とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    新背番号

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・梅野隆太郎捕手(29)が27日、甲子園球場での新作タイガースグッズ内覧会に出席し、今季から身にまとう背番号「2」のユニホーム姿を初めて披露した。少し照れながらも「本当に新鮮で、『やってやろう』という前向きな気持ちしかない。この2番をつけて、最高の成績が残せるように頑張りたい」と気合を入れ直した。

     福岡県出身の梅野は、捕手として城島健司氏(現ソフトバンク球団会長付特別アドバイザー)が少年時代から憧れの存在だった。「2」は城島氏が阪神在籍時の2010年から3年間、つけていた番号だけに特別な思いがある。球団捕手では10年の城島氏以来となる全試合出場へ、背番号の重みを感じながら戦っていく。




    阪神梅野「この2番で最高成績を」新背番号を初披露  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101270000921.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  キター😄🐯✨ 背番号2番初披露です✨ 梅ちゃんの新伝説の幕開けです‼️



    阪神・梅野、新背番号『2』初披露「最高の成績が残せるように頑張りたい」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210128/tig21012805010005-n1.html  @sanspocomより 似合ってるけど2北條のイメージデカすぎるな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は1日、来季の背番号変更を発表し、梅野隆太郎捕手(29)が2014年の入団以来、背負ってきた「44」から「2」に変更となった。代わって北條史也内野手(26)が「26」を付ける。

     阪神の2番の捕手といえば、2010年から3年間、在籍した城島健司氏(44)=現ソフトバンク球団会長付特別アドバイザー=が思い浮かぶ。福岡出身の梅野にとって、城島氏は幼少の頃からのスーパースター。強肩強打の系譜を継ぐためにも、打ってつけの番号だ。

     中継ぎエースに定着した岩崎優投手(29)も「67」から「13」に変更。1002試合のプロ野球最多登板を誇った中日・岩瀬仁紀氏(46)のように、球界を代表するリリーバーとして期待される。また、尾仲祐哉投手(25)が「27」から「40」、長坂拳弥捕手(26)が「39」から「50」に変わる。




    阪神梅野背番号44→2 個人的に44が好きやけど  https://twitter.com/kyuji22fujikawa/status/1333651890995744768 


    続きを読む

    このページのトップヘ