とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    春季キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野燿大監督(52)が22日、春季キャンプで臨時コーチとして招へいする川相昌弘氏(56)=スポーツ報知評論家=にバント特別講座を開いてもらう考えを披露した。「川相さんはバントもうまいので、ずうずうしくバントも教えてもらえる時間があったらいい」と期待を寄せた。

     川相氏は“世界記録”の通算533犠打を誇り「バントの神様」として名をはせてきた。もちろん3年連続12球団ワーストの失策数(昨季は85)の守備改善が最優先だが、犠打強化は機動力に小技を絡める矢野野球にも合致する。昨季の送りバント成功率はリーグトップの8割1分9厘。名手の極意が浸透すれば、まさに鬼に金棒と言える。

     17日にオンライン取材に応じた川相氏は「基本に忠実にやる練習を妥協しないこと。その積み重ねしかない」と継続の必要性を説いた。座右の銘は「手習いは坂に車を押す如し」。絶えまなく努力を続ける大切さを強調する指導者として、猛虎ナインに基礎からたたき込む覚悟だ。

     矢野監督は川相氏について「違う人の話を聞くとか指導を受けるのは、選手も指導者側のどちらにもプラスになる。川相さんに来ていただくことでエラーを減らせる可能性があるし、俺らも守備に対しての勉強ができる」と選手だけでなく、首脳陣の指導者役としての役割も求めた。(表 洋介)

    報知新聞社







    1月23日付大阪最終版1面です。今春キャンプで阪神の臨時コーチを務める川相昌弘氏に、矢野監督が、自身や首脳陣も積極的に学ぶ考えを明かした。12球団ワースト失策の弱点克服へ、巨人の遊撃で6度のゴールデングラブ賞を獲得した名手の考えを吸収する。 #大阪1面 #阪神タイガース #hanshintigers pic.twitter.com/LQIWQuTePp


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2軍キャンプスタートの阪神岩田稔投手は、焦らず調整する。

    1月上旬に新型コロナウイルスに感染し、18日に自主トレを再開。22日はブルペンでキャッチボールを行ったが「体がまだ慣れてない。1つ1つの動作を確認していくことが大事かなと思います」と話した。

    入院時もインナートレーニングは行っていたが、体のバランスがまだしっくりこない様子。「時間はかけていこうかなと思ってます。急に上げてもいいことはなんもないので」。じっくりと調子を上げていく。




    知らんかった。 岩田、ようそこまで回復したなぁ…良かったなぁ…! #hanshin #Tigers / 2軍スタート阪神岩田「体まだ慣れない」焦らず調整  https://news.yahoo.co.jp/articles/6537f9c5cc739588fbd6d5c13cd1e7cf679f74cb 



    スロー調整となりそうですね。 2軍スタート阪神岩田「体まだ慣れない」焦らず調整  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101220001078.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト8位の石井大智投手(23=四国IL・高知)は、初実戦から全開で腕を振る。

    新人投手は最短で2月7日の紅白戦がデビュー戦。「もちろんそこで全開でアピールしていかなきゃいけない」と力を込めた。

    対戦したい選手には大山を挙げた。「すごく活躍されて、ホームランの数も多い方。長距離砲に対して、どれだけ真っすぐが通用するか、変化球も含めてどれだけ自分の力が通用するか確かめたい」。中継ぎ起用を見据え、連投も考えたブルペン投球を重ねる予定だ。




    石井なら大丈夫👍 阪神8位石井大が大山と対戦熱望「力を確かめたい」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/dff17eed0aef2fc656b0f99f7fc9502c0f214026 



    阪神8位石井大が大山と対戦熱望「力を確かめたい」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/dff17eed0aef2fc656b0f99f7fc9502c0f214026  昨年の独立リーグからのドラフト指名者の中では、一番一軍に近い選手だと思います。力を発揮してほしいです! #石井大智 #アイランドリーグ #高知ファイティングドッグス 出身


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今年からデイリースポーツのウェブ評論家に就任した高代延博氏が、2月1日にキャンプインする古巣・阪神へ、打倒・巨人に向けて取り組むべき課題を挙げた。矢野監督が強烈に意識する宿敵を倒すために、“日本一の三塁ベースコーチ”が指摘したポイントとは-。

      ◇  ◇

     私は矢野監督が就任した2019年から2軍コーチに配置転換となったため、直接ではないが、阪神と巨人の戦いを見てきた。

     対戦成績は19年が10勝15敗、20年も8勝16敗。打線が打てれば勝つが、接戦を落とした印象が強い。対戦成績を改善しなければ、優勝は見えてこないが、巨人からは「くみしやすい」と思われているだろう。

     原因の一つは、やはり2年連続でリーグワースト失策に終わった守備力。中でも昨年は特に投手が絡んだミスが目に付いた。チームの85失策とともに、投手の17失策もリーグワーストだった。

     矢野監督は守備を課題として挙げている。キャンプでも改善に取り組むと思うが、投手の守備練習の質や量を見直し、「意識」を高めてもらいたい。

     2軍コーチも、1軍キャンプの練習メニューを見るのだが、阪神では投手と野手が合同で行う練習は、午前中の投内連係などで済まされることが多かった。あとはサブグラウンドで別々に守備練習が行われていた。

     キャンプは約1カ月間あり、投手と野手が一緒に練習する時間を確保することができる。阪神は投手の守備への意識を高めるためにも、実戦に即した全体での守備練習にもっと時間を費やすべきだと感じている。

     多くの目が行き届くメーン球場を使い、ノッカーは投内連係やケースノックでも常に選手が「え?」と思う打球を打つ。緊張感も高めた練習を野手と行うことで、投手も守備への意識が上がってくるはずだ。

     投手だけで行うノックも意識を変える必要がある。キャンプの見学をしたことがある人は、投手がファウルグラウンドでノックを受けるシーンを見たことがあると思う。

     これもワンバウンドの簡単なゴロを処理するのではなく、バウンド数を増やすなど、実戦を想定してやるべきだ。ワイワイやる「消化型」の練習では、意識改善へつなげることは難しい。

     過去を振り返っても、強いチームは投手を含めて守備への意識が高い。私は04年から中日・落合監督の下でコーチを務めたが、同年はリーグ最少の45失策で優勝した。荒木、井端の二遊間を含めた高い守備力が注目を浴びたが、投手も守備の意識が高かった。

     当時、森繁和投手コーチも守備を重視していた。あるナイターの試合でエース・川上憲伸がベースカバーに遅れた。すると翌日に、野手の早出特打よりもさらに前に、森コーチと川上が守備練習をしていたことがあった。

     もちろん、阪神にも青柳のように送球が苦手と認めて、課題克服に取り組む意識が高い選手はいる。

     一方で意識が低い選手もいる。昨年、2軍で送球に難がある投手に、改善策として「捕球して送球」ではなく、「捕球して間を入れるステップをして送球しよう」と伝えたことがあった。

     だが、その投手は何度言っても同じことを繰り返した。技術より、意識の問題だ。投手陣全体の守備への意識が高まれば、選手一人一人も変わってくる。

     2連覇中の巨人でも昨年から成長がなければ、3連覇は厳しいと思っているはずだ。阪神が巨人に勝って優勝するには、現状維持の練習をしていては勝てない。課題が明確なだけに、練習メニューからがらっと変えていく必要があるだろう。

     野球は1点を取ることは難しいが、与えることは簡単だ。野手では大山、木浪らが守備で成長を見せている。投手も含めてスキのない野球ができるようになれば、打倒・巨人への道が見えてくるはずだ。

     ◆昨季の阪神投手陣の主なミス

     7月26日・中日戦(ナゴヤドーム) 岩貞が三回1死一塁で二塁へ悪送球。傷口を広げて先制を許す。

     8月4日・巨人戦(甲子園) 馬場が1点ビハインドの八回無死一、二塁で投ゴロを二塁へ悪送球。この回4失点へつながる。

     9月19日・中日(ナゴヤドーム) 秋山が4失点の全てに絡む2度の悪送球。

     ◆2020年の投手失策数

     巨人2、広島7、DeNA8、中日9、ヤクルト10、阪神17

     ◇高代延博(たかしろ・のぶひろ)1954年5月27日、奈良県吉野郡出身。智弁学園(奈良)から法大、東芝を経て、78年ドラフト1位で日本ハムに入団。79年に新人王に輝いた。引退後はロッテ、中日、オリックス、阪神などでヘッドコーチや内野守備コーチを歴任。WBCでも日本代表コーチを務め、09年の第2回大会では世界一に貢献。昨年限りで阪神のコーチを退任した。




    高代元チーフが寄稿してるが、ヤギさんを褒めてるな V2巨人ストップへ阪神がキャンプで取り組むべき課題とは?世界一の名参謀が指摘(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/33899f896bcd3085a65bcc878ad0bdb1e4b07d67 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2月の阪神キャンプで、元巨人の川相昌弘氏が臨時コーチを務める。3年連続で12球団ワースト失策という虎の守備陣。どこに改善ポイントはあるのか。

     川相氏はすでに昨季の失策場面を集約した映像から分析。「大半はイージーミス」とした。さらに過去に指導したことのある名手、元中日内野手・井端弘和氏が現役時代に練習で一球一球、足を使って捕球動作を繰り返していた姿を思い返したという。

     かつて阪神で野手チーフコーチなどを務めたデイリースポーツ評論家・岡義朗氏も、足が使えるようになることを守備力向上のカギに挙げる。

     「エラーをしたり、悪送球になったりするときは、たいがい足が止まってしまっている。足を使って守ることができれば、エラーも自然と減ってくるはず」

     主に守備担当のコーチとして、評論家として、長年阪神を見続けてきた岡氏が気になる守備のポイントがある。これを同郷岡山出身でもある川相氏がいかに指導するのか、期待している部分もあるという。

     「足を使えていないことにもつながるんだけど、内野ゴロに対して前に出てこられない選手が目立つ。内野手は前に出ていきながらバウンドを合わせ、タイミングを合わせ、送球までの一連の動作、リズムを作り上げていく。打球を待って捕ると、体の動きがいったん止まることでスムーズに送球動作に入れない。そうなると力みや焦りも生まれる。その結果、送球が高めに浮いたり、引っかかったりしやすくなる。打球は捕ったけど悪送球というパターンは、ほとんど捕球の形が悪いことが原因。これを川相コーチがどう教えていくのか期待したいね」

     内野手が前に出られるようにするための指導法。ちなみに岡氏はかつて、内野手にこんな練習を反復させたという。

     (1)ゴロの打球に対して、外野手のように猛チャージをかける。

     (2)外野手と同じように右投げなら左足の外側でゴロをさばく。

     (3)徐々に足を開いていって、正面で打球をさばけるようにしていく。

     ここで問題になってくるのが、土と人工芝の違いだ。土は人工芝よりもイレギュラーする可能性が高い。それを考えて慎重に打球を見過ぎた結果、前に出られないケースもある。

     すでに阪神内野陣の動きの特徴を把握しているであろう川相氏。どんな改革をもたらすのか。その手腕に阪神OBたちも注目している。




    要は練習量と緊張感がないってことだろう。「楽しく練習」なんて言ってる奴が監督じゃ改善しないだろうが。 阪神・川相臨時コーチ、失策は「何十個かは全然減る」明かした『(秘)3カ条』  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210118/tig21011805040001-n1.html  @sanspocomから



    ふむふむ😊 #野球魂 阪神・川相臨時コーチ、失策は「何十個かは全然減る」明かした『(秘)3カ条』 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210118/tig21011805040001-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

    このページのトップヘ