とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    智弁和歌山

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    野球・春季高校近畿大会(22日、大津・皇子山球場)1回戦2試合が行われ、智弁和歌山は神港学園(兵庫)に1-0で勝利。先発したプロ注目右腕・中西聖輝投手(3年)が3安打9奪三振で完封した。智弁和歌山は準決勝で綾羽(滋賀1位)に7-5で勝利した大阪桐蔭と対戦する。

    ■1点守った六回以降パーフェク投

     九回先頭から2者連続で三振を奪って飛び出したのは、気合のこもった雄たけび。智弁和歌山のエース・中西は三塁を踏ませず、3安打完封で勝利に導いた。

     「三振を取るよりも打たせて取って、守備からリズムを作っていければいいと思った」

     カーブに最速144キロを計測した力のある直球を駆使し、相手に付け入る隙を与えない。五回までは毎回走者を背負うも女房役の渡部と呼吸を合わせ、二盗を3度も阻止。六回以降はパーフェクトでわずかな1点を守ったが、打たせることを意識した中での9奪三振も見事だった。

    ■準決勝は「全力で」大阪桐蔭戦

     ネット裏にはプロ10球団のスカウト陣が集結。阪神・和田豊テクニカルアドバイザー(TA)は「テンポもいいし、球の切れで勝負できている。追い込むのも早いし、優位に立って投球ができている」とマウンドさばきを高く評価した。

     準決勝・大阪桐蔭戦に向けて「いままで対戦した相手よりも打力があると感じた。ここで抑えないと意味がないと思うので全力でいきたい」と中西。快投で夏につなげる。(須藤佳裕)




    智弁和歌山の中西くん、オリャーっと投げるストレートいいなぁ。 あと、神港学園の三木くんは全然知らなかったけどこちらもストレートいいなぁ。 雨で途中退散したけどナイスゲームだったようで。 #智弁和歌山 #神港学園 pic.twitter.com/e7tFg81gxF



    5月22日(土)1回戦 ⚾皇子山球場 神港学園(兵庫) 000000000 0 00100000X 1 智弁和歌山(和歌山) 神港学園 投:三木→竹内→佐藤→加藤 捕:信川→石川 智弁和歌山 投:中西 捕:渡部




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     1月29日、朝のことだった。智弁和歌山・中谷仁監督(41)は、25人の部員を前に静かに問い掛けた。

     「期待しているヤツ、手挙げてみて」

     右手を伸ばしたのは、わずか3人。阪神、楽天、巨人でも活躍し、2018年から同高の監督に就任した指揮官は「実際の確率的にも、そんなものかなとは思っていました」と淡々と振り返った。

     同日の午後から、第93回選抜高校野球大会の出場32校を決める選考委員会がオンラインで開催され、出場校が決まった。選考で最も長い時間を要したのは近畿最後の6校目。ともに近畿大会ベスト8の天理と智弁和歌山で時間を費やしたという。実力が拮抗(きっこう)する中で、同大会に優勝した智弁学園に県大会で勝利していた天理に対し、智弁和歌山はベスト4入りした市立和歌山に3度負けていることが、大きな選考理由になったという。

     「想定していたことなのでね。昨年の秋は市立和歌山の小園くん(健太=3年)にやられました。同県にこんなタフな投手がいる。覚悟、理解して努力を続けていきたいと思います。でも、高校生の切り替えの早さは、本当にすごいですよ。まだ、僕らの方が秋の負けを引きずっているような感じです。彼らは前しか向いていない」

     和歌山3位で出場した昨秋の近畿大会では、準々決勝で市和歌山に0-2で敗戦。この時点で気持ちを夏に向けた。ただ、コロナ禍における補欠校1校目。指揮官として経験のない状況に、少なからず戸惑いもある。

     今年は依然として猛威を振るうコロナ禍での開催準備。当然、今後の感染状況次第では辞退校が出ないとはいえない。「ウチとしては(対外試合解禁日の)3月から練習試合を組んでいるので、流れの中で練習試合がセンバツ大会に変わってもウエルカムですよ」。教え子たちに聖地を踏ませてやりたいと、最善の準備を続ける一方、教育者としての願いを強く言葉に込めた。

     「逆に言うと、僕らがどうこういうよりも、センバツ大会が無事に行われるのが一番の望み。やっぱり昨年、交流大会に出させてもらって思いましたけど、チア、応援団、ブラスバント、全校応援、お客さんがあっての甲子園だと思うのでね。無観客での甲子園ではないことを祈りたい」

     出場資格があった昨年のセンバツ大会は中止。代替となった交流試合で、原則無観客の甲子園を体感した。だからこそ“聖地”が満員に埋め尽くされる景色の帰りを願う。「特にウチは、全校応援で力を発揮する選手が多いですから。健全に大会が行われることを祈っています」。補欠出場に向けた準備を怠ることはなく、備える春ではあるが、目を向けるのは挑む夏である。

     「市立和歌山さんには、甲子園で優勝してもらいたい。夏は絶対に総力を駆使して負けない。われわれは甲子園出場が目標ではないので。小園くんを倒して日本一になる。今日を区切りにして、また全力でトライしていきたいと思います」

     昨年12月には、米大リーグのマリナーズなどで活躍したイチロー氏(47)=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が臨時コーチを務め、3日間の技術指導を受けるなど話題を集めた。センバツ出場はあと一歩のところで涙を飲んだが、半年後の夏本番に向けて立ち止まる暇はない。

     「僕も選手も、イチローさんには、いろんなものに刺激を受けた。このグラウンドに置いてもらったものは大きいと言えるように、夏の結果に結び付けたいと思います」

     センバツ落選が決まったグラウンドには、いつものように熱気あふれる選手の声と、延々と打撃マシンを打ち返す打球音が響いた。選ばれた者、選ばれなかった者。それぞれの春に備え、夏に向かう。世界的スーパースターとの約束を果たす夏。聖地に「Jock Rock」を響かせる8月を信じ、智弁和歌山は再スタートを切っている。(デイリースポーツ・田中政行)




    センバツ落選…智弁和歌山の再スタート 中谷監督「彼らは前しか向いていない」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3d691eb2ba90946cf99e7bf3258209e514044f63  智辯和歌山が短期間で「県内の好投手」を打てなかったのは今までなかったよね



    「夏」は頑張れ!👍 【野球】センバツ落選… 智弁和歌山の再スタート  中谷監督 「彼らは前しか向いていない」 #SmartNews  https://www.daily.co.jp/opinion-d/2021/01/31/0014043611.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    昨年に現役引退し、マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が4日、智弁和歌山の野球部員に対して、和歌山市内の同校グラウンドで3日間の“アマ初指導”を終えた。

        ◇    ◇    ◇

    元阪神で智弁和歌山の中谷仁監督(41)はイチロー氏の指導に「うちの生徒はもちろん、スタッフ、僕自身にとっても夢のような時間だった。いろんなことを勉強させてもらった」と感激していた。

    監督の立場として「これでまたさらに負けられない。この指導を生かさないといけないという心地よい圧がかかっています」と笑った。「言葉だけでなく、動きとかプレーを見ると、感じる、響くものがある」と、実際に球児たちとプレーしてお手本を見せてくれたイチロー氏に感謝していた。




    イチロー氏、智弁和歌山高で初のアマチュア指導終了 中谷監督「夢のような時間」(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5c8a2be8c408d5b0335d3d461c35bea354c08bd8  うらやましすぎるよなぁ。



    イチロー氏、智弁和歌山高で初のアマチュア指導終了 中谷監督「夢のような時間」(スポーツ報知) 生きた伝説と走り、守り、打ち…貴重な時間だったに違いない。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201204-12040234-sph-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/04(金) 16:28:13.33 ID:CAP_USER9
    12/4(金) 16:25
    スポニチアネックス

    イチロー氏 智弁和歌山で指導者デビュー 走塁の技術指導など金言ばかり 「動きはシンプルな方がいい」
    <イチロー氏智弁和歌山指導>智弁和歌山の選手に走塁技術の指導をするイチローさん(代表撮影)
     昨年3月に現役を引退したイチロー氏(47=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が4日、甲子園で春1度、夏2度の優勝を誇る高校野球の強豪校・智弁和歌山で、選手指導を行った。指導は2日から始まり、3日目となったこの日で今回の指導は終了。今後については現状未定だ。

     最終日となったこの日、イチロー氏の「2日間、気を張っていたと思うけど、リラックスしてやりましょう」との声掛けで、練習がスタート。ウオーミングアップを学生と一緒にこなし、談笑する姿もあった。

     走塁の技術指導も行った。一塁ベース付近で、スタートの切り方や帰塁の方法などを伝授。「なるべく動きはシンプルな方がいい。やらないといけないことが増えると野球は難しくなる」と伝えた。

     アマチュア指導者としてのデビューとなった。今回は3日間の臨時指導で、この日で指導は終了。学生野球の指導には、原則としてプロ球団を退団する必要があるが、イチロー氏の野球界への功績の大きさや、アマ選手の獲得に携わる立場でないことを踏まえ、日本学生野球協会は特例を容認した。マリナーズでの活動がないオフシーズンに限り、高校生や大学生への指導が可能となっていた。 
    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c64fa72e1d5f9d31cddc02d08d6a606c1d91cfc7

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/04(金) 16:35:37.45 ID:wlCVzqlv0
    >>1
    「グータッチ」で少年野球の指導してくれないかなあ

    34: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/04(金) 17:33:16.89 ID:W+3K2P5KO
    >>1
    非公開じゃなかったんかいw

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3a8283ce48854c62dd31bc471dd8e35782074457
    イチロー氏、年内にもアマ野球指導者デビュー…甲子園V経験ある強豪校で臨時コーチ
    11/28(土) 4:00配信
    >関係者はこの日、スポーツ報知の取材に「やる方向です」と認めた。
    >年内を予定しており、日程や期間は未定。
    >コロナ禍のため非公開で、取材対応もしない方向で調整しているという。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1607066893/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今秋のドラフト候補、智弁和歌山の右腕・小林樹斗が151キロをマークした。

     17日に行われた甲子園交流試合の尽誠学園(香川)戦。1―8の六回裏から4番手として登板すると、5番打者の2球目に151キロを投げ、二飛に打ち取った。

     八回には4番打者相手に再び151キロの直球で空振り三振を奪い、3回を投げて2安打3奪三振で無失点。大敗を喫したため、「151キロを投げても負けてしまうと意味がない」と笑顔はなかったが、かつて阪神、巨人などに在籍した中谷監督は「練習をしてきたことが甲子園の舞台で出せた」とエースの成長に目を細めた。

     投げるたびにプロの評価を上げている。和歌山県の独自大会が始まると、初めて150キロを計測。6日の決勝で自己最速の152キロを叩き出している。ある球団のスカウトがこう言った。

    ■高橋は慶大、中森は明大…こちらはバリバリのプロ志望

    「去年のセンバツの明石商戦で147キロ、夏の甲子園で148キロ。順調に成長していたんですが、昨秋は状態が上がらず失点を重ねる試合が多かった。大学進学かと思っていたんですが、冬とコロナ自粛期間にかなりトレーニングを積んだのでしょう。昨秋よりひと回り体が大きくなり、ここにきて投げるたびに球速がアップしている。カットボールなど球種も増えているし、完成度が高い中森(明石商)、高橋(中京大中京)といったドラフト上位候補と比べ、急激に伸びているのが、この小林です。中森と高橋は進学かプロ入りか悩んでいるが、バリバリのプロ志望なのも、プロからすれば評価できる。今年は豊作の大学生候補の調子次第とはいえ、現段階で外れ1位、つまり1位の12人に入ってきそうなところまで浮上しています」

     交流試合未出場組の高校生投手では、最速153キロ右腕の福岡大大濠・山下舜平大(3年)がドラフト1位候補とされる。

     それでも、巨人や阪神は甲子園での実績も評価するため、今回の交流試合を含めて“聖地”の土を3度踏んだ小林の人気は高まりそうである。

     コロナ禍でアピールの舞台が限られる中、最速152キロ右腕がドラフト戦線に殴り込みをかけてきた。




    和歌山)智弁和歌山 夢は後輩に 交流戦:朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASN8K6VQ9N8KPXLB00K.html  昨夏、星稜の奥川君と投げあって以来の甲子園のマウンドとなった小林樹斗君。八回、この日最後の打者を151キロの直球で三振に切ると、思わずガッツポーズが飛び出しました。 #高校野球



    スカウト「ここまで伸びるか!」。 智辯和歌山・小林樹斗が自己最速を次々更新。  https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2020/08/17/___split_94/ 


    続きを読む

    このページのトップヘ