1


 「阪神2軍春季キャンプ」(1日、安芸)

 阪神2軍がキャンプを打ち上げ。手締めのあいさつは、平田2軍監督が「文句のつけようがない」と評価した板山祐太郎内野手(26)が務めた。

 「安芸市のみなさま、球団関係者のみなさま、阪神園芸のみなさま、ホテルタマイのスタッフのみなさま、1カ月間大変お世話になりました。おかげさまで精いっぱい、野球に打ち込むことができました。キャンプは終わりますが、ここからが本当の勝負です。宜野座組に負けないように、1軍の、日本一の1ピース(ワンピース)になれるように、1年間精いっぱい頑張っていきます。本当にありがとうございました」

 無観客で迎えた異例のキャンプ。高卒ルーキーの高寺(上田西)が実戦全6試合安打をマークするなど存在感を示した。




糸原の独壇場に割って入る板山。 期待したい。 阪神・板山に「大化け」の気配 志願の二塁で2安打3打点「ある程度の手応えがある」 (スポーツニッポン) - LINE NEWS  https://news.line.me/articles/oa-sponichi/36b8fd5f61a6?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none 



廣岡田口はビックリした。阪神もやるべきやけどな。長打が打てる二遊間は阪神も欲しかった。個人的には板山がのし上がって来てほしいけどなー。


続きを読む