とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    最優秀防御率

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <虎ヲタ>

    阪神青柳晃洋投手(27)が、プロ6年目で初の2桁勝利に挑む。6連戦先陣の24日にDeNA戦(京セラドーム大阪)に先発。22日に同じくリーグトップの9勝を挙げた秋山からバトンを受け「チームメートですけど負けないように」と気合十分だ。

    ドラフト5位以下の2桁勝利達成なら球団初で、阪神のデータを深く掘り下げる、スカイAの人気番組「虎ヲタ」出演中の高野勲記者は、さらにマニアックな記録に注目した。

       ◇   ◇   ◇

    青柳には、さらに大きな夢がある。9勝に加え、防御率1・87も現在セ・リーグ1位だ。最多勝と最優秀防御率という、投手部門の主要2冠も射程に入れている。同一年にこの2タイトルを獲得したドラフト入団投手は、阪神では03年井川慶1人だけ。それ以前の37年秋の西村幸生(15勝、1・48)44年若林忠志(22勝、1・56)そして64年バッキー(29勝、1・89)と合わせ、総計4人しかいない。村山実、小山正明、江夏豊といった往年の名投手も手が届かなかった快挙だ。

    球界全体で見ると、この2部門を同時に制したドラフト入団投手は24人、29度。青柳のように5位以下での入団に限ると、93年山本昌(中日5位=当時は昌広)08年岩隈久志(近鉄5位)そして昨年の千賀滉大(ソフトバンク育成4位)の3人しかいない。

    22日の中日戦では、同僚の秋山が青柳と並ぶ9勝目を挙げた。この2投手が、最多勝を分け合う可能性も十分だ。同一球団から最多勝投手が複数出た例は、昨年のソフトバンク石川、千賀など4度のみ。阪神で実現すれば初となる。両右腕が競い合って勝ち星を伸ばせば、16年ぶりの優勝も見えてくるに違いない。

    ◆虎ヲタ~知ればアナタも人気者~ 阪神タイガースをデータから読み解く、新感覚の野球情報番組。増田英彦(ますだおかだ)関本賢太郎(阪神タイガースOB)高野勲(日刊スポーツ記者)がレギュラー出演。8月は「岡田彰布 選手編」。9月は「岡田彰布 監督編」。放送予定はスカイAのホームページで。




    8月24日18:00より京セラドーム大阪にて横浜DeNAベイスターズ戦!予告先発はタイガースが青柳晃洋投手!ベイスターズは濵口遥大投手です。先週も同カードに先発し9勝目を挙げた青柳投手が自身初の2ケタ勝利に挑みます!チームを再び連勝街道に乗せる快投を期待しましょう! #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/C8YZ824Twm



    @TigersDreamlink 明日マルテ上がりそう



    @TigersDreamlink ドームでよかったね



    @TigersDreamlink 青柳さんついに10勝や😃


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/30(土) 22:38:17.78 ID:Q+AfyasN0
    【阪神の最優秀防御率獲得者】
    2003年:井川慶
    1983年:福間納
    1975年:安仁屋宗八
    1970年:村山実
    1969年:江夏豊
    1967年:権藤正利
    1964年:バッキー
    1962年:村山実
    1959年:村山実
    1956年:渡辺省三
    1952年:梶岡忠義

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/30(土) 22:39:00.46 ID:oX0ftl+ad
    でも大山は甲子園じゃなかったら本塁打王だから…

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/30(土) 22:39:31.99 ID:Ata7iXi40
    西が獲るから待ってろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1612013897/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/06(月) 12:16:31.41 ID:diUOW6dJd
    井川以降まともな先発は能見メッセだけ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1586142953/

    続きを読む

    このページのトップヘ