とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    新大砲

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が6日のソフトバンクとのオープン戦で、長打力のある佐藤輝を2番で起用した。結果的に得点には絡まなかったが、デイリースポーツウェブ評論家の高代延博氏は「この打順は大いにある」と語り、得点力アップにつながる可能性に言及した。

      ◇  ◇

     佐藤輝の2番は、オープン戦を迎えるにあたり、矢野監督自身がその構想を言葉にしていたが、この打順は開幕以降も大いにあると考える

     すでに2番打者にバントはないと公表しているも同然だが、このほうが佐藤輝にとっても気持ちを楽にして打席に入ることができるはずだ。

     クリーンアップとしての重圧がない。走者を進めるような小細工を必要もないし、とにかくフリーで打たせたい。ベンチには、そんな意図があるのだと思う。

     いかに大物ルーキーと言っても、新人に変わりはないし、精神的な負担を取り除くに越したことはないしね。

     実際に2番の打順に入れてオーダーを組んだのには、それなりの理由があるはずだ。選手によっては、打順に適応した打撃をしようと細工をしたがることがある。この試合を見る限り、佐藤輝にそういう無用な意識はないように感じた。

     五回表の打席。二死走者なしで打席に立ち、3ボールから打ちにいってセンターフライとなった。フェンスまで届きそうな大きな飛球だったが、それでいいと思う。シーズン中、おそらくベンチも打てのサインを出すだろう。

     これまでは糸原や北條、木浪らが2番に入り、打線を構成してきた。しかし、なかなか思うようなゲーム展開にもっていけい試合が多かった。

     去年、あと1本出れば勝てるという状況で、その1本が出ずに負けた試合が何回かあった。

     その意味では、出塁が計算できる近本の直後を佐藤輝に任せることによって長打で一気に二、三塁、あるいは“速攻の先制点”という可能性もある。それは大量点にもつながり、先に勢いを得るという戦い方は勝ちに近づくことにもなる。

     この日の試合では3番にマルテを一塁で起用し、サンズを5番でライトに入れた。新外国人ロハスの来日=チームへの合流が未定である以上、両外国人を使うならこうならざるを得ない。

     マルテは一塁しか守れない。サンズのライトは三塁コーチャーが腕を回したがるに違いない。ただ現状を考えるにつけ、2人の守備には目をつむるしかないだろう。

     さてロハスの合流後だが、阪神の守備は、どのような陣容になるのか。

     佐藤輝を三塁に回し、大山を一塁へコンバートするのが一番落ち着くと矢野監督も話していたように、それが理想だと私も思う。大山は一塁なら、ゴールデングラブ賞を取れるくらいの守備力はあると思っている。

     ロハスの合流は見えていないし、実力も定かではないが、佐藤輝の加入が打線に厚みをもたらしていることだけは間違いない。




    3番で良いと思うが。 出塁率期待ではないはず。 もし3番が打てなくても後ろに4番がいるから楽だと思う。 #阪神タイガース #佐藤輝明 阪神の新大砲・佐藤輝の2番起用は「開幕戦でもある」元阪神の名参謀・高代氏が予測する根拠(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/94bbbf98462636dac4abcff4128348731276ffa0 



    阪神の新大砲・佐藤輝の2番起用は「開幕戦でもある」元阪神の名参謀・高代氏が予測する根拠(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210306-00000160-dal-base  近本が生きないこの器用、方法は意味がわからない。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ ベテラン抜けた救援整備も要注目

     2月1日から一斉に開始される春季キャンプ。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は全球団が、無観客で実施することを発表している。阪神は今年も一軍が沖縄県宜野座村、二軍は高知県安芸市で本格始動。2005年シーズン以来のリーグ優勝へ、阪神キャンプの注目ポイントを探る。

    ●守備強化&遊撃争い、川相氏臨時コーチ就任!

     昨季12球団ワーストの85失策を記録した阪神。本拠地が土のグラウンドのため不利な面もあるが、1試合あたりの平均チーム失策数は2017年が0.57、2018年は0.62、2019と2020年はいずれも0.71と悪化の一途。糸原健斗や大山悠輔のレギュラー格も含め、守備強化は注力ポイントのひとつだ。近年固定できてない遊撃争いにも終止符を打ちたいところ。北條史也、木浪聖也、小幡竜平に加え、ドラフト6位の中野拓夢(三菱自動車岡崎)、巨人から金銭トレードで加わった山本泰寛も一軍メンバーに名を連ねた。さらに球団は、現役時代に巨人の正遊撃手として活躍した川相昌弘氏をキャンプ臨時コーチとして招聘。守備力アップだけではなく、バントや小技面の技術向上にも期待大だ。

    ●能見、藤川が抜けたリリーフ陣

     先発投手は揃っており、実績のある西勇輝、秋山拓巳、青柳晃洋、髙橋遥人らに加え、再び先発ローテ入りを目指す藤浪晋太郎や高卒2年目の西純矢らが、どこまでアピールできるかに注目。救援陣も残留したスアレス、エドワーズ、岩崎優ら勝ちパターンの陣容は強力だが、オリックスへ移籍した能見篤史、引退した藤川球児の退団もあり、頭数を揃える必要がある。今季も救援起用を見据える岩貞祐太や昨季飛躍した馬場皐輔に加え、ドラフト2位の伊藤将司(JR東日本)、前ソフトバンクの加治屋蓮ら、新戦力にも注目だ。

    ●ドラ1・佐藤&高卒2年目・井上のアーチ合戦の期待

     4球団競合の末に獲得したドラフト1位の佐藤輝明(近大)、昨季ウエスタン・リーグで9本塁打を放った高卒2年目の井上広大が揃って一軍メンバー入り。新たな若手大砲のアーチ合戦に期待が膨らむ。大学時代は三塁が主戦場だった佐藤が、どのポジションを守るのかにも注目。今年はコロナ規制による外国人の合流遅れが予想されるため、実戦でのチャンスも多くなりそうだ。

     すでに発表されている阪神の一軍キャンプメンバーは以下の通り。

    【一軍】

    <投手=21人>
    岩崎優、チェン・ウェイン、西純矢、西勇輝、岩貞祐太、馬場皐輔、藤浪晋太郎、伊藤将司、小野泰己、髙橋遥人、佐藤蓮、谷川昌希、ジョン・エドワーズ、秋山拓巳、齋藤友貴哉、ジョー・ガンケル、青柳晃洋、加治屋蓮、小川一平、石井大智、鈴木翔太

    <捕手=4人>
    梅野隆太郎、坂本誠志郎、榮枝裕貴、原口文仁

    <内野手=10人>
    山本泰寛、木浪聖也、大山悠輔、佐藤輝明、北條史也、ジェフリー・マルテ、糸原健斗、小幡竜平、中野拓夢、陽川尚将

    <外野手=7人>
    近本光司、糸井嘉男、髙山俊、井上広大、ジェリー・サンズ、中谷将大、小野寺暖




    🌺キャンプの注目🌴 守備力強化がテーマの阪神 なかでも遊撃争いは大激戦! 👉  https://baseballking.jp/ns/261866  ✅ 若き大砲候補であるドラ1・佐藤輝と2年目・井上の競演にも注目…🧐 #tigers pic.twitter.com/XDkLma7DbW



    阪神 サンズ&マルテの「ロペス化計画」で久慈コーチ秘策、一塁守備強化「理想はそうなってくれれば」 #ジェリー・サンズ #ジェフリー・マルテ #ロペス化計画 #久慈コーチ 読者登録→ http://toraho.blog.jp/_/oa_notifier   https://toraho.blog.jp/archives/34213735.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ