とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    日刊ゲンダイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ入り初の途中交代となった。

     23日、阪神ドラフト1位の佐藤輝明(21=近大)がDeNAとの練習試合に「3番・左翼」でスタメン出場。2打数凡退に終わると、六回限りでベンチに退いた。22日まで実戦8試合で打率.452、2本塁打、8打点と大器の片鱗を見せていたが、あくまで新人。22日には約200球を打ち続けるティー打撃の練習でヘロヘロに。その後のフリー打撃では持ち前の遠くへ飛ばす打球が鳴りを潜め、柵越えはゼロに終わった。

     井上ヘッドコーチは報道陣に「パワーはあるけど、持久力がない」とコメントするなど体力面を課題に挙げている。この日の試合では1打席目に11球粘って四球を選ぶも、その後の2打席は力なく一ゴロと空振り三振に倒れた。キャンプも終盤を迎え、ジワジワと疲労が蓄積しているようだ。

     阪神では主砲の大山が紅白戦の守備中に腰を痛め、捕手の梅野も練習試合の守備時にファウルチップを右足に受けた。ともに軽傷というが、この日は、開幕投手候補の西勇がぜんそくの疑いで緊急離脱。試合後の「デスノック」と命名された特守では、高卒2年目の井上が打球に飛び込んだ際に左膝を地面に打ちつけ、リタイアした。

     ケガ人が目立ち始める中、阪神周辺からは「練習量は他球団よりも少ない。ザル守備を改善するためにも、選手をガンガン追い込むべき」との声も聞かれるが、阪神OBはこう指摘する。

    「井上に関しては、履正社高2年時の秋に右膝蓋腱炎で手術を経験している。負傷箇所は反対側の左膝だが、両膝は連動しているだけに、今後が心配です。井上は外野手だし、いくら選手を鍛えるといっても、ケガをしたら本末転倒。指導者はその前にストップをかけないといけない。中日監督時代の落合博満さんも二遊間のアライバコンビや三塁手の森野を長時間ノックで鍛えましたが、決してケガをさせなかった」

     ちなみに佐藤はこれまで一度も「デスノック」を受けていないという。期待のルーキーだけに無理は禁物だ。




    ルーキー佐藤輝明もプロ初の途中交代…阪神選手バテバテで心配な故障ラッシュ #SmartNews スリルティーなんかするからだ。 直後から佐藤のバッティングがおかしくなった。 故障したら井上ヘッドは責任とるのか?  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/285581 



    オフの期間にちゃんと体動かして準備しよって選手全体がなるならケガの功名では?ケガしない術を模索したり体のケアのコツ掴むのも必要なことでしょ。 ルーキー佐藤輝明もプロ初の途中交代…阪神選手バテバテで心配な故障ラッシュ(日刊ゲンダイDIGITAL)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210224-00000005-nkgendai-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「今年は本気で動いている」

     今オフの阪神の補強について、ネット上でこんな声が散見される。

    ■助っ人だけで10億円補強も

     たしかに、補強費はコロナ禍で球団の収入が減っているにもかかわらず、破格といっていい。新助っ人野手として、韓国プロ野球で本塁打、打点の2冠を獲得したロハス・ジュニアの獲得が決定的となり、守護神のスアレスとも契約延長する見通しだという。米メディアによれば、ロハスの契約は2年総額5・2億円、スアレスに至っては、今季年俸8000万円から4倍近い2年総額7億円規模になるという。この2人の年俸だけで6億円に上る。

     さらに、残留組のマルテ、サンズ、エドワーズ、ガンケルの4人は、仮に現状維持でも計4・2億円。新助っ人投手として獲得を目指している韓国の20勝右腕・アルカンタラの条件は不明だが、少なくとも計10億円以上の大金を助っ人に投入することになる。

     さらに、阪神は来春キャンプの臨時コーチとして、元巨人、中日で活躍した川相昌弘氏を招聘することが内定。川相氏は通算533犠打の世界記録を持ち、堅実な内野守備で名手と知られた。指導者としての実績も豊富だ。

     近年の阪神は勝負どころの犠打失敗が目立つ上に、チーム失策数は3年連続でリーグワースト。弱点強化のため、川相氏の力を借りようというわけだが、さる球界関係者は、「本気で守備や小技を強化するというなら、川相さんを一軍の内野守備走塁コーチとして招聘すべきです」と、こう続ける。

    「いくら経験豊富な指導者といえども、1カ月間のキャンプで成果を出せるものではない。昨季の山本昌氏の臨時コーチ招聘しかり、名前のある人物をキャンプに呼べばメディアは飛びつくし、来年は守備や小技の強化に力を入れてますよ、とファンにアピールできる。それが目的ではないか。仮に川相さんを正式なコーチで迎え入れようとすれば、今いるコーチをクビにしなければいけない。自分たちの食いぶちが減ると、生え抜きのOBから反発される可能性もある。臨時コーチであれば極力、波風を立てずに済みますから」

    ■内外野の守備走塁コーチに肩書

     阪神はこのオフ、テコ入れが急務と言われた内外野の守備走塁部門にメスを入れなかった。

     久慈、藤本、筒井の3コーチを残留させ、久慈コーチは「バント担当」、筒井コーチには「分析担当」の新たな肩書を付けた。

    「いかにも場当たり的だ」とは、前出の関係者。

    「3コーチを残留させるだけではファンが納得しない。肩書を付けることで批判をかわしたいのだろう。藤原オーナーが社長を兼務するのも似たような構図ではないか。今年3月に藤浪らが『コロナ合コン』で世間を騒がせ、シーズン中に複数の選手が内規違反の外食をした。親会社である阪急阪神ホールディングスの角会長が球団の管理責任を問い、揚塩球団社長が辞任に追い込まれた。阪神は世間と角会長に対するエクスキューズが必要だったのです。オーナーが社長を兼務すれば、管理に力を入れているようにも見えます」

     要するに、阪神がやっていることは、失敗した時に批判をかわすための「アリバイづくり」ではないか。これではいくら補強にカネをかけたところで、チームが強くなるとは思えないが……。




    あからさまなポーズではファンは騙せない。監督もコーチも叩かれてるのはまともな野球ができなかったからなのに、まだ分かってないのか? 川相昌弘氏もなぜ「臨時コーチ」なのか…阪神ハンパ招聘の魂胆と本気度 - 記事詳細|Infoseekニュース  https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_693030/ 



    川相昌弘氏もなぜ「臨時コーチ」なのか…阪神ハンパ招聘の魂胆と本気度(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2793ec4dc417306d5886f668a9f0ff03eeee60a5  阪神に黄金時代などない。単年だけでたまたま強かった時期がある程度。チーム作りとか本気度などいままで経験ないからやり方わからないのが本音


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/24(火) 16:17:06.52 ID:NKizi9vbd
    巨人OBは、「巨人がソフトバンクに勝つためには、育成、ドラフト戦略の強化が不可欠ですが、目先のことで言えば、ソフトバンクの選手に力負けしない選手を揃えることも大事。コロナ禍で球団の収入が減り、湯水のようにカネを使えないものの、今オフは、いわゆるパワー系の選手の補強が加速するかもしれない」と、こう続ける。

    「その候補の一人が阪神を自由契約になったボーア(32)です。プロ野球は来季もコロナ特例により、一軍の外国人登録枠は5人のままで継続する方向。ボーアは来日1年目の今季、浜風によって左打者に不利といわれる甲子園を本拠地にしながら、17本塁打をマークした。真面目な性格で、日本野球に馴染もうと努力し続けた。来季も日本でのプレーを希望しており、来季は今季以上の成績を残す可能性もある。巨人は阪神にいた選手を取るケースはほとんどないが、球場が狭く、天候に左右されない東京ドームが本拠地であれば一層、期待できるのではないか」

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/24(火) 16:17:28.46 ID:NKizi9vbd
    かねて巨人は、昨季まで2年連続でセの本塁打王を獲得したDeNAのソト(31)や、西武の守護神である増田達至(32)の獲得調査を行っていると言われている。

    「ソトはメジャーの複数球団も関心を示しており、国内外での争奪戦は必至。今季年俸1.85億円からの大幅増は避けられません。しかし、強打者の必要性が再認識されたことで、獲得に本腰を入れる可能性がある。ソト本人も、巨人に関心を持っていると聞いています。今季、国内FA権を取得した西武の増田は、最速156キロのストレートが武器のパワー投手。巨人は今オフ、エースの菅野がメジャー挑戦することが濃厚ですが、その代役として獲得を目指した中日の大野雄がFA権を行使せず、残留した。先発投手では、ヤクルトの小川泰弘(30)がFA権を行使するかもしれませんが、巨人は抑え投手も欲しい。西武は4年12億円の好条件を準備するなど引き留めに必死ではあるものの、巨人も大魚を逃すわけにはいかないでしょう」(前出のOB)

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/24(火) 16:17:29.97 ID:6g4MqaNOa
    やけっぱちでとはボーアを何だとおもっとるんだ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606202213/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「親会社でGM制を復活させたらどうかという意見が出ているようです」

     阪神OBがこう言う。

     矢野燿大監督(51)の来季続投が決定した阪神でこのオフ、フロント人事に大きな動きがあるかもしれない。

    ■編成強化は必要不可欠

     3月の藤浪らのコロナ合コンに始まり、9月には福留ら選手による内規違反の外食が発覚。チームの規律が乱れた責任を取り、揚塩球団社長が11月限りで退任することになった。これにより、12月1日付で藤原崇起オーナー(68)が球団社長を兼務することが内定しているが、親会社の周辺では、「今季は2位に浮上したものの、巨人に7・5ゲームもの大差を付けられた。巨人との組織力の差は明らか。これを機にGMを復活させ、率先して編成やチーム運営の強化をすべきだ」との声があるという。

     前出のOBが続ける。

    「阪神では2012年9月、一軍監督などを歴任した中村勝広氏(故人)が球団初のGMに就任。15年9月に氏の死去に伴い、廃止された。阪神は近年、40歳前後のベテランや助っ人への依存度が高く、若手、中堅が伸び悩んでいる。今季限りで藤川、福留、能見の大ベテラン3人が引退、退団しますが、長年の懸案事項になっている指導力不足は解消されそうにない。チーム失策数は18年から3年連続で12球団ワースト。首脳陣のテコ入れは不可欠なのに、来季のコーチ人事は球団内部の人間を配置転換するだけにとどまった。今後、こうした事態を招かないためにも、幅広い人脈を持つなどマネジメント能力に長けた『編成の目利き』を置いてチームを立て直すべきというわけです」

     現在、12球団でGM制度を導入しているのはソフトバンク(三笠GM=取締役)、楽天(石井GM兼監督=取締役)など。楽天の石井GM兼監督、西武の渡辺GMは選手出身だが、ソフトバンクの三笠GM、日本ハムの吉村GMは選手経験がない。

    「阪神では02~03年、当時の星野監督が事実上のGM兼任監督として補強に関しても辣腕をふるった。最近では中日の森前監督がドラフトや助っ人補強で手腕を発揮し、今季、8年ぶりのAクラス入りを果たす土台をつくったし、巨人の原監督も全権監督としてリーグ連覇を達成した。編成面においても影響力を発揮できる監督に任せるか、大リーグのGMや、常勝チームを構築するソフトバンクの三笠GMのように、ビジネス界の優秀な人物が編成トップに就かない限り、簡単に勝てない時代になったといえます」(前出のOB)

    「金庫のカギは持っていない」

     とはいえ、阪神がGMを復活させようにも、一筋縄ではいかないという声がある。在阪の放送関係者は、「候補としては、12~15年に監督を務めた和田豊球団本部付テクニカルアドバイザー(TA)が挙がりそうですが……」と、こう続ける。

    「和田TAはフロントとして、ドラフト候補の視察などに関わっている。調整役としては長けているでしょうけど、かつての星野監督のように人脈を駆使した政治力があるかどうかは不透明です。OBでは他に、阪神レジェンドテラーの掛布雅之氏を推す声が上がっています。掛布さんなら実績、知名度、人脈とも申し分ない。ファンの理解も得られる。04~08年に監督を務めた岡田彰布さんもいますが、阪神は伝統的に電鉄本社から出向した取締役兼球団本部長が編成のトップに就く。いまの谷本修副社長がこのポジションに当たります。中村GMはかつて、『私は金庫のカギは持ち合わせていない』と話したように、監督やFA補強など、大きな人事の決定権を持っているのはオーナーであり、お金を動かせるのは取締役である球団社長、球団本部長まで。GMとは名ばかりで、成績不振や補強失敗の際の『風よけ』に使われるだけでなく、ファンやメディア向けの『アピール』『アリバイづくり』でしかない、ともっぱらでした。今回、GMを復活させたとしても、同じことになるでしょう」

    ■フロントの反発必至

     このことは、阪神のフロントにはびこる「ぬるま湯体質」が影響している。前出OBが言う。

    「腕利きの人物を呼んで編成権を与え、お金をも動かせるようにしようものなら、既得権益を守りたいフロントが猛反発し、波紋を呼ぶのは必至です。岡田さんが監督に復帰できないのは、監督時代に編成を巡ってたびたびフロントと衝突したことで、いまだに親会社や球団内にアレルギーを持つ人間がいるからだといいます。そもそも阪神の幹部たちは、球団への出向中にとにかく波風を立てたくない。フロントの古株たちの言い分を受け入れていれば揉め事は起きないため、ナアナアで済ませる傾向がありますから」

     フロントがこんな体たらくでは、再建への道のりは遠いというしかない……。




    そういや、中村・掛布・和田と全員千葉県出身ですね。どんでんはGMにすると確実に通訳が一人必要なんで金がかかる 阪神に「GM」復活プラン 掛布氏と和田TAが候補も…“名ばかり職”で腰砕けの黒歴史が(日刊ゲンダイDIGITAL)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201119-00000028-nkgendai-base 



    阪神に「GM」復活プラン 掛布氏と和田TAが候補も…“名ばかり職”で腰砕けの黒歴史が(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/68e0630842de7b63f09a0b406a8c23f9cbfb6d0f  (・_・) 阪神のフロント闇が深いね。。 #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ■戦力外は当然でも…

     また一人、追い出されるのか。

     阪神の来季構想から外れ、退団が決定した福留孝介(43)のことだ。

     球界最年長選手として迎えた今季は43試合出場、打率・154、1本塁打、12打点と低迷。9月には、コロナ禍における球団の内規を違反する会食騒動を巻き起こし、二軍降格となり、制裁金も科された。本人は現役続行の意思が強く、水面下では古巣の中日が調査を開始したもようだ。阪神OBが言う。

    「今季の成績では戦力外になるのは当然としても、この処遇は昨年、鳥谷に現役引退を勧告し、退団に追い込んだのと同じ構図です。福留は中日、メジャーを経て、2012年に阪神へ入団。8年間、タテジマのユニホームを着続けている。後輩選手へアドバイスをしたり、野球に向き合う姿勢を背中で見せてきた。今季限りで引退する生え抜きの藤川球児(40)ほどではないにせよ、功労者の一人といっていい。本人が現役にこだわるのであれば、『兼任コーチ』を打診したり、指導者手形を用意して引退を説得するなど、退団が決まる以前にしかるべき手を打つべきです。このやり方では将来、福留が指導者として阪神のユニホームを着る機会が失われかねません」

    功労者冷遇の悪しき伝統
    功労者の藤川も今季2020年限りで引退(C)共同通信社

     プロ22年目を迎える福留は、ここまで歴代12位の日米通算2407安打をマーク。00年代の常勝中日では主力として活躍、メジャーでも一定の成績を残した。後輩選手の面倒見も良く、指導者としての資質を評価する声もあった。前出OBが続ける。

    「阪神は指導者の人材不足が顕著。矢野監督の采配下手はもちろん、リーグワーストの73失策のザル守備には改善の兆しが見えず、バントミスや拙攻も相変わらず。経験豊富で指導者としての適性がみえる福留のような人材は阪神にとって貴重なのに、いとも簡単に放出する。昨年は鳥谷を退団に追い込み、一昨年には“三顧の礼”で迎え、新たに3年契約を結んだ金本監督を1年目で電撃解任した。OBの中には、そんな阪神の体質を嫌って、コーチ就任を拒む者もいる。阪神に有能な指導者がいないのは、功労者を大事にしない悪しき伝統のせいです」

     03年、05年の優勝に大きく貢献した今岡真訪(現ロッテ二軍監督)も、09年に戦力外になり、追われるように阪神を去った一人だ。当時のフロントは、今岡に現役引退を打診したが、現役続行を希望する本人を説得することができず、退団。そのオフ、今岡がトライアウトを受けた際には、オリックスの監督に就任した大物OBの岡田彰布氏が「何であんなさらし者にするんや」と阪神のフロントを痛烈に批判した。

    「その岡田氏も1993年に阪神から戦力外通告を受け、現役続行を希望して、翌年オリックスへ入団。当時の球団社長は、岡田氏に解説者の椅子を用意したり、フロント入りを打診したりするなど処遇を気にかけていたからまだしも、掛布雅之、田淵幸一、江夏豊といったスター選手は、それぞれ事情は違えど、遺恨を残す形で退団、移籍している。田淵氏はタテジマのユニホームを脱いでから02年に現場復帰するまで24年、掛布氏は16年に二軍監督に就任するまで27年もの時間を要した」(前出のOB)

     それにしても阪神はなぜこうも、看板選手の処遇が問題になるのか。

    「阪神の場合は昨年の鳥谷しかり、“根回し”もなく突然、引退勧告をすることが多く、結果、話がまとまらないことが多い。例えば、昨オフに引退した巨人の阿部慎之助(現二軍監督)も、現役続行を希望していたが、原監督が将来の指導者への道を説き、引退を決断させた。しかるべき人がしかるべき言葉をかけるなど、阪神には総じて、功労者への配慮が欠けているのです」

     とは、前出のOBだ。




    おっしゃる通り! 能見の扱いは違ってるけど。 >今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神フロントと矢野監督の愚行(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4e0dc92eab600452c822ea684f1740dc447e69ed 



    福留に続いて今度はノウミサン退団か 恐らくコーチ打診はしとるはずだから、現役続行の意思があったんだろうね 確かに成績的には厳しいけど、島本の目処が立ってないから残留かと思ってた


    続きを読む

    このページのトップヘ