とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    日本ハムへ移籍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神から移籍した日本ハム・谷川が、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で入団会見を行った。17年のドラフト5位で阪神に入団した28歳の右腕。シーズン途中での移籍に「びっくりしたけど、すぐに気持ちを切り替えた。自分にとってはチャンス。このトレードできっかけをつかんで人生を変えたい」と意気込みを語った。

     谷川は昨季は中継ぎとして自己最多の14試合に登板して防御率5・02。今季はウエスタン・リーグで中継ぎとして8試合で0勝1敗、防御率1・23と安定した投球を見せていた。シュートが武器の谷川について、栗山監督は「チーム状況が苦しい中、打者の懐を攻める投手が必要だった。チームに勢いと魂を吹き込んでほしい」と期待を寄せた。




    阪神から移籍谷川昌希投手 今朝のイチスポから https://t.co/lZwPekKiQ4



    @itigotiyan 谷川がイチモニで紹介されましたね♪



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は17日、谷川昌希投手(28)がトレードで日本ハムに移籍すると発表した。交換ではなく、金銭とみられる。中継ぎ補強が急務の日本ハムと支配下登録枠を空けたかった阪神との思惑が一致した格好だ。

     谷川は2017年のドラフト5位で九州三菱自動車から加入。昨季は14試合に1軍登板するなど、3年間で25試合に登板し、1勝1敗、防御率5・77の成績だったが、今季は1軍登板がなかった。

     日本ハムは16日時点で4勝10敗3分けとパ・リーグ最下位に低迷。チーム防御率もリーグワーストの4・38と投手陣のテコ入れが必要な状況だ。

     また、阪神は支配下登録選手が70人の上限に迫る69人で、シーズン中の外国人の緊急補強や育成選手の昇格を検討するにあたり、身動きが取りづらい状況となっていた。2軍では育成の小野寺暖外野手(23)が打率3割2分8厘、1本塁打、10打点と猛アピールを続けている。

     ◇谷川 昌希(たにがわ・まさき)1992年10月6日、福岡県生まれ。28歳。小学1年から野球を始め、筑陽学園高では甲子園出場なし。東京農大から九州三菱自動車に進み、西部ガスの補強選手として都市対抗にも2度出場。2017年のドラフト5位で阪神入り。18年6月2日の西武戦(メットライフ)でプロ初勝利。プロ通算25試合に登板し、1勝1敗、防御率5・77。175センチ、85キロ。右投右打。




    谷川の日ハムトレードをTLが良い意味で喜んでるあたり、みんな谷川の実力には期待してたんだね



    そっか、谷川君金銭トレードってことは、支配下枠1つ空きが出るなあ。そう考えたら暖君の支配下登録の準備のためということも考えられるな。さてどうなりますか。



    谷川金銭トレードなら小野寺支配下くるか!


    続きを読む

    このページのトップヘ