1


【嗚呼!我が愛しの阪神タイガース】

 有働由美子さん(「news zero」メインキャスター)

 ◇  ◇  ◇

「今年は優勝してしまうと思います」。こう期待を込めるのは日本テレビ系「news zero」メインキャスターの有働由美子さん(52)。NHK時代はスポーツ番組のキャスターを歴任し、キャンプや球場にも足しげく通ったプロ野球通。“猛虎愛”は筋金入りだ。

■85年日本一以来変わらぬタイガース愛

「そもそもは小学6年生のときに大阪に引っ越したのがきっかけです。小学校は4度目の転校でしたが、阪神ファンじゃないといじめられそうな重圧が(笑い)。でも家では父が厳格な巨人ファンで、近所のダイエーでオリジナルで作れるプリントシャツは王(貞治)さんを着させられてました。子供心に葛藤がありました」

 85年の日本一の時は大阪府立北野高校2年生。以来、変わらぬタイガース愛を貫いている。

「高校の数学Bの授業では先生が阪神が優勝する確率を延々解いていました。大学(神戸女学院)のときは新聞部で、現役の真弓選手に取材したのが思い出です。女子大で誰も興味なかったけど無理やり自分で企画を通して、甲子園球場の喫茶『蔦』でじっくり話を聞きました。バース選手とも通路で写真を撮ってもらいました」

 大学卒業後の91年にNHKへ入局。「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」のキャスターを担当し、プロ野球との距離がグッと近くなった。

「何度もインタビューしましたし、仲良くさせていただいたのは星野(仙一)さんですね。星野さんは元『サンデースポーツ』のキャスターでいらっしゃったこともあって、中日の監督時代には監督室にテレビ電話をつけさせていただき、試合直後に生電話で感想を聞くという企画をやったことも。負けた日は出てくれるかどうかハラハラでしたが大好評。でも連盟に怒られて3回くらいで終わりました……。星野阪神の最初の年の開幕戦は隠しピンマイクを付けて試合前のミーティングを撮らせてもらったことも思い出されます。あのときの、緩急つけた絶妙な激励で選手を鼓舞する姿はさすが選手の気持ちを掌握する闘将だとうならされました」

 03年のリーグ優勝の直前には星野監督の母親が亡くなっていたことを発表前に知らされていたという。

「優勝当日、胴上げに向かう甲子園の通路で目が合って、すごく切ない笑顔でいらっしゃったことが印象に残っています。選手たちには士気が下がるから絶対に言うなと言われていました」

 星野監督とはこんなエピソードも。

「たしか東スポで『星野監督電撃結婚! 相手は?』という1面飛ばし記事があって、相手候補の一人に私の名前が書いてあったんです。そしたら星野さん自身が『ないわ、おれ面食いやから』と発言されたと書かれていたのを読んで抗議の電話をしました(笑い)」

 公私ともに縁の深いタイガース。05年を最後にリーグ優勝から遠ざかっているが、今年は期すものがあるという。

「優勝してしまうと思います。まず選手層が厚い。レギュラーを狙える選手が二軍に山ほどいて、ギラギラしています。矢野監督の起用方針がそれを生み出していると思う。新人もベテランも同じ立ち位置で、実力本位でいけてるところがすごい。個人的には『zero』やラジオ(ニッポン放送『うどうのらじお』)で『今年の阪神はマルテ、大山、サンズ、佐藤の頭文字で“MOSS砲”』と名付けたんですけど全然浸透してないのが悔しい。ON砲はデイリースポーツが名付けたそうなのでMOSS砲の名付け親になりたいです」

 もちろん“MOSS砲”の中心にいるのは驚異のルーキー佐藤輝明だ。

「個人的にテルテルと呼んでいます。テル、だけだと彼氏みたいになっちゃうので、尊敬と愛情を込めて(笑い)。シーズン前から私はテルテル絶対大物、来る来ると叫んでたのに、周囲は、はいはいって感じで。でも今は、ほらきたやろ! ゆうたやろ! って気持ちでいっぱいです。物おじしてないし、いい意味で悪ガキっぽい感じのところが良い。俺が打たんで誰が打つ? という感じ。もちろんこのあと打てない時期もあるでしょう。だけど、小さくまとまらずにそのまま“どやさ”って感じでいってほしいなあ。阪神の松井秀喜になってほしい」

 矢野監督は同い年だけに「同世代の星。大変やろうけど頑張って優勝してほしい」と話す有働さん。

「負けが込んできたときに、今の明るさを失わないこと。優勝の鍵は、中継ぎ。とくに岩崎の復調と藤浪の中継ぎとしての活躍では」

 有働さんが普段持ち歩くノートPCには阪神のシールがたくさん貼られている。それを読売系の日本テレビで堂々と開いているという。

▽有働有美子(うどう・ゆみこ)1969年鹿児島生まれ、関西育ち。神戸女学院大学を卒業後、91年NHK入局。「おはよう日本」「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」「NHKニュース10」「あさイチ」などを担当。2001~03年は「NHK紅白歌合戦」で紅組司会。18年3月に27年間勤務したNHKを退職し、同年10月から「news zero」(日本テレビ系)メインキャスター。東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター客員研究員。




有働さん、優勝したらNEWS ZEROの放送中に泣きそうだな。楽しみだけど。個人的にはMOSS砲よりもテルテルの方を広めたい。 有働由美子さんが語るタイガース愛「MOSS砲の名付け親になりたい」(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5e4112fcdfa53b48ad30719091c5817881e02755 



有働アナ、筋金入り“猛虎愛”語る  https://r10.to/ham6yz 


続きを読む