とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    新キャプテン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎の新キャプテン・坂本誠志郎捕手(28)が大学生ルーキーたちに愛ある金言を送った。

     今季の阪神はドラフト2位で鈴木勇斗(創価大)、同3位・桐敷拓馬(新潟医療福祉大)、同5位・岡留英貴(亜大)と大学生投手3人が入団。いずれも現状では一軍・沖縄キャンプスタートが濃厚で、即戦力としての働きが期待されている。

     「新人とはいえ大学を卒業して入ってきて、ある程度、即戦力として考えられていると思いますし、やりやすい環境を作ってあげるのは、大事なことだと思います。去年の新人3人(伊藤将、中野、佐藤輝)が頑張ってくれましたし、自分たちもできると思って。チームが上に上がっていくために必要な力だと思います」と、チームを束ねるキャプテンとして献身的なサポートを約束した。

     自らも数年前は明大から即戦力捕手として入団。キャンプのブルペンでは、投手と捕手としてのコミュニュケーション作りが必要不可欠なことは、肌身で感じてきた部分でもある。

     そのうえで坂本は「今は実戦が早かったり、アピールする時間、タイミングが早くなってきている。しっかり1月の段階から準備して(キャンプに)入ってきてもらわないといけない」とし「ピッチャーが頑張ってくれてキャッチャーの仕事も成り立ちますし、新人に限らず、どのピッチャーでも、お互いが一緒にやっていくことが大事」と投球を受ける機会を楽しみにしている。

    「球場でもそうですけど、宿舎とかでもコミュニュケーションを取る機会があると思う。『どういう人間なのか』とか、性格とかも知るチャンスはいっぱいある。プロで活躍するために力を貸してあげたり、僕も彼らから力を借りてやっていきたい」。

     自らも6日から甲子園の球団施設で始動し、2月のキャンプインへむけ「寒いのでケガだけはしないように。走ったり、体をしっかり動かすこと。慣れさせることから」とコンディション作りに励む傍ら、後輩投手たちの操縦法も今からじっくりを思案している模様だ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     選手間投票で新キャプテンに選ばれた阪神・坂本誠志郎捕手(28)が29日、チーム内で印象に残った今季の「5大トピックス」を明かした。自ら製作した虎メダルや来季の新パフォーマンス構想はもちろん、怪物・佐藤輝の意外な一面、そして前主将の大山から感じた覚悟―。悲願のリーグ優勝に向け“虎の仕掛け人”は様々な角度からチームを支えていく所存だ。(取材・構成=中村 晃大)

    ◆その1「虎メダル」

    パドレスまねて7月上旬から本塁打者に 自身で製作

     「ある日の試合前、みんなでパドレスの試合を見ていたんですけど、『うちもやる?』みたいな流れになりました。あとはお笑いのノリでチェーンとかを買ってきて、全部で3000円ぐらい。来年はファンの方が何か作ってほしいとかなれば、おもしろいかもしれませんね。2月には新庄さんが(練習試合で)宜野座に来るので、こっちのベンチ全員ゴレンジャーのマスクをつけてる…とまではいきませんが、何とかメディアが阪神の話題でいっぱいになるように。プレーでも何でも、また見に来たいと思ってもらえるような取り組みをしていきたいです」

    ◆その2「緊張の声出し」

    試合前の儀式 勝利すれば翌日も同じ選手が

     「矢野監督になってからですけど、ファームで監督されている時から『マジメに声出ししててもおもんないやん』とか、人を楽しませることをいつも意識されてました。今では声出しでどれだけ笑わせられるかも1つのステータスになってるんで、全員緊張してる(笑い)。でも、マルテが頑張って日本語で話してくれたり、ヤギ(青柳)が来てくれたり。声出しをベンチ外の投手がやるなんて、今までなかったですよ」

    ◆その3「規格外」

    球団新人記録24発男・佐藤輝に意外な一面 英語力も怪物級?

     「試合前とか外国人と英語で会話してますよ。日常会話みたいな感じもできていますし、ロハスやサンズとバットの出し方とか技術的なことも普通に話せているんで。普段は超がつくマイペース。ネクストバッターズサークルに入ってないといけないのに、まだベンチ裏で素振りとかよくあります。新人であそこまで自分を通せるのは、かなり肝が据わってます(笑い)。試合中、名前を呼ばれるだけであれだけ拍手がもらえるのは輝か晋太郎ぐらい。人をひきつける魅力はいろんなところから感じます」

    ◆その4「宇宙人」

    仲良しの糸井は今年も天然さく裂 凡人には想像できない“事件”も

     「嘉男さんはいろんな人のバットを使って自分の今の状態にはどのバットがいいかをよく探してるんですけど、シーズン終盤に『誠志郎、バット貸してくれ』と言われて。それで新品をあげたのに、試合になったら僕の使ってるバットで打席に行くんですよ。それをあげると言っても、ちゃんと返してくる(笑い)。ある試合では代打で僕のバットを持っていこうとベンチ裏から出てきたみたいなんですけど、『あれ、バットない』ってなって、それで打席を見たら僕が打席にいたらしい…。バットあるわけない(笑い)」

    ◆その5「前主将」

    大山への思い 重責受け継ぎともにV目指す

     「悠輔は4番として期待が大きい分、悪い結果を取り上げられがちですが、勝負の鍵になるところで打ってますし、凡打でも絶対全力で走ってる。『俺がやらないといけない』という覚悟を持ってやっているなと今年は特に感じました。間違いなく悠輔のチームでしたよ。キャプテンマークはなくても、チームを引っ張る姿勢は常に持ってくれると思うので、少しでも力になれることがあるならなりたいし、みんなで力を合わせてやりたいと思います」

     ◆坂本 誠志郎(さかもと・せいしろう)1993年11月10日、兵庫・養父市生まれ。28歳。履正社高では2年夏と3年春に甲子園出場。明大では東京六大学野球で3度のリーグ優勝に貢献し、ベストナインを2度受賞した。4年時には大学日本代表で主将。15年ドラフト2位で阪神入団。通算188試合で打率2割1分1厘、6本塁打、33打点。176センチ、77キロ。右投右打。来季年俸2200万円。

    アマ時代から主将歴任 ほろ苦デビューが「気配り」原点

     履正社高、明大、そして大学日本代表と主将を歴任してきた坂本の人柄を評価する関係者は多い。今季も佐藤輝が三振の新人最多記録を更新した際にあえて“表彰式”を行うなど、気配りのできる男だ。よく人間観察をしており、それぞれの性格を把握した上で、声を掛けるタイミングを見定めているように感じる。

     ほろ苦いデビュー戦が原点だ。16年7月19日の巨人戦(甲子園)。バッテリーを組んだ能見(現オリックス)が3回途中6失点でKOされ、自身も途中交代を命じられた。試合後、矢野作戦兼バッテリーコーチに呼ばれた。怒られるかと思いきや「こんな経験、なかなかできひんよ。これより下はあらへんやろ」。次に先発機会が与えられた8月10日の広島戦(マツダ)では再び能見をリードし、勝利を収めた。何事も前向きに捉える大切さは、今なお胸に刻んでいる。(阪神担当・中村 晃大)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・坂本誠志郎捕手(28)が19日、英語力を駆使してウィルカーソン、ケラーの両新助っ人右腕とコミュニケーションを深めていく考えを明かした。「いい部分を引き出せるようにできることをしていきたいです」。投手としての特徴だけではなく、性格面も把握してリードに生かす。

     新主将は中学3年時に高校中級程度に相当する英検準2級を取得した語学力の持ち主。「あいさつや単語くらい」と謙遜するが、スペイン語圏の選手も含めて「英語でしゃべればなんとかなる。知ってる知識をフルに使ってなんとか会話しています」とこれまでも意思疎通を図ってきた。

     既に両投手の投球映像はチェック済み。先発候補のウィルカーソンは「真っすぐは日本人ぽいというか、きれいなフォーシームで、クイックもできるから長いイニングも投げられそう」と分析。守護神候補のケラーは「球が速いのが一番の印象。大きく曲がるカーブもある」とイメージを膨らませている。

     「文化が違うので、普段の生活から難しい部分があると思います。普段の会話から仲間意識というか、やりやすい環境、いい雰囲気でいさせてあげたい」。捕手として、また新キャプテンとして全力サポートを約束した。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    来季の主将に就任した阪神坂本誠志郎捕手(28)が16日、ABCラジオ「ラジオで虎バン」に出演し「坂本製作所」の所長として猛省した。今季は本塁打を放った選手らにかける「虎メダル」を製作した。10月13日巨人戦で本塁打を放ち、メダルをかけられる側になった。リスナーからその心境を問われると率直に明かした。「本当に軽すぎた。みんなに申し訳ない。いいことをしたと思ってましたが、こんなにちゃちなモノをみんなにかけて『すいません』しかない」と笑わせた。

    軽妙な話術で、盛り上げた。4日のファン感謝デーで主将を決める選手間投票が行われて選ばれた。「何かあれば名誉キャプテンに糸原さんがいる。(糸原さんは)『オレについて来い!』と常に言ってますが、すぐにフェードアウトしてたりします」と冗談を飛ばしたが、すぐ、真剣なキャプテントークになった。

    優勝した03年の選手会長で日刊スポーツ評論家の桧山進次郎氏(52)も番組に出演。「優しいだけではダメ。オンとオフの切り替えがあるといいな」と求められると「普段は仲良くでもいいと思う。チーム内で競争して、強い気持ちを持って、殺気立って、相手と戦うときに、もっと大きなモノとなってのみこむものが僕もほしいと思っていました。表に出していいんじゃないかな」とうなずいた。

    シーズン終盤は先発マスクをかぶったが、ヤクルトに優勝をさらわれた。「悔しかった。最後、出られましたが、優勝争いした皆さんが作ってくれた。自分で作り上げたものじゃない。自分で優勝争いを作って、優勝を決める、優勝を勝ち取るのを、すごく思いとして強くなりました。やっているときは幸せ。終わると悔しさになった」。来季は梅野と正捕手を争う立場だ。リーダーとして、堂々たる所信表明だった。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・青柳晃洋投手(27)が4日、新キャプテンに就任した坂本のサポートを誓った。15年度ドラフトの同期入団で、同じ93年生まれ。来季から投手キャプテンは廃止されるものの、同い年の仲間として女房役を支える。

     「僕も誠志郎(坂本)が適任だと思いますし。もちろん誠志郎に全部やってもらうわけじゃないですけど。サポートできることはしながら、一緒にチームを良くしていきたいと思います」

     シーズン中から、仲間のために動く姿を目にしてきた。「試合に出てない時も周りの選手に声かけたり、僕も配球面で聞いたりとか。一勝一勝に懸ける思いが強い選手だと思う」と頼りにしている。

     この日行われたファン感謝デーのVTR企画「坂本製作所」では、坂本から最多勝の表彰としてチーム屈指の雨男“雨柳さん”にちなんだ「金のてるてる坊主メダル」を贈呈された。「(来季は)ベンチに掲げたいと思います」と笑わせた右腕。新主将と共闘でチームを引っ張っていく。




    たぶん監督が決めたら色々言われるから 選手間投票にしたんやろなぁ 坂本が適任やけど レギュラー違うからこれしかなかったんやろね 阪神青柳晃洋「僕も誠志郎が適任だと思う」同学年の坂本新主将サポート誓う  https://gunosy.com/articles/e7J2Y?s=t 



    同期の絆はがっちり結ばれています。 阪神・青柳 新主将の坂本支える「一緒にチーム良くしたい」 同期入団&同い年/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/12/05/0014891698.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

    このページのトップヘ