とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    望月惇志

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    望月惇志


    本日8月2日は望月惇志選手24歳の誕生日です。おめでとうございます。


    8月2日は望月惇志選手・24歳の誕生日や!おめでとさんです!エキシビションマッチで実力をアピールし続けて、後半戦に怒涛の巻き返しを期待してまっせー!自慢の豪速球を一軍のマウンドで披露してや!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp 誕生日おめでとう!後半戦手薄な中継ぎの救世主になってくれ!チームのピンチは望月のチャンスや!応援してるで!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、阪神-中日」(26日、鳴尾浜球場)

     阪神は望月惇志投手(23)が先発する。前回登板した17日のウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)では中継ぎで1回を三者凡退に抑えていた。

     打線は前日スタメン復帰を果たした井上広大外野手が「7番・右翼」で先発出場。復帰戦では適時打を含む、チーム唯一のマルチ安打を記録。この日も活躍を見せ、まずはファームの4番返り咲きを目指す。

     中日の先発は山井。試合開始は12時半の予定。両チームのスタメンは以下の通り。

     【阪神】

     1番・中堅 島田

     2番・二塁 板山

     3番・DH ロハス

     4番・三塁 小野寺

     5番・一塁 陽川

     6番・左翼 高山

     7番・右翼 井上

     8番・捕手 片山

     9番・遊撃 遠藤

        投手 望月

     【中日】

     1番・左翼 渡辺

     2番・遊撃 京田

     3番・中堅 伊藤

     4番・DH ガーバー

     5番・三塁 石垣

     6番・一塁 石岡

     7番・二塁 ワカマツ

     8番・捕手 大野奨太

     9番・右翼 三好

        投手 山井




    【 ファーム 】 【 阪神 】 1 島田 (中) 2 板山 (二) 3 ロハス・ジュニア (指) 4 小野寺 (三) 5 陽川 (一) 6 髙山 (左) 7 井上 (右) 8 片山 (捕) 9 遠藤 (遊) P 望月  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp 陽川早く戻ってこいよー!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神5-2四国銀行」(13日、安芸市営球場)

     阪神2軍の今キャンプ初実戦となった練習試合は四国銀行に5-2で勝利した。投手陣は5人の継投。望月が2回無安打1失点(自責0)。初回に先頭へ四球を与えると、犠打と一ゴロで2死三塁にピンチを招く。4番・南を二遊間のゴロで打ち取ったが、植田が失策し、三走が本塁に生還した。

     2番手・浜地は走者を出しながらもけん制でアウトにするなど、2回1安打無失点。3番手・石井将も先頭に四球は与えたが、後続を斬り、1回無安打無失点に抑えた。

     4番手・及川は7回の先頭打者に四球を与え、続く6番・平瀬に安打を許す。無死一、二塁から十河は空振り三振に斬ったが、岡崎に右前適時打を浴びた。結局、2回3安打1失点。5番手・牧は2回をパーフェクト。わずか12球で仕留めた。

     打線はドラフト7位・高寺が“プロ初打席”で“プロ初安打”。守備も2度の守備機会を難なくこなし、四回でベンチに退いた。

     中堅は板山が5打数3安打2打点で格の違いを見せると、江越、熊谷も2安打を記録した。




    阪神キャンプ感想2/13 •投内連携,比較的上手くいった •マルテ,サンズの投内連携は練習が必要 •二軍は対外試合勝利 •江越,技ありタイムリーヒット •熊谷,1番振れている •高寺,上手く腕をたたんでヒット •浜地,牧,キレのあるボール •久慈C,遠慮気味?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍春季キャンプ」(12日、安芸)

     阪神の平田2軍監督は投内連携で機敏な動きを見せたドラフト5位・村上(東洋大)のフィールディングを評価した。また、13日には2軍初の実戦となる四国銀行戦(安芸)が予定されている。先発は望月で、ドラフト7位・高寺(上田西)も先発出場すると明言した。一問一答は以下の通り。

     -村上のフィールディングを褒めていた。

     「この前もやったけど、フィールディングにしても、無難にこなすというか、センスを感じるよね」

     -けん制もうまかった。

     「二塁けん制とかうまい。大学時代もかなりそういうのはうるさかったみたいだから」

     -声出しでは1軍で勝ちたいという目標を掲げた。

     「1軍で勝ちたいというより、やっぱり大学時代に故障したということ。故障しないような体作りをしたいということが主な(声出しの)内容だよ。彼はそういう段階。大学時代に故障したことを悔いてるというかさ、そういった所でしっかり、このキャンプで故障しない体を作ってということだと思うよ」

     -13日はついに試合がある。

     「うん、楽しみだ。天気は心配だけど、何とか持ちそうだってことなので。望月が先発で、高寺も先発で出すし、今年にかける望月とフレッシュな高寺。久しぶりの実戦になるんで、楽しみだね!」

     -選手たちの気持ちも違う。

     「そりゃ違うよ。いよいよ、競争の中に入っていく。宜野座組は今日も紅白戦してるわけでしょ。そういった所で、これからは競争してアピール、結果を出してという。色んな段階の選手がいるけど、そういう選手が主になってくるので、楽しみだよな」

     -藤川SAから助言を受けていた石井将や牧も投げる予定。

     「その辺はね、課題を持ちながらって言ったって、勝負だからね。課題を持ってるのを発表する所だから。発表会だよ。ピアノコンクールで家で練習して、発表会でうまくいかなかったら、子どもたちでもショック受けるんだから。プロはまたやり直せばいいって言ったって、そこは結果。新人じゃないんだからさ。段階や立場というのがみんな違う。高寺が打てなかったり、エラーしたってそこは経験でいいけど。植田海や熊谷とかは立場が全然違うからね。いい報告をしてほしいというのがあるやろうから」

     -高寺は積極的な姿勢を見せたいと言っていた。

     「それでええねん。高寺とかは失敗を怖がらずに、恐れずに、自分の持ってる所を出してくれればいいだけの話よ」




    阪神・平田2軍監督が13日の実戦へ期待寄せる「今年にかける望月とフレッシュな高寺」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/73e560d2bb034f90df4cbb1bc091b40ee35fa230  望月君に高寺君 実戦で猛アピールだ‼️😄🐯



    阪神・平田2軍監督が13日の実戦へ期待寄せる「今年にかける望月とフレッシュな高寺」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210212-00000143-dal-base 平田さん選手よく見てますね。望月と高寺二人には期待しています。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・原口文仁捕手(28)が18日、大阪府内のグラウンドで望月、熊谷との合同自主トレを公開し、オンライン取材に応じて「若手のかがみ」となってけん引していく覚悟を示した。

     「(後輩に)見られているというのは感じていますし、先頭に立ってやりたい。1人でやるより、他人の目があった方が頑張れる」

     過去には三重県伊賀市を拠点にした俊介との自主トレが恒例。19年に大腸がんを患って以降は体の負担を考え、大阪府内での単独練習で調整してきた。

     そんな中、互いに練習することでメリットが生まれると判断し、鳴尾浜で練習を予定していた望月と熊谷に声を掛けて誘った。先輩として後輩へのサポートも忘れず、実際に練習して発見もあった。

     「甘えをなくすというか、厳しい面を持ってやろうと話しているので、先輩、後輩関係なくアドバイスし合えるところもいいなと感じている」

     個人的にはスローイングの精度向上にテーマを置いた。昨秋の秋季練習から藤井バッテリーコーチと二人三脚で取り組み、「捕球の仕方から始まって、ステップの仕方も少しずつ良くなってきている」と手応えを感じた。

     「僕もみんなと勝負だと思っているし、まずは自分の技術メンタルを整えて勝負したいなと思う」

     梅野や坂本らとの争いにも力を込め、正妻獲りへ気合十分だ。背中を見ている若手に向けても結果で威厳を示していきたい。 (長谷川 凡記)

     《望月 “師匠”の藤川氏に恩返し誓う》

     “師”と仰ぐ藤川球児氏に教わったことを胸に刻み、望月は恩返しを誓った。「球児さんと2年間やらせてもらって、キャッチボールの大切さも、一つ一つの練習の意識も教わりましたし、そういうところは継続しながらやっていっています。たくさんのことを教わってきたので、結果として出せるようにしたい」。昨季までは合同自主トレで師事してきた藤川氏が昨季限りで現役を引退。今年は原口の誘いに応じる形で同行し、藤川氏から教授されたことも生かし、変化球の精度向上を期した。13日に結婚を発表した際にはSNSを通して「結婚おめでとう。是非今年は飛躍の年に!!」とメッセージも送られた。激励を力に変えていく。

     《熊谷 グラブ改良で失策0目指す》

     4年目の今季目標に「失策数ゼロ」を掲げた。「エラーゼロは本当に目指しているところ。日々の守備練習から意識高く持ってやっていきたい」。昨季は38試合出場で3失策(二塁1、三塁1、遊撃1)。激化する遊撃争いを勝ち抜くためグラブのサイズを小さく改良し、「去年まではちょっと大きくて扱いづらさを感じていた。小さくして扱いやすくしようかなと」と新相棒との飛躍を期した。




    アピール組は自主トレもかなり重要ですもんね。 阪神・原口 単独やめ望月  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/01/19/kiji/20210118s00001173496000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ