とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    月間MVP

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    日本野球機構(NPB)は9日、5月度「大樹生命月間MVP賞」を発表し、阪神アーロン・ウィルカーソン投手(33)が初受賞した。阪神投手の受賞は昨年10、11月度の伊藤将以来。外国人選手では昨年5月度のスアレス以来となり、来日1年目の新外国人投手の受賞は球団初となった。

    「正直いうと、この賞をもらえると思っていなかった。本当にびっくりしたところもありますが、家族が喜んでくれたので幸せです」と驚きと喜びが入り混じった。

    ウィルカーソンは5月、4試合に登板しリーグトップタイの3勝、防御率1・04と抜群の安定感を誇った。5月27日のロッテ戦(ZOZO)では佐々木朗と投げ合い、8回無失点で勝利投手。5月の月間防御率1・79を記録した虎の投手陣を引っ張った。

    「本当に5月は自分のピッチング的にも感覚的にも良かった。一番の要因は後ろで守ってくれたチームメートのおかげ。しっかり守ってくれて必要な時に点を取ってくれて、チームが勝っているところを見ると本当にうれしかった」と感謝。「このままいい状態を継続できれば。自分のピッチングができて自分の仕事ができれば、チームに勝つチャンスを与えられる」とうなずいた。

    9日は中5日でソフトバンク戦に先発予定。会見ではタイガースファンに向けて「スキヤネン!」と照れ笑いした助っ人が、チームの交流戦優勝のために腕を振る。




    9日(木)、セントラル・リーグ5月度「#大樹生命月間MVP賞」が発表され、投手部門で #アーロン・ウィルカーソン 選手が受賞しました。 ▼会見内容はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_8072.html  pic.twitter.com/GuAOidGih6



    @TigersDreamlink おめでとう!今日も頼むぞ!!



    @TigersDreamlink アーロン、おめでとう✨ 今日も頼みます‼️‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-3ヤクルト」(29日、甲子園球場)

     悪い流れを必ず変えてみせる。必死の思いで腕を振り、バットでも阪神猛攻の一員となった。青柳が7回5安打2失点で、早くも昨季に並ぶ7勝目。6月は4試合に登板して無傷の4連勝だ。

     月間MVPも見えてきた右腕は、お立ち台で「(雨男だが)晴れて良かった。連敗を絶対に止めるという気持ちでマウンドに上がりました」。3連敗を止め、チームの月間勝ち越しを決める快投に声を弾ませた。

     本来は打たせて取る投球が持ち味だが、この日は奪三振が際立った。初回は圧巻だった。塩見、青木はスライダー、山田には直球を決め球に投じ、3者連続空振り三振に仕留めた。ここからギアを上げ、自己最多の9奪三振を積み重ね、「梅野さんの組み立てで、三振が多かったかな」と正妻に感謝した。

     打撃では懸命に食らいつく姿があった。村上に先制ソロを打たれた直後の攻撃。二回2死一塁から田口の初球ツーシームを積極的に振り、左前打とした。

     「多分真っすぐで入ってくるだろうなと思ったので、初球からいってやろうと」

     この一打の後、近本から佐藤輝まで5者連続適時打が飛び出し、一挙5得点で逆転に成功。矢野監督も青柳の安打に、「諦めないというのは、チームで大事にしているところ。目の前のことを全力でやるのが青柳の良さ」と何度もうなずいた。

     投球についても指揮官は「本当に大きい。これからも引っ張っていってくれたら」と全幅の信頼を寄せる。防御率2・02はリーグ1位と安定感も抜群だ。

     「投げる試合は全部勝ちたい。連敗を止めるといっても、連敗していないのが一番いい状況なので」と語気を強めた青柳。猛追してくる2位・巨人を突き放すには、自力で連勝するしかない。先発陣の中心として回り、勝利につながる快投を続けていく。




    6月度月間MVPは青柳とオースティンかな?



    青柳さんなんかドラフト5位で入団した時はコントロールは晋太郎より悪いわ、フィールディング下手、バント下手、クイックできません…と弱点だらけだったのに今やリーグトップの防御率で五輪代表に選ばれる選手だもんなぁ。しかも今じゃ天気も操れるし。月間MVPいけそう。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の5月度「大樹生命月間MVP賞」が発表され、セ・リーグの打者部門では阪神の怪物ルーキー、佐藤輝明選手(22)が初受賞した。

     「それだけチームに貢献できているということなので、素直にうれしいです。これからもどんどん取っていけるように頑張っていきたい」

     その佐藤輝を支えるのが「野球ノート」だ。試合中に感じたことをメモに取り、予習と復習の日々を送る。

     「試合中に感じたことだったり、ピッチャーの癖とか配球だったり、自分の感覚だったり、気づいたことを忘れないように書くようにしています。誰から、とかではないです。みんなノートを持って書いていたんで、ちょっと自分もやってみようかなというところで、キャンプぐらいから始めました。プロは毎日試合があるので、そこで日々の調整というか、感覚だったり、そういうところをメモを取ることによっていい方向にいっていると思います」

     試合前は一時、ロッカーでアイスクリームを食べてリラックスしていたが、今はもっぱらスマホで野球動画を見ながら研究。その題材はダルビッシュの同僚タティス・ジュニアのホームラン映像だという。




    月間MVPの阪神・佐藤輝、試合前はパドレス・ダルビッシュの同僚タティスJr.のHR動画見て研究(中日スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c3d03d80dafc00204a15c5f31661eac8624215d0  さとてるTatisみてるんやな



    タティスjrってやばいわ メジャーでホームラン王 メジャーで盗塁王 150キロ近く投げれる メジャー遊撃手 それで佐藤輝と同い年


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     セ、パ両リーグの月間MVPが9日に発表され、パ投手部門でソフトバンクのニック・マルティネス投手(30)が選ばれた。日本ハム時代を含め来日4年目で初受賞。球団の投手では2019年6月に2か月連続の千賀以来、外国人では17年8月のサファテ以来の受賞となった。

     今季新加入の「マルちゃん」ことマルティネスは5月1日の移籍後初登板初勝利を皮切りに月間5登板で4勝1敗、防御率1.97。勝ち星、防御率に加え34奪三振がリーグトップだった。オンラインでの会見で「とてもうれしいし、光栄です。これは自分一人の力ではない。チームメイト、(捕手の)甲斐、しっかり打ってくれた打線、みんなに感謝したい」と笑顔を見せた。

     マウンドでの安定感に加え、ベンチで味方が得点するたびに派手なアクションで喜ぶ姿もファンの話題だ。「野球が大好き。情熱をもってやっている」と強調した上で、相手チームの好プレーにも熱視線を送っていることを明かす。「(前回登板の6月5日は)阪神のショート(中野)の、6回に中村晃の打球が三遊間を抜けそうなときの(とびついた)プレーも興奮して見てしまった。2アウトになるまではいちファンとして見ていて、マウンドでは集中しているが、離れると体が勝手に反応してしまう」と笑った。

     6月5日の白星も含めここまで5勝はチームトップ。来日1年目にすべて先発で10勝、翌19年は故障で登板なしに終わり、昨年は救援もこなすなどさまざまな経験を経て、新天地でさらにレベルアップした姿を見せている。「体のメカニックについて学び、理解することに取り組んできて、それが身になった。このチームはプレーしていて楽しい。5月は光栄に受け取って、このチームが目指しているものはもっと高いので、貢献できるようにやっていきたい」と誓った。

     パの打者部門は吉田正(オリックス)が受賞。セは投手がスアレス、打者が佐藤輝と両部門で阪神から選ばれた。

    テレビ西日本




    ええ人や😊 月間MVP初受賞、ソフトバンクのマルちゃんが会見で絶賛した「阪神のショート」(TNCテレビ西日本)  https://news.yahoo.co.jp/articles/5144b3f3bbef2eadfb582c019795fe10dee2c6b6 



    「阪神のショート(中野)の6回に中村晃の打球が三遊間を抜けそうなときの(とびついた)プレーも興奮して見てしまった」 マルティネスって生粋の野球小僧やねんな。あと中野が褒められてうれC 月間MVP初受賞、ソフトバンクのマルちゃんが会見で絶賛した「阪神のショート」  https://news.yahoo.co.jp/articles/5144b3f3bbef2eadfb582c019795fe10dee2c6b6 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「5月度大樹生命月間MVP賞」が9日発表され、阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(22)が初受賞した。

    「それだけチームに貢献できたということで、うれしいです。またこれからもどんどんと取れるようにやっていきたいなと思います」。初のMVPを喜んだ。

    新人の受賞は、94年5月の藪、13年8月の藤浪に次ぎ球団3人目。新人野手の受賞は球団初で、セ・リーグでは03年9月の村田(横浜)に次ぐ2人目の快挙となった。5月の月間成績は、打率3割1厘、6本塁打、19打点。

    開幕から破竹の活躍を続けてきたが、5月は印象に残る本塁打を打ち続けた。「体験入部」で4番を務めた2日広島戦(甲子園)では、プロ初の満塁本塁打。4番初試合で満塁弾を放った新人は、プロ野球初めてだった。

    7日DeNA戦(横浜)では、右翼席最上段の「業務スーパー」看板手前に着弾するソロ本塁打。そして28日西武戦(メットライフドーム)では、58年長嶋(巨人)以来となる1試合3本塁打。驚きの1発でシーソーゲームにけりをつけた。「4番に入って、満塁ホームランを打ったり、メットライフで打ったホームランというのは、すごい印象に残っています」。ベストゲームは数え切れない。

    5月は大山の離脱もあり11試合で4番を務めた。「4番というのは、6番よりも注目されると思いますし、そういう意味でも打たなきゃいけないなというのは感じます。いずれは4番を任せてもらえるようなバッターになりたいです」。経験を積んで新たな目標もできた。

    投手部門では、阪神ロベルト・スアレス投手(30)が初受賞。阪神の同時受賞は、05年9月の今岡、下柳以来16年ぶりとなった。「ロベルト(スアレス)もしっかり出てきて、絶対抑えてくれるすごい信頼ある投手だと思うんで。優勝した時以来ということを聞いたんで、優勝できるように頑張っていきたいです」。頼もしいルーキーとともに、16年ぶりのリーグ優勝を目指す。




    5月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 ■セ・リーグ【打者部門】 佐藤 輝明(阪神)初受賞  https://npb.jp/award/2021/month/win_cl5.html  #NPB pic.twitter.com/Dejy7Xdruj



    @npb サトテル初受賞㊗️おめでとう🐯🎉🎉



    @npb いや文句ねぇ。 オースティンより打率は低いけどホームラン打点で勝ってるし、長打率出塁率も申し分ない 塩見も打ってるけどヒット数もほぼ変わらんし


    続きを読む

    このページのトップヘ