とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    新コーチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の2軍投手コーチに就任する久保田智之氏(39)が13日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を行った。

    14年の現役引退後は打撃投手、17年から今年までプロスカウトを務めていた。「能力の高いピッチャーがたくさんいるのですが、その能力を出し切っていない選手も多々いるので、そういう選手たちが自分の100の力を出せるようにアドバイスなり、気持ちの面でもいろいろと伝えていきたいと思います」と意気込んだ。

    現役時代は、今季限りで引退した藤川球児氏(40)、ジェフ・ウィリアムス氏(48=阪神駐米スカウト)とともに「JFK」と呼ばれ、鉄壁のリリーフとして05年の優勝に貢献した。「JFK」のような選手の育成にも期待が集まる。「能力的には十分な選手がたくさんいるので、それをしっかり出してもらえれば、そういう選手が出てくると思うので期待しています」と、これまでの経験を生かし、伝説のリリーフ陣の後継者となる若手を育てる。




    阪神・久保田2軍投手C「能力的には十分。出てくると思う」第2のJFK育成に自信― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/13/kiji/20201113s00001173238000c.html  背番号は90、第2のJFK育成へ「年中夢求」ですね。 pic.twitter.com/Itl6GDAn0r



    阪神「K」久保田コーチ、第2のJFK育成へ「能力的に十分、期待しています」/阪神タイガース/デイリースポーツ online その「K」に殴り込みをかけてほしいんやけどなぁ…名前もKやし☺️☺️ 久保田コーチお願いします🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/13/0013861946.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     観客のいない甲子園球場に、活気ある声や笑い声が響く。阪神は28日、秋季練習を打ち上げた。22日から始まった練習の最後は、走り込みのメニューだ。新任の北川博敏打撃コーチが先頭。キツい練習が始まる選手に先立って、トレーナーと競争する形で場を和ませる。そこに矢野燿大監督の声が飛んだ。

     「(北川)ペイのが速いぞ、いけ!!」

     続いて上本博紀内野手の相手役として、走りだしたのは新井良太打撃コーチ。また、場が和む。こうして秋季キャンプ前、1週間の全体練習が幕を閉じた。チームは30日に高知・安芸市に移動し、31日から秋季キャンプが始まる。

     その答えは来シーズン以降に、結果として出るだろう。だが、シーズンを通して明るく、楽しく、前向きに1年間戦ってきた。そのスタイルにブレがないことが、選手にとって確かな指針になる。新任の井上一樹打撃コーチも「オレはみんなの兄貴であり、オヤジであるよ」と、初日から精力的に動いていた。

     近本光司外野手には「お前の足を持ってすれば、3割が最低条件だよ」とハッパ。高山俊外野手には「近本のパンチ力は見習わないといけない」と、同じ外野を守る後輩選手の名前を出して競争心をあおった。そんな高山には24日、ロングティーを打ちながら付きっきりで指導した。

     「名前は高山やけど、まだまだ“低山”や」、「ずっと見ててやらないとすぐ“抜け山”になる」

     自称「コミュニケーションモンスター」として、愛のあるイジりをちりばめながら、2016年新人王の背中を押す。高山は28日、下半身の張りを訴え、屋外練習を取りやめた。秋季キャンプに支障はない見込みだが、裏を返せばこの時期の下半身の張りは、覚悟を持って二人三脚で振り込んだ証しでもあるだろう。

     「自主性」を重んじてきたチーム。言葉が一人歩きすれば、放任といった非難や、練習量が少ないという誤解を招く。ただ、プロとしての自覚、自立を促す方針は、シーズン終盤の6連勝や、CSファーストSの戦いにもつながった。今後、目指すべき野球の一端を示したともいえる。

     当然、プロは結果の世界である。リーグ優勝した巨人との「8勝、6ゲームの差」を埋めるのは、簡単なことではないだろう。だが、ドラフトでは1位から、5人連続で高校生を指名した。1966年度の第1次以来53年ぶりのことだ。育てながら、勝つ。そんなブレないチーム方針に、矢野監督や、球団の覚悟が見える。

     井上コーチ、北川コーチは、どんな新風を吹き込むのか。秋は、穀物や果物などの収穫が多くなる季節であることから、実りの秋と表現される。まき続けている種を、来秋の収穫につなげたい。ブレない球団方針の先に、15年遠ざかる頂点が待っている。(デイリースポーツ・田中政行)





    阪神は育てながら、勝つ 新コーチが秋季練習で出した色(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 記者の眼からもいい内容に映ったようだな。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000041-dal-base 



    阪神は育てながら、勝つ 新コーチが秋季練習で出した色(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000041-dal-base ←井上コーチは選手からウザがれるくらい親身になって欲しい。 ほったらかすという言葉が就任会見時に出たように、活躍したい(結果を出す)ならとことんつきあってもらって怒られろ!!


    続きを読む

    このページのトップヘ