1


 来季、最下位からの巻き返しを狙う日本ハムが補強第1弾を発表した。

 阪神の江越と斎藤、日本ハム渡辺と高浜の2対2の交換トレードが成立。俊足強肩の右打者として阪神に14年ドラフト3位で入団した江越獲得には、新庄監督の強い希望もあった。稲葉ゼネラルマネジャー(GM)は「江越選手については、ボス(新庄監督)からも名前が挙がっていて、気になっている選手という話は以前からあった」と明かし「足も速くて、守備も非常にいい。打つ方は、阪神では結果に結び付かなかったかもしれないけど、新たな場所で変わる可能性は十分にあるので楽しみ」と、期待を寄せた。

 18年ドラフト4位で阪神入りした斎藤は、今月15日のフェニックスリーグで最速161キロを計測。この数字は、日本ハム投手陣に入れば最速となる。同GMは起用法について「分からない」としながらも「球が強くて速いのは魅力的。思い切ってやっていただきたい」と話した。




江越のトレードは新庄監督が望んだという記事を見かけてとてもホッとしたし良かったと思った…🥺



江越覚醒させたら新庄すごいと思う


続きを読む