1


<練習試合:阪神2-2楽天>◇16日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

阪神原口文仁捕手が攻守で存在感を示した。「6番捕手」で出場。0-1の4回1死二、三塁で左腕池田駿から一時逆転となる中前2点適時打。「後輩たちがいいつなぎをしてくれた中で1本出たから良かった」。連打で出塁した佐藤輝、井上の2者をかえした。守備では初回1死一塁で先発秋山のワンバンドを止めると、飛び出した一塁走者小郷を素早い送球でアウトにした。

矢野監督は勝負強い打撃を「やっぱりしぶとい。(出場機会が限られる中で)ああいう場面で結果を出すのはフミ(原口)らしさだと思う」、評価。守備についても「一塁をアウトにしたのとか守備に関してもあいつ自身、いろいろチャレンジして取り組んでいる」とうなずいた。

梅野を中心に正捕手争いは激しいが、原口は「しっかり自分のやるべきことをやるだけだといつも思っている。そこはブレずにコツコツやっていきたい」と静かに闘志を燃やした。







阪神 宜野座 楽天戦 原口選手 六番捕手で出場 2打数1安打2打点 第一打席 遊ゴロ 第二打席 中前安打 2打点 (逆転タイムリー) 秋山、岩貞投手を上手くリードし、飛び出した一塁ランナーを刺した素晴らしいプレーもあり、4回までは楽しい野球観戦やった。


続きを読む