とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    最速152キロ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:阪神-ソフトバンク>◇7日◇鳴尾浜

    阪神の新外国人ラウル・アルカンタラ投手(28=韓国・斗山)が先発し、5回、83球、3安打無失点と好投した。最速は152キロだった。

    立ち上がりは高めに球が浮き、1回は2安打を許した。2回からは角度ある直球にスプリット、ツーシーム、スライダーなどを駆使し、ここからソフトバンク打線を3イニング連続3人ずつで片付けた。5回は安打と2四球で2死満塁のピンチを背負ったが、川瀬から150キロの直球で空振り三振を奪って切り抜けた。

    これが来日3試合目の実戦。前回の1日2軍広島戦は5回1安打無失点。中5日のこの日は1軍での先発を見据え、打席にも立ち、中飛と四球だった。




    アルカンタラ評価高いが1軍ではどうやろなー! 今日の内容なら厳しいとおもうけど 5回無失点やけど…… 5回の内容がな



    ことらほー🐯✨🎈✨🎉✨㊗️✨🙌 アルカンタラ5回3安打無失点で良いピッチングやったし色々事情はあるやろうけど1軍での活躍見てみたいなぁ🐯💟 夜は1軍の戦い楽しみです🐯💛💛💛😊✋


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「東京六大学野球、早大7-1明大」(19日、神宮球場)

     まさしく圧倒した。今秋ドラフト1位候補で最速155キロ左腕の早大・早川隆久投手(4年・木更津総合)が1失点完投。初回1死から中前打を浴びて以降、九回2死まで走者すら許さず。歴代8位タイとなる17三振を奪った。バックネット裏に集結した12球団スカウト陣にも強烈な印象与える快投。ドラフトの目玉として貫禄すら漂ってきた。

     淡々と、普通のことのように抑えていく。27アウトのうち17個を三振で奪いながら、早川は「調子自体はそこまで良くなくて」と言ってのけた。「調子どうこうというよりは低めに丁寧に投げようと意識した結果」という自己評価にこそ、大学ナンバーワン投手のすごみが表れている。

     この日最速152キロを計測した直球とともに、「カットボールがうまく機能している」と相手打線を手玉に取った。三回から五回2死まで5者連続奪三振と寄せつけず。120キロ台のカーブも織り交ぜ、試合を支配した。

     好敵手の存在も大きかった。明大の先発は同じくプロ注目の入江大生投手(4年・作新学院)。侍ジャパン高校代表ではチームメートで、よき戦友だ。「(いつか投げ合えるよう)お互い頑張ろうということで」。大学進学後、ともに先発として投げ合うのは初めてだった。

     「(プレーボール前の)整列したときから入江の目つきというのがすごい違っていたので。そういう面では自分もそこで受け身になってしまうと、押されてしまうなと」。16年夏の甲子園・準々決勝では、当時野手だった入江に先制ソロを浴びて敗戦。以降、ライバルとして切磋琢磨(せっさたくま)を続けてきた。

     ドラフト上位候補の競演に集まった12球団スカウトは早川の投球に驚嘆した。阪神は和田TAら5人態勢で徹底チェック。畑山統括スカウトは「カットボールで投球の幅も広がっている。(大学生では)トップクラス」と絶賛した。

     文句なしの内容で開幕星をもたらしたエースに対し、小宮山悟監督(55)も手放しで称えた。「あれだけのボールを投げられるということで。自信を持ってマウンドに送り込んでいるので。無双状態」。世代最強投手として大学ラストシーズンを駆け抜ける。



    早大・早川 開幕戦で衝撃17K!プロスカウト陣絶賛「化ける素質ある」最大7球団1位競合も(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 巨人がドラフト1位を左の外野手か先発投手指名と言ったから混沌としたけど、急速に評価が高まっている早川投手は別格となってきた。  https://news.yahoo.co.jp/articles/7e440ed5c11d8a9eed979c66e93f0d752a2af2ec 



    早川くん阪神に来ないならパ・リーグに行ってほしい 阪神の補強ポイントはやっぱりショートか外野の即戦力かね?🤔 村上くん取って欲しいなぁ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「2軍練習試合、中日-阪神」(10日、ナゴヤ球場)

     先発した阪神・望月惇志投手(22)が4回4安打1失点、2四球と粘投した。毎回、走者を許しながらも要所を締めていく投球スタイルで最少失点に抑えた。

     初回、先頭の岡林には四球を出すも、溝脇を投ゴロ、根尾を遊ゴロ、石川昂を右直と後続を断った。二回には1死二塁から相対した滝野には149キロでバットを真っ二つに。二飛に打ちとった。

     四回に1死三塁から石垣に左翼への犠飛で1点を献上したが、テンポ感のいい投球を続けた望月。最速も152キロと威力十分。前回登板した4日の2軍練習試合・ソフトバンク戦で3回無安打無失点、3四球と力投した右腕が2戦連続でアピールした。




    阪神・望月 2軍戦で4回1失点 毎回走者許すも持ち味発揮  https://baseball.x-day.tokyo/?p=863473 



    【デイリー】阪神・望月が4回1失点 最速152キロ記録 2戦続けてアピール/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/10/0013412543.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

    このページのトップヘ