23安打の球団タイ記録にもつながった。

     完全復帰へ大きく前進したが、焦る必要はない。1軍の舞台に戻ってきた時は、大病を乗り越えて、さらに一回り大きくなった姿を見せてほしい。(掛布 雅之)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000028-sph-base



    5点差でPJ出したらそれはそれでなんか言われそうやけどw 【掛布論】阪神はリーグ屈指の投手陣で勝ちパターンの継投を貫くべき : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20190509-OHT1T50028.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ