とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    揚塩社長辞任

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野燿大監督が9日、揚塩健治球団社長の辞任を受け、胸中を語った。

     矢野監督は「一緒に戦ってきた方なんで申し訳ない気持ちと、もちろん残念な思いもあるし、複雑な気持ちです」とコメント。今後へ「精いっぱい、社長の思いもしっかりオレらが持って戦っていくっていう決意でいる」と語った。

     揚塩社長は球団内で新型コロナウイルス感染者が相次いだことなどによる引責辞任で「3月に続いて今回、2度にわたって球界全体にご迷惑をかけた事実は否めません」と謝罪。その一方、グラウンド外で起こったことであることから、矢野監督には「フィールド外についてはフロント、フロントのトップである私の責任です。監督に責任はございません」と伝えたことも明かしていた。




    【阪神】 矢野監督 揚塩球団社長辞任胸中  https://news.yahoo.co.jp/articles/851f63ef574414940050b0e2893af3e073de2d54  「一緒に戦ってきた方なんで申し訳ない気持ちと、もちろん残念な思いもあるし、複雑な気持ちです。精いっぱい、社長の思いもしっかりオレらが持って戦っていくっていう決意でいる」



    見せましょう矢野野球。 魅せましょう矢野野球。 社長までもがこんな発言をするタイガースは、 久しぶりに見た気がします。 何か問題があった時、 社長や監督の責任が問われるけど、 選手ももう大人。社会人としての責任は個々にある。 揚塩社長お疲れ様でした!  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201009-20090424-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    プロ野球阪神の揚塩健治球団社長が9日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を行い、9月末に複数の選手が新型コロナウイルスに感染するなどした一連の騒動の責任を取って今秋に辞任する意向を表明した。以下が会見の要旨。

    (冒頭で自ら)「このたびはコロナの罹患(りかん)において10名の選手の入れ替えをして戦わざるを得なくなり、ファンのみなさまには大変ご心配、ご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます。また、NPB、対戦相手チーム、そして保健所をはじめ、関係機関のみなさま方にも、大変ご迷惑をおかけしましたことをあらためておわび申し上げます」

    (続けて)「3月に続いて今回2度にわたって球界全体にご迷惑をかけた事実は否めません。着任以来、いろいろな混乱を招いた球団内の最終的な責任者は私でございます。私の一存ではございますが、今シーズンのシーズン終了をもって、社長を辞することを(藤原)オーナーに申し入れ、承諾をいただきました」

    (さらに続けて)「1日も早い混乱の収拾を願い、本日このような発表をさせていただくことになりました。チームは戦っている最中ではございますが、私なりのけじめの付け方としてご理解いただければ、と思います。申し訳ございませんでした」

    -辞任の理由はコロナ感染拡大で

    「コロナに感染したことだけをもって辞任するわけではございません。コロナは感染予防していても感染するリスクは、やはりあります。先ほど申し上げましたように、着任以来いろいろな、1つ1つの事案を今ここでは申し上げませんが、そういった混乱を招いたこと、これは球団内の最終責任者は私でございますので、そういったことを踏まえ、今回私の一存ではございますが、シーズン終了をもって退任することとさせていただきました」

    -このタイミングで発表について

    「先ほど申し上げましたように、早い混乱の収拾を願ってということが1つ。それから選手たちが入院、療養ホテルから幸いにも重症に至らず、健康体で戻ってまいりました。トレーニングを始めました。このタイミングで発表させていただいて、選手たちの1日も早い実戦への復帰というものに対しても、ご理解を賜りたいと考えました」

    -決断について矢野監督や選手、藤原オーナーと話は

    「オーナーとはもちろん、何度も話をしました。矢野監督とは、先ほど話をしました。矢野監督には『フィールド内のことについては矢野監督の範ちゅうです。でもフィールド外についてはフロント、フロントのトップである私の責任です。監督には責任はございません』。このように伝えました。監督からは勝って、恩返しをするという力強い言葉もいただきました。選手らには、監督に話をした後、先ほど室内練習場で全員集まっていただいて話をしました。私からは残り少ない今シーズンの試合ですが順位、ゲーム差にかかわらず、1試合1試合、目の前の試合を勝ち切ることにこだわって、ぜひ勝ってほしいという話をしました。それと、矢野野球。これをぜひ残り試合でも体現してくれと話をしました。超積極的、あきらめない、誰かのために。この野球を、球際の諦めない、そういうプレーが画面を通してファンに伝わりますし、それをファンも期待しています。そういう話をしました」

    -退任まで期間があるが、今後の新たな感染対策などは考えているのか

    「まずは遠征における外食は一切、禁止にしました。それから、従前から進めている感染予防対策、これについては再度見直し徹底して、ベンチ内でのマスク着用とかロッカールーム内でも必ず着用するなど、今までやってきた対策をさらに徹底して行うように指示しております。シーズン終了をもって(退任)ということでございますが、野球界は日本シリーズもございますので、基本的には12月1日付ということで今のところ考えております。後任はまだ決まっておりません」




    言葉にして矢野さんを庇ってくれたし、12/1付けでの退任ならドラフト戦略にも大きな支障はない 鳥谷→コロナと2年連続で矢面に立たされる不幸はあったけどご苦労様 辞任の阪神揚塩社長「監督に責任はない」一問一答(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/41d408e936af28cfbb2917b4e4fa31d8bf232797 



    阪神の球団社長が辞任へ 2020年10月9日  https://news.yahoo.co.jp/pickup/6373245  矢野監督も責任を取るべき。とにかくフロントを大刷新しないと示しがつかない。


    続きを読む

    このページのトップヘ