1


 阪神の井上広大外野手(20)が21日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の720万円でサインした(金額は推定)。

 高卒2年目の今季はケガに泣いた1年間だった。宜野座キャンプで左膝を打撲し、途中離脱。開幕から出遅れると、6月にも左肩を負傷した。復帰後の8月にはウエスタンで17試合連続安打を記録。後半戦の1軍昇格も見えていた矢先の同20日に右脛骨を骨折し、1軍出場がないまま終わった。

 それでも、ウエスタントップの50打点をマークするなど「良い時はこうできてる、悪い時はこうなってしまっているというのが2年目で分かったので、3年目につなげる1年だったんじゃないかなと思います」と手応えも得た。

 球団からは「ケガをしてしまったのでケガせずに1年間やれば結果もついてくるといっていただいた」といい、井上も来季へ向けて「1試合でも多く上の試合に走攻守そろえてどれだけ出られるのかが自分の勝負だと思う。この期間を大事にして、復帰したしたときにケガの功名と言えるようにしたい」と意気込んだ。







【阪神】将来の大砲候補・井上広大が現状維持でサイン「けがしない体作りを」 今季は故障に泣く(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース どのポジションで一軍に定着したいのか、はっきりさせんと中途半端になって結局便利屋で終わってまう 来年は勝負の年  https://news.yahoo.co.jp/articles/237c8d8ff638c1b08a2d30cecf7bba55ceceeca1 


続きを読む